丹後ウルトラ[レポ5]葛藤
サトです(・ω・)ノ


* * *

第二関門の弥栄庁舎エイドが見えてきた。
手前の信号が赤になり立ち止まると
両腕が軽く痺れているのに気づいた。

これは非常にマズくないか?
昨年のさが桜マラソンの時のように
これ以上無理をすると意識が遠のいて
倒れてしまうのではないかと怖くなった。

青信号になり慎重にゆっくりと歩いて
弥栄庁舎エイドにたどり着いた。

その時にやまけんさんが
エイドを出ていくのが見えた。
やまけん復活したのかなと
思えるほど元気そうに映った。

まっすぐテントの方に向かい
梨と葡萄を口にした。
そしてポカリが入った紙コップを手に取り
一気に飲みこんだ。

少しぼーっとしているかもと思いながら
コースの方に目を向けると
ゴリさんの姿が見えた。

ゴリさんは自分とは対照的に
とても元気そうだった。

ここからが本当の丹後ウルトラだけど
今のゴリさんならいけるよ!頑張って!!
オレはもうあかんわ!と告げて
ゴリさんの背中を見送った。

ふたたびテントへ向かい
丹後名物のばら寿司を手に取り、
パイプ椅子に腰かけ少しずつ口に入れた。

時間をかけて食べ終えると
両腕を膝につきうなだれた。

少し休もう。。。

目を瞑り先に進むべきか頭を巡らせた。

時刻は10時を過ぎたところだった。
残り50キロ弱
制限時間まであと8時間半。
時間的にはまだまだ余裕があった。

食べ物を口にして少し休んだからか、
痺れの感覚は治まっていた。

この感じなら前に進めるのではないかと思えた。

ウルトラは復活があるってのは
これまで何度も経験してきたことだし、
まあ記録は狙えないけど
時間内完走は前に進めれば
十分できるのではないか。

よし、碇高原へ向けて
もうひと頑張りしてみるか!
と、前向きな気持ちになった。

立ち上がりコースの方へ歩き始めた。

ところが、着地させたときの
脚に伝わる衝撃がぼやっとしていて
ふわふわ歩いているようだった。

やっぱりおかしい
いつもと違う…

少し小走りしてみると
バランスを崩しそうになった。

これはあかん…

ふたたび椅子に腰かけた。

あかんか〜・・・
はぁ〜、本当に情けない。。。

次の関門は20キロ先の碇高原エイド

こんな状態で碇高原にまで
たどりつけるのか?

ちょっと無理なんじゃねーか…
どんどんネガティヴな気持ちが支配してきた。

もし万が一、碇高原の途中で
歩くことができなくなってしまったら、
そして動けなくなってしまったら、
どうしようもなくなる。
場合によったら命に関わることになるかもしれない。

そして碇高原までたどり着けたとしても
そこから先へ進んでいけるのだろうか?

その後もアップダウンが続くってのに
果たしてゴールまでたどり着けるのだろうか?

結局、どこかでDNFすることにならないか。

またゴールできたとしても
身体は相当なダメージを受けるはずだ。

K岡師匠から、100キロのレースを走ったら
完全に疲れが抜けるのに4カ月かかると、
先日話を聞いたばかりだ。

こんな状態で無理にレースを続けると
今年のマラソンに影響が出るかもしれない。

いまこの地点でDNFしたら
収容車でスタート地点まで運んでくれる。

やはりここはDNFするべきではないか。

このレースに向けて
時間をかけて身体を作ってきたし、
いろんな想いを持って挑んだけれども、
時には思い切ってやめる勇気も
必要なのではないか。

これまでのランニング経験を
生かす局面ではないか。

ほんとうに情けなくて悔しくてとても辛いけど、
今はそういう決断をする時ではないか。

立ち上がり係員にDNFの仕方や
収容車はいつ来るのかを聞いてみた。

この時間帯にDNFするランナーは少ないのか、
収容車は11時45分まで来ないとのこと
まだ1時間半もある。

DNFは係員に胸のゼッケンを渡すといいらしい。

どうしよう、、、
決断できない。

まだ時間はある。
もう少し休んで様子を見るか?

どうしよう……







少し歩いてみて
もう一度脚と向きあってみた。



・・・









胸のゼッケンを取り外し、
係員にわたした。

心がどうしようもないほど
ざわざわしていた。




やっぱりゼッケンを返してもらおう。

一瞬頭をよぎったが、
そんな気持ちを振り払うべく
係員のそばから離れた。

この瞬間にオレの丹後ウルトラの挑戦は終わった。

20180928070251124.jpeg

51キロ 627
52キロ 632
53キロ 1200 ←はてな食堂
54キロ 835
54.8キロ 2127 ←弥栄庁舎エイドDNF

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後ウルトラ2018【レポ5】どこでもドアを持つオトコと碇高原(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

東京マラソンを走れる日はやってくるのか?

なんと、11年連続落選(>_<)

密かに仲間だと思っていた怪盗さん
今回は当選したのね!
(おめでとうございます)

多分もう1回追加抽選のチャンスがある・・・はず?

* * * * *

弥栄庁舎エイドを出て
すぐに常設のお手洗いがあったので
済ませることにしました

さあ、いよいよ碇高原
ある意味、一番楽しみにしていたところ

高低図を見ると・・・
201809140711393ce.jpeg

聞いていたのは
走れない斜度ではない
全部歩いちゃダメ
そして下りは慎重に

うん、確かに走れるね
・・・足がフレッシュなら(^^;;

それでもベッタリ歩かない
走れそうなら走るって決めて
ポクポク進んでいきました

いつの間にか
胃の痛みが気にならなくなっていました
(謎の漢方が効いたみたい、かおりんありがとう(*^^*))

しばらく進むと元気な応援が聞こえてきた
分かります?
そう、だれやねんでした
丹後ウルトラ201822

だれ 「固形物食べられる?」

えむ 「ものによる〜」

出てきたのはコレ
ポンポン201705

巻ろまん本舗の巻き寿司

だれ「ちょっと巻き寿司買いに行ったら遅くなった」

はい???
この人は何を言っているのだろうか・・・

朝、応援してくれたよね
で、巻き寿司買って
碇高原で応援

うん、どこでもドアだね
どこでもドアを持っているに違いない

ちなみに夕日ヶ浦から巻ろまん本舗をルート検索すると
丹後ウルトラ201816

巻ろまん本舗から碇高原は
丹後ウルトラ201817

巻き寿司を食べられたことで
まだ大丈夫かな
少しだけ安心しました

この先に急坂があること
まだ13時間切りを狙えることを教えてもらって
前へ進む

覚悟していたよりはマシな坂
走れないけど、ガシガシ歩く

碇高原到着 13:28 (関門時間 14:40)
丹後ウルトラ201823

ここには素麺かなひやむぎかな
麺があったけど手は伸びず
このスープを美味しく頂きました(*^^*)
丹後ウルトラ201824

雨支度をしていたドロップバッグは
特に必要なかったけど
そうだ、元気注入しよう!

グビっと飲んで、スタート
丹後ウルトラ201825

よし、碇高原関門クリア(*^^*)

50-60k 83分
60-70k 93分

続きます


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

丹後ウルトラ[レポ4]終焉
サトです(・ω・)ノ


* * *

43キロ浅茂川漁港エイドで
楽しみにしていたうどんが
半分しか食べれなくて
いよいよ胃腸まで調子悪くなってきたんかと
軽く絶望しながら出発した。

エンジンを吹かし気味にして
無理やりキロ6に持っていこうとしたら
それがもうしんどいのなんの…

飛騨高山ウルトラの時は
千光寺を下ったあとの70キロの地点では
楽に545で走れていたのに、
いつもなら余裕で5分台で走れるはずなのに
今は全く手ごたえがない。

海岸線から内陸に向かう緩やかな上り坂は
走る気にもなれず呼吸を整えながら
ゆっくりと歩く。

下りは頑張って小走りしてみたけど
やはり思うように脚が進まない。

そしてどんどん陽射しがきつくなってきた。
これは暑い、汗が吹き出る。

しだいにキロ6が溢れるようになり
なんだか脚がおかしくなってきた。
感覚が重いというか鈍い。

もしかしてこれは脱水症状?

あわててポッケの塩タブを数粒口に入れ
噛み砕き飲み込んだ。

そしてようやく50キロの電光時計が見えてきた。
やっと半分か、これからあと半分あるのかと
想像したら絶望しかなかった。

50キロ 5:02:14(ペース1:06:18)

45キロ 556
46キロ 556
47キロ 557
48キロ 831 ←上り
49キロ 603 ←下り
50キロ 614



50キロ過ぎの丹後王国前エイドで
やまけんさんに追いついた。
やまけんさんもクタクタだ。
塩分を補給し、頭から水をかぶる。

少し先には応援隊の「はてな食堂」があるから
そこで休もうと思い先に出発した。

きつい上りをゆっくり歩き、
下ってゆるやかに左折すると
「はてな食堂」が見えてきた。

20180925070015fc0.jpeg

わっ!かおなし!!!

じぇーてぃーさんでしたw


到着するなり、サトさん大丈夫?
という声があちこちから聞こえた。

…うん、大丈夫じゃないw

フルーツをいただき、
奥の椅子に座らせてもらう。
肘を膝につき、ぐったりうなだれる。

脚がジーンとしてる。。。
頭がボーッとしてる。。。

あかん、、、これは熱中症かもしれん

5分ほど座ってると少し頭が
シャキッとしたような気がした。

休んでる間にやまけんさんが
先に出発していくのが見えた。
その姿を見て立ち上がると軽くクラッとした。

その姿を見かねたかおりんさんが、
これ持っていき!と
"謎の漢方"を手渡した。

ありがとう……今飲むわ

謎の漢方ってのは、
りょうたさんと走った3年前の丹後の
碇高原へ向かう途中に
かおりんからもらった漢方薬で、
死にかけていたオレがこれを飲んで復活した
とても縁起の良い代物。
(中身がわからんから謎な)

今回も謎の漢方で大復活を期待!
薬を飲んでトボトボ歩き出す。

201809250721561d2.jpeg

信号を右折してゆっくり走り始めると
はじめはキロ6で走れてたのにすぐに失速した。

心拍は160を超えていた。
平たんで、キロ6分半で、心拍160台はないわ。。。

やはり脚の感覚が鈍い、おかしい。
歩いて様子をみてると、
今度は両腕の感覚も鈍くなりはじめた。

歩いたりジョグったりを繰り返してると
遠目に53.8キロ弥栄庁舎エイドが見えてきた。

手前の赤信号で立ち止ってると
両腕が軽く痺れ始めているのに気づいた。

これって、、、
昨年のさが桜の症状と一緒やん!

これは、まずい、やばい
このまま進んだらぶっ倒れるかもしれん…

(さが桜はこの後記憶があやふやになり
ゴールしてから医務室に運ばれた)

やめるならここやな……
ついにDNFが頭をよぎった。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後ウルトラ2018【レポ4】ハテナ食堂と第2関門(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

今から15年くらい前
商店街の福引で1等が当たりました

景品は
フレンチレストランディナー券

このフレンチレストラン
存在は知っていたけど
入ったことはなかった

せっかくなので
予約の電話をして行ってみたところ

お箸で食べるフレンチ

シェフのこだわりがあって
お料理が繊細
苦手だったフォアグラを
初めて美味しいって思いました

それから毎年
誕生日か結婚記念日
お祝いに合わせて通っています

先週、サトさんが朝の通勤時間に
2日連続でシェフにばったり出会って

そういえば夏のサトさんの
お誕生日に行っていないね
これは、行かなきゃ!
丹後がちょうど終わったところだし
タイミングがいい

いつもなら1ヶ月以上前に予約するところ
先週の金曜に電話して
ダメ元で3連休に空きがないか聞いてみた

ラッキーなことに日曜のディナーなら大丈夫で
久しぶりに行ってきました
フレンチ2018

美味しかった(*^^*)
次はマラソンシーズン後かな

* * * * *

浅茂川エイドでキリキリ痛む胃

お薬セットの中には
陀羅尼助、ストッパ、芍薬甘草湯
ガスター10、ロキソニンが入っていました

まだ先が長いので
ロキソニンに手を出したくない

ストッパという感じの痛みじゃない

とりあえず陀羅尼助を飲んで
様子を見ることにしました

もう少し頑張ったら仲間が待っている!

52kくらい坂を登って下りたところに突如現れる
ハテナ食堂(*^^*)

丹後ウルトラ201812

丹後ウルトラ201813

丹後ウルトラ201818

かおりん、カオナシじぇーてぃーさん
ストラトさん、まきちゃん
ちょーみんさん、サチさん
そして秘密兵器まなみさん

みんなの顔を見ると安心する
フルーツをもらって
漢方薬をもらった

そろそろ行こうかなと思ったら
ちょうどロボッチが合流(*^^*)
2018091708403876b.jpeg

サトさんが調子悪そうだとの情報をもらって
行かなきゃ、前へ進まなきゃ
私は頑張らなきゃ
そんな気持ちになりました

弥栄庁舎へ向かう途中で
ゼッケンを外して逆向きに歩く
サトさんに出会った

「体が痺れた感じがしてん」

しんどそうだけど
しっかりした足取り
ハテナ食堂に向かうようでした

暑いからかな?
熱中症かな?

自分も気をつけよう・・・
塩タブを1つ口に放り込んで前へ進む

弥栄庁舎エイド到着(10:45)
53.8k 第二関門
丹後ウルトラ201814

1時間以上余裕があるけど
ここから未知の碇高原
気持ちに余裕は持てなかった

バラ寿司が名物なのに
どうしても手が伸びず
フルーツを頂きました
大丈夫かな、私・・・
丹後ウルトラ201815

40k-50k 75分

続きます


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

丹後ウルトラ〔レポ3〕サトさん顔死んでますやん
サトです(・ω・)ノ


* * *

あれっ!何かしんどくない???

復路の七竜峠の上りを
ちゃちゃっと上ろうとしたら
身体が思うように動かなくなっていた。
特に脚が動かない……前に出ない…

うっそ……(~_~;)

さっきまで何ともなかったのに、
気持ちよく走れてたのに、、、
いきなり何が起こったんや?

小走りで無理やり上ろうとすると
脚がピキピキいいだした。
呼吸も荒くなってきて
心拍は170を超えていた。

碇高原を下るまでは心拍を160以下に
抑えるってのが今回の作戦
おもくそ超えてて慌てて歩きに変える。。。

ウッソーーーん……(泣)
この感じは、もしかしたら、
終わりかけってやつ??

さっきまで気持ちよく走れてたのに
なんでや?
なにがおこったんやオレのカラダ???

しんどくてうつむき加減になってるのに気づく。
あかん!上を向いて歩こう。
顔をあげるとやまけんさんの背中が見えた。

やまけんさんも歩いてるんか…
なんかしんどそうやな。。。

やまけんさんが小走りに上り始めたので、
オレもついてくように走ってみたら
すぐにゼイハアしだした。

全然あかんわ( 一一)

追いかけるのは諦めて
頂上までベタ歩きすることにした。

そしてようやくやっとこさ
七竜峠展望台エイドに到着(38キロ)
やまけんさんに声をかけてみる。

めっちゃしんどい(>_<)
もう終わってるわ!の返答……

そっか、、、
やまけんさんもしんどいんや
オレだけじゃないんや
と思えたら少しだけ安心した。

果物とポカリとポッケのベスパプロを摂り、
やまけんさんよりも先に出発した。

ここからは下り基調
少しは楽に走れるだろう、と
呼吸を整えながら下っていくけど
ペースは全然上がらない…

やっぱり脚、うまく動かへん……

やがてやまけんさんが追いつき
そして前にでた。

ついて行こうとしたけど
やっぱりついていけない…
オレの方がLIFE残ってないってことか…

これから先の不安を感じながら
40キロのマットを通過

40キロ 3:55:56(ペース1:06:04)

31キロ 533
32キロ 557
33キロ 545
34キロ 545
35キロ 922 ←トイレピットイン
36キロ 612 ←tenko・ロボッチ
37キロ 543
38キロ 722 ←七竜峠上り
39キロ 758 ←七竜峠エイド
40キロ 541 ←七竜峠下り


前方を走ってるやまけんさんに
もうすぐ「ごえ家」があるはずやで!
と、声を張り上げる。

すると程なく、



20180923143102468.jpeg
※写真は借り物


私設エイド「ごえ家」が見えてきた。
(上の写真めっちゃ繁盛してる!)

やまけんさんピットインするかと思いきや
ちらっと見て通り過ぎた。。。

あれ? 寄らへんの??
と不思議に思いながら「ごえ家」にピットイン




わっ!ジャイコ!!

あなた、しれ~っと応援に来てくれたのね(^◇^;)

てか、2人ともこちらに気づいてない…
コップをつぎ足す作業で手一杯のお二人
ちょうど今は人が途切れているのに
その隙間時間をぬって
テーブルにコップを埋め尽くす作業に集中してる…

ごえちゃん!と声をかけてやっと気づくお二方

すると、ごえちゃん
オレの顔をじーーーっと見つめて一言…





「サトさん顔死んでますやん」












―(T_T)→ グサッ!!!





見抜かれた!
顔バレした!!w

こういうところ、
この人ほんますぐに気づくんよね。
なにかしら鋭いんですよ~
(知らんけどw)

せっかくなので、、、



20180923142123fcc.jpeg

ボロ雑巾と3ショット(笑)


コーラを一杯いただいて出発



しばらくすると42.195地点
確か4時間10分だった。

数字だけはめちゃくちゃええペースやけど
オレは既に終わりが始まってました(~_~;)

七竜峠のダブルピークの上りは
全く走れない〜!
ベタ歩きでヨロヨロ進む。

やまけんさんの後姿は
完全に見えなくなっていた。

ダブルピークを超えてゆっくり下っていくと
ようやく浅茂川漁港のエイドが見えてきた。

その前にtenkoさんの応援旗だ!

20180923145231a4c.jpeg

201809231452327f0.jpeg

当日は立ち止まって写真撮る余裕はないと思い、
上のは前日に撮った写真だけど、
まさかヘロヘロでここを通りすぎるとは
予想だにしてなかった。

浅茂川漁港エイドに入ろうとしたときに
やまけんさんが出て行こうとしていた。

ここは名物のうどんがあるので、
しっかり腹ごしらえしよう。。。

半分食べたところで全く喉が通らなくなった。

あかん、、、うどんが飲みこめへん(~_~;)
オレ、完全に終ってるわ。。。

まだ半分も走ってないのに
こんな状態で最後まで走れり切れるんか?……

不安と焦りがどんどん膨らんでいった。

41キロ 546
42キロ 704 ←ごえ家
43キロ 624
44キロ 713 ←浅茂川漁港エイド

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.