命びろいした/【飛騨高山ウルトラ】レポ3~足は生きていた
サトです(・ω・)ノ


余震のたびに心臓がバクバクしてる者です(>_<)

地震から2日経ったけど、
何だか落ち着かない。

就寝中、グラっとするたびに目が覚めてね、
それが昨日と今日の2日間続いて寝不足気味
こんなんだから、日中はもう眠いのなんの。

あ、コロンビア戦の大金星で興奮のあまり
眠りが浅くなったってのも追記しておきますσ(^_^;)



鳴り響く緊急地震速報がかき消されるくらいの
けたたましく家財がうなる轟音と
テーブルの下に身を隠すのが
やっとなくらいの激しい縦揺れが脳裏に浮かびます。

大の大人でもこんな状態だから、
子供はトラウマになるんじゃないかな。

これで震度6弱でしょ…
震度7ってどんなんなんだ!
怖いわ〜地震(>_<)



今朝の時点

ガスは止まったまま
水はなぜかずっと供給されてます。
近所は断水していたんですけどね…

今朝は結構な雨が降ってます。
これ以上、被害が広がらないことを
切に願います。



でね、思い返してみると、
昨日のえむの記事の食器棚がもし倒れてたら
身を隠したテーブルを直撃し、
扉ガラスや食器類は粉砕されて飛散し、
破片を被ったり周囲に散乱したから
きっと怪我していただろうし、
身動きできなかったと思うんだ。

そう考えると、地震対策のつっかえ棒と
観音扉のストッパーが己の身を、
もしかしたら命を守ってくれたのかもと。

いやぁ 命びろいしたなぁ

あらためて地震対策、本当に大切だよ



* * *

レポ続き

2018061804243950a.jpeg
20180618042440a25.jpeg

千光寺エイドを出発
ダブルピークの上りをテクテク歩いて越えると
急な下り坂へ

力を抜きゆっくりと下り始める。

千光寺の上りであし売り切れたんで(泣)
ここから先は激沈を覚悟していた。

が、、、あれ? 
足、なんかうごくわ(°▽°)

ジョグで入ったのに次第に足が回りだし、
いつの間にかキロ5で下っていた。

ここまでずっと抜かれ基調だったけど、
ついにランナーを追い越しはじめた。



下りきったところの下柏林道エイド
(66キロ)
昨年、だれやねんから教えてもらった氷嚢を受け取り、
頭にのせ帽子で固定する。

ここからしばらくフラット区間
暑さ対策で頭を冷やしながら走る。

そして満を期してメイタンゴールドを摂った。

足動いてるし、勝負かけれそうだ!
ゴールまで残り35キロ
どこまでペース上げられるか?頑張れるか?

20180617195246701.jpeg

キロ545を目安にペースを整えてく。

メイタンが効いてるのか?
キロ545がとても楽に感じる。

さすがに足は重たいけど
しっかり動かせてる。
もっとペースを上げられそうだけど、
先は長いのでここはグッと抑えた。

70キロ 07:56:40
昨年比 +40分

この10キロで更に10分上乗せできた

足は生きてる
心肺はしんどくない
胃腸も大丈夫

この手ごたえからして、
11時間半カットはできそうだ(^^)


第4関門 海洋センターエイド(74キロ)

時間的に余裕あるから

しっかり食べて
しっかり飲んで
トイレ休憩

この間5分


JRの線路に沿って走る。
キロ540を目安にペース整えてく。

201806171952507ba.jpeg
(写真は借り物)

80キロ 09:00:47
昨年比 +45分

更に5分の貯金

しっかり食べたおかげか?
調子が上がってきた!
530にペースアップを試みる。

71キロ組と合流

身体、よく動く!
もう誰にも抜かれない。
道幅が狭いので縫うように走る。

調子良く気持ち良く走ってたら
信号にまともに引っかかった。

そーいや今回はしょっちゅう信号に捕まったよ(>_<)
まぁ休息できたと思っておこう…



71キロ組と別れ
ラスボス峠へと向かう。

人気がなくなり一気に走りやすくなる。
試しにマラソンしてる感覚で身体を動かしてみると、
キロ5にまでペースが上がった!

この感覚で走るの、全然いけるわ!!
しばらくキロ5でぶっ飛ばしてく。


87キロ手前のエイドで1分ほど休憩し、
緩やかな上りに入る。
いよいよラスボス峠に突入だ!

はじめは走って攻めていたけど、
次第に足が苦しくなり歩きが入る。。。

しばらく歩きと走りを繰り返してたけど、
腿がパンパンになり思うように動かない…
仕方なく89キロからベタ歩きに変えた。

今回、上りが全くダメだった…

ここをもう少し攻めていけたら
11時間を余裕で切れたかもしれない…
(まぁ実際は11時間切りなんて全く考えていなかった)

201806171952523f2.jpeg
(写真は借り物)

90キロ 10:06:21
昨年比 +45分

時刻は14:51

おっ!!これ、もしかして
16時までにゴールできんじゃね?

と、更に攻めてみたくなった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
【飛騨高山ウルトラ】その2~飛ばしすぎ?ボロ雑巾の予感
サトです(・ω・)ノ


さっそくレポ

201806160621298d9.jpeg
2018061606213060b.jpeg

カクