丹後ウルトラ2019ーハテナ食堂まで (*^^*)ー
こんにちは、えむです (*^^*)

丹後が終わって
痛いところはないし
体調も眠たい以外は大丈夫

なのに
中々走る気持ちになれなくて(^^;;
先週は三連休なのに全く走らず
高松にラン道具を持っていったけど
そのまま持って帰ってきた

今週からボチボチ始動しよう
焦らなくてもいいような
そろそろ走らないとヤバイような
気持ちが揺れ動く
これって丹後ロスなのかな?

* * * * *

ごえ家をすぎて程なく
42.195k通過

フルマラソンをサブ5が
私にとって余裕を持った完走の目安
丹後201918

4時間44分
よし、クリア (*^^*)
坂を下りると浅茂川

浅茂川といえば
うどんと横断幕!

丹後201919

tenkoさんの今年の横断幕は
ランナーみんなへのメッセージ
いつもと一味違うけど
これはこれでいいね♪

うどんを食べようと
一口すする
味が感じられなくて、、、
なんでだろう?
怖くなって早めに陀羅尼助を飲んだ

浅茂川からは大きな上りはなし
それにしても天気が良くて
暑さを感じていた

「気温が30℃を超えました」
「熱中症には十分注意してください」
大会の車からアナウンスがあった
時計を見ると午前10時
先が思いやられる(^^;;

丹後王国のエイドを過ぎて
坂を上って下りると
そう、ハテナ食堂 (*^^*)
丹後高低図2

カオナシが迎えてくれた
もう少し後だと
めっちゃ可愛い
お出迎えだったみたいね

丹後201920
(えむ到着時)
丹後201923
(少し後では)

丹後201921

丹後201924
今年の看板と看板娘
20190921083914778.jpeg
もちろんモデルは新婚さん

完走牛丼食べて
ここでも大好きなカルピスをもらった
丹後201922
暑い中早朝からありがとうございました (*^^*)
(ちょーみんさん、カブさんの奥さん、かおりん)
(THさん、りんたろうさん、えーかわさん)
(順不同)

ハテナ食堂では
ぼんやりと完走は大丈夫かな
何となく確信したんだ

不思議な感覚だった

これから暑くなるのに
碇高原の前なのに
まだ半分残っているのに、、、ね


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プレッシャー/弥栄会館まで【丹後ウルトラ2019 レポ2】
サトです(・ω・)ノ


超絶楽しかった
THさん&りんたろうさん結婚パーティー
(おめでとうございます(๑>◡<๑)

諸事情で参加できなかったにもかかわらず、
存在感が半端なかったのがあのK岡師匠
(ご存知でないプロさん以外の男性陣は
 みな師匠に恐れおののいていて面白かった)

THさんパーティー

TH2さんが用意されていたK岡師匠の
睨みをきかしたパネルは、
(ヘロヘロになった水都ウルトラの
 アフターのときの写真らしいですw)

(これ見るたんびに背筋がピンとしますので)

サブスリーを目指すワタクシが持ち帰り

20190923160509b8c.jpeg

リビングに鎮座していただきました!!
(祈祷 家内安全!)

東京マラソンを走ることにもなったので
逃げられない状況を作りましたヨ(;・∀・)

プレッシャーが半端ないぃぃぃ!!!

(サブスリー目指してがんばりま〜す( ̄д ̄;)ノ



(^◇^;)(^◇^;)(^◇^;)丹後レポ

やっと着いた七竜峠の頂上エイド

フルーツと飲み物をしっかり摂って
頭から水をかぶって気合いを入れ直した

ちょっと休憩してから
七竜峠をゆっくりと下り始めた

う〜ん、やっぱりしんどい気がする…なぜ??

40km 04:06:11(01:06:22)

もうちょっとしたら
ごえ家エイドがあるはずやから

て、楽しみにしながら下っていくけど、
これがね〜曲がっても曲がっても、
なかなか見えてこないのよ(~_~;)

もーしんどい!!
まだ〜???

と一人で毒づいてたら
やっとそれらしき賑やかなエイドが
見えてきた( ´ ▽ ` )


(; ̄ー ̄)...ン?


あのオサレな呼子はだれや?
あ!きんきんが!!!

近づくと、オサレな洋服を身につけた
いっちゃんらしくないいっちゃんが
迎えにきてくれました!!

オレの姿を見たいっちゃんから

「サトさん死にかけてますやん」

て言葉を頂戴いたしましたw

201909231654380e5.jpeg

…ほんまやw(なっとく)


20190923205609ea5.jpeg

女将おぐらさんとオーナーごえもんさま

ごえちゃんから
BCAAカプセルを4つ渡され
これ黙って飲んどきと言われて、
言われるままにゴクリと飲みましたよ

それにしても、、、

センスの塊のような人たちが集まって
何かをやったら
こんなに華のあるエイドになるんやなぁ
と、感心しちゃいました(〃ω〃)


少し進んだところの42km

20190923210822be0.jpeg

昨年比、20分遅れってところかな
(それでもしんどいのはなぜ?(TT)

ゆるやかな上り坂にさしかかる

ささっと上っていけるはずの坂なのに
やっぱりしんどくて歩いてしまった

う〜ん、、、なんかおかしい…(´・ω・`)

七竜峠のダブルピークを超えて
ゆっくりと下っていく

tenkoさんの横断幕を眺めながら
(ありがとうこざいます!)
ようやく浅茂川漁港エイドに到着

あんまり食欲はなかったけど、
うどんを一つ頂くことに

食べようと口に入れると
これがまたなかなか喉を通らなかった

うどんがさらっと食べれないのは
相当やばくねーか?

ここで食べられない状態だと、
完走はまず難しい

何としても食べなければと思い、
水と一緒に無理やり飲みこんで
完食?させた

時間ロスがもったいなくて
食べ終わるとすぐに出発した

しばらく歩いて
おなかが落ち着いてから走り始めた

足取りは重たいままだった

130台の低心拍状態にもかかわらず、
身体は疲れきった感じだった

キロ6で走ることができない…
630でもまあまあ結構しんどい

飛騨高山はキロ6を切ること
一切なかったのに、
なにこの失速ぶり(;ω;)

しかもまだ半分も走ってないし( 一一)

無理して走ってきたわけでもないのに、
なんでこんなにしんどいんや?

なんでや???

やっぱり暑さか?

この暑さに負けたのか??

丹後は暑いのわかってる

だから暑熱順化させるために
真夏のあっつい日中を、
何度も何度も走ったってのに

全然暑熱順化できてないやん(;´д`)

こんな体感やったら
今年も途中で走れなくなるかもしれんな

てな感じで悲しみにふけっていたら
後方から

「死ぬ気ではしらんかい( ゚Д゚)!!ゴルア」

と、どやされたw

奈王さんだった!!

あ~あ、、
ここで抜かされてしまったか(^◇^;)アハハ
(今回は覚悟しておりましたw)
(後半まで持たんかったなぁ・)

「奈王さん頑張って〜( ˆoˆ )/」

エールを送ると
とても軽快に走っていきましたね

そして、視界から消えていった…

その直後にやっと50km通過

50km 5:21:33(1:15:22)

丹後王国前エイドを過ぎると
もうすぐはてな食堂だ

はてなでちょっと休憩しよう…
(昨年と同じパッターンw)

はてな食堂では
かおなしえーかわさんが出迎えてくれた(^◇^;)

2019092406594925f.jpeg

奈王さん、ほんま元気やねぇ
(となりの座ってるのがオレw)

用意してくださった完走牛丼
これは頑張って全部食べた

左足の小指が擦れて痛かったので
靴下を脱いでみると
大きな水膨れができていた(>_<)

非常用に持っていた絆創膏を巻き付けた
これ持ってなかったら
たぶん完走できなかったんちゃうかな?

てなくらい痛かった
ここで絆創膏貼っといて良かった

しだいにお尻に根が生えてきて
立つのだけも嫌になったけど、
今日は完走だけはしないといけない

重い腰を上げて走り始めようとしたときに
かおりんさんから
「お守り代わりに持っていき」
”謎の漢方”を渡された

やべっちがはてな食堂に
やって来るのが見えて
入れ違いで出発した

キロ630のゆっくりペースで走り始めると、
おなかがゴロゴロいいだした( 一一)

あかん、牛丼食って今度は胃腸がやられた?

弥栄公民館エイドに到着すると
トイレに直行した

和式トイレしかなかったけど
ここで10分程、格闘した

トイレ終わってからドロップバッグを受け取り
椅子に座ってしばし休憩
(またもや昨年と同じパッターンw)

昨年はここでゼッケン外したんだよなぁ

今年も止めたいわ( ;∀;)

でも、去年、止めてから後悔したしなぁ…

やっぱり、、
歩いてゆっくりでも前に進むしかないな

かおりんから貰った謎の漢方を飲み、
アミノ酸サプリを摂って、
コカ・コーラエナジーも少しだけ飲んだ

名物のばら寿司はパス
葡萄と梨を少し口にした

結局、ここで20分ほど休んだかな

碇高原に向かって出発した

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後ウルトラ2019ーごえ家まで (*^^*)ー
こんにちは、えむです (*^^*)

高松から帰ってきました
微妙にサプライズのつもりだった
THさん&りんたろうさんの結婚パーティー
ひょんな事からご本人たちに
バレてしまって、、、

丹後でTHさんから聞かれた
T「関西から参加されるのは2人だけですか?」
えむ「はい、そうです」

うん、嘘はついていないね
関西から参加するのは私たちだけ
東京からプロさん
愛媛からイツカさんが来るけど

お祝いの席はとっても楽しくて
昼12時から夜10時まで飲みっぱなし
その詳細はコチラ

THさんパーティー

楽しい時間をありがとうございました
末長くお幸せに

* * * * *

灼熱の丹後ウルトラマラソン
作戦はシンプルで
涼しい時間帯に貯金すること
暑くなったら無理せず
最終防衛ラインは
ガーミンの平均ペース8'00/k

スタートロスは55秒
スタート直後は混雑するものの
100kあるから焦らない

程なく七竜峠
歩く事なくクリアできた
丹後合宿の時は辛かったのに
あっという間に上った印象
暗さで斜度を感じないのか
レースの高揚感なのか
去年も同じことを感じたことを思い出した

下ったところでtenkoさんの応援
そのすぐ後でだれやねん
早朝からありがとうございました

久見浜湾をぐるっと回る
日が昇り良いお天気
予報通り暑くなるんだろうな
覚悟をして前へ進むと
60kのスタート地点
山ちゃん、ミキティさん、井出さん
そしてカブさんの奥さんからの応援
丹後201917
(さすがにまだ元気ね)

補給は予定通り早めを心がけた
暑さ対策で塩タブを摂って
手持ちのものから
まず選んだのは羽二重餅
次にエネ餅
エイドではフルーツと梅干しを補給

丹後201911

丹後201912

1時間の貯金
これが適切なのかは分からない
この調子で1歩づつ進んでいこう

tenkoさんの2回目の応援を受けて
復路の七竜峠
ここは無理せず歩きを交えてクリア

もうすぐごえ家♪
楽しみにしていた
丹後高低図

おおっ?いっちゃんだ
丹後201913

ここ絶妙な場所なのよ〜
40k以上走って疲れてきたところでの
オアシス、大盛況ね
丹後201914

海と看板娘とえむ
丹後201916

マスターと書家
丹後201915

サト死にかけの情報と
えむスペシャルなカルピスと
たくさんの元気をもらった

よし、あと半分とちょっと
頑張るよ (*^^*)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後ウルトラ2019ースタートまで (*^^*)ー
こんにちは、えむです (*^^*)

このブログがアップされる時間
私はうどん県にいます

それは
THさんとりんたろうさんの
ご結婚を祝う会に出席するため

そういえば、、、
丹後でお二人に会ったのに
きちんとお祝いを伝えていないね
ゴメンなさい
頭が回っていなかったね、きっと

ご結婚おめでとうございます
末長くお幸せに (*^^*)
20190921083914778.jpeg


* * * * *

令和元年9月15日
丹後ウルトラマラソン当日

寝たり起きたりの睡眠でも
1時50分の目覚ましで
意外とすんなりと起きた

朝ごはんはマラソン大会のルーティン
おにぎり2個、味噌汁
R-1ヨーグルト

想定外だったのは
おにぎりが1つ凍ってしまったこと

暑さ対策で
ドロップバッッグに
凍らせた水を用意するために
冷蔵庫の設定を強にしたのが裏目に出た
ペットボトルの水は
8割凍ったけど
おにぎりまで凍るなんてね(^^;;

サトさんは
味噌汁で溶かして食べていたけど
私は諦めた
おにぎり1つ分は
走りながらエネルギー補給しよう

カブトムシさんの奥さんに
会場まで送ってもらって
3時20分ごろ到着
全く寒くない(^^;;
丹後はスタート前後寒いことが
想定されていて
上着を脱ぎ捨てできるエイドがある
(16.3k ゴール後に返してもらえる)

今回は天気予報通り
暑くなるんだろうな、、、
覚悟して準備する
まずは荷物預け
補給食をドロップバッグと手持ちに分類
次はお手洗い

ウルトラポイントのピンバッチ
特典の1つが専用のお手洗い
丹後でのウルトララウンジは
アミティ丹後の中
20190921083912af3.jpeg

向かってみると
おやつや飲み物が置かれていて
冷房が効いて快適
2019092108391138b.jpeg
ゆっくりする暇はなくて
ドリンクを一杯だけもらって
お手洗いっと

ウルトラは女性参加者が少ないので
女子トイレは空いている
水洗の常設トイレをゆっくり使えた

さて、みんなどこにいるんかな?
探しに行こうと思ったら声をかけられた
「えむさん」
まちゃさんでした (*^^*)

まちゃさんに会ったら
どうしても伝えたかったのよ〜
文鳥めっちゃ可愛いの
時々ツイッターで眺めるまちゃさん家の文鳥
赤ちゃんから成長していって
親戚のオバちゃんみたいな気持ちで見守っている
(ブログにも載っているね〜)

サトさんに電話してみると
もうすでに整列しているとのこと
まちゃさんと一緒に向かうも
並んでいる人をかき分けるのは
無理だし、そこまで前に行かなくてもいいや
ちょうどTwilightユキさんが一緒になって
3人で話しながらスタートを待つ

綺麗な月を眺め
真っ暗な中を走る
物好きだなと思うし
贅沢な気持ちにもなる

みんな元気に帰ってこれるといいな
私も完走したい!完走するぞ
午前4時半
丹後ウルトラマラソンスタート


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スタートから復路の七竜峠まで【丹後ウルトラ2019 レポ1】
サトです(・ω・)ノ


今回の丹後レポはチャチャっと
終わりたいなぁ…(妄想w)


(^◇^;)(^◇^;)(^◇^;)

レース当日の朝は2時に起床した
(…真夜中か(^^;;

おにぎりと味噌汁を口にし、
身支度をしてカブトムシさんご夫妻と共に
3時にホテルを出発した

スタートのアミティ丹後に到着するとすぐに
手荷物とドロップバッグを預けて、
そのあとにしっかりと薔薇を積んでから
村の仲間たちのところへ向かった

集合場所に

"丹後の壺売り教祖"

し〜やんがいないことに気づいた
誰からともなく

「サブ10狙いにもう並んでるんちゃうか?」

と、漏れ聞こえてきたので
ちょっと早いけど前の方に並びに行ったら
し~やんはいなかったw

あれ?おらへんやんと思い後ろを振り向くと
結構な人数がついてきていて
みんなヤル気マンマンなんやなぁとおもったw

で、せっかくなので

20190918201201bfa.jpeg

自撮っといた(笑)

あ、オレ、北海道マラソンの時と同じく、
鯖街道ウルトラの参加賞で貰った
冷感バンダナを頭に巻いて走ったんだけど、

これがのちのちに悲惨な事をまねくとは
この時つゆ知らずw



空気は昨年よりもカラッとしていた

今日の丹後の天気予報は
ピーカン快晴の真夏日予報だったけど、

空気が乾いているんだったら
じめっとするよりもずっと走りやすいだろうし、

これはうまくいけば記録狙えないかなぁと
思ったりしていたw

そうこうしているうちに
MCのわかちゃんから
チームを紹介されたりして
4時半となりスタートした



スタートロスはたったの12秒だったw

月明かりが輝く暗闇の中を、
日々のLSDで身につけた
体感心拍130のペースを刻んでいった

すると、若干ペースが遅いのだろうか?
後方から次々と抜かれていった

前方にいるやべっちの背中が
次第に小さくなっていき、
浅茂川のコーナーを曲がると見えなくなった

いっしょに走っていたやまけんさんは
七竜峠の上りに入るとじわっと前に出て、
そのあとじわりじわりと離されていき、
七竜峠の頂上のエイドで見失った

七竜峠の下りは心拍が上がらないように、
そして無駄に脚を使わないように、
ブレーキを踏みながら
ゆっくりと慎重に下っていった

次第にぼんやりと薄明るくなってきて、
すると、眼下に広がる海岸線と日本海が
目に飛び込んできた

空気が澄んでいるのか遠くの水平線まで
見渡すことができて綺麗だなと感じた


七竜峠をほぼ下り終えたところの10km

10km 00:59:51

キロ6のちょうどいいペースだった

少し進んだところに
tenkoさんを見かけて
ハイタッチをして通り過ぎると

そのすぐ先に正装のだれやねんが
今年も応援に来てくれていた

うん、期待してたよ(笑)

ひとことふたこと言葉を交わして
通り過ぎてふたたびマイペースに戻していった

空が青っぼくなり明るくなってきたので
ガーミンを確認すると、

心拍数は130の前半をうろちょろしていて、
ペースはキロ5分半から6分の間を推移していた

思い描いていた通りの理想のペースだった

この心拍数でこのペースを続けていけたら
予想外の好タイムが出るんじゃないか

碇高原を下り終えた残り20kmから
ペースアップできるのではないかと思った
(ものすっげえたぬきの皮(^◇^;)

15km過ぎのくみはまエイドに到着すると
梨をひとつふたつつまんで
トイレに駆け込みお腹を軽くしておいた

ふたたび心拍数130に合わせながら
淡々とマイペースを刻んでいっての20km

20km 01:59:16(00:59:25)

めちゃくちゃいい感じ(*´∇`*)



少し進んだら
60kmの部のスタートの
久美浜浜公園が見えてきた


おっ('◇')!!


山ちゃん、ミキティさん、井出さんだ!!


201909192210067e9.jpeg

「井出さんお久しぶりです~!」
のスナップショットw


このころはまだまだ元気で快調に走れていた

小天橋を超えた公衆トイレにピットインして、
ふたたび用を足して元気なうちに
お腹を軽くしておいた

マイペースをキープしたまま
第一関門の29km海山園エイドに到着

おにぎりを一つほおばり、
ちゃちゃっと出発しようとしたら、

やべっちが給水しているのを見かけたので
肩をポポンとたたいて
言葉を交わすことなく先を進んだ
(別に仲が悪いというわけではないw)

30km 2:59:49(1:00:33)

快調に走れていると思っていたら
地味に心拍数が上がり始めてきた

でもまぁ130台後半であれば問題なし

日が昇ってきて気温も上がりだしてきていたし、
ここまで30kmも走ったんだから
きっとドリフト現象だろうと思って
さほど気にもせずにこのままペースをキープした

陽が高くなると直射日光を
まともに浴びるようになってきた

うわぁ…ちょっと暑いなぁ…

これからもっともっと日差しがきつくなり
暑くなるのかぁと思ったら
ちょっといやになった

34kmの浜詰駐車場エイドで軽く補給し、
少し進んで復路の七竜峠の上りが始まった

昨年はここから調子がおかしくなったなぁと
思い出しながら軽い足取りで上っていたら

あれ??

何となくしんどい気がしはじめた

心拍数は140台

上っているから心拍が上がるのは
当然なんだけども、
心拍数とはまた違うだるさというか
おもたさというか、
身体を動かすのをやめたくなるというか…

要はなんでもない上り坂を走って上るのが
いやになり歩き始めた

頂上まで歩きっぱなしっての
気持ち的にはいやだったから
ガードレールの切れ端とかを目印にして
そこまでは歩いて上り、
次の何かしらの目印を決めては
そこまで走って上るってのを繰り返して
七竜峠の展望台のエイドに到着した

先ほどまでの身体の軽さはなくなり
おもたいというか、だるいというか
認めたくはないけど、しんどいなぁと
感じずにはいられなかった

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.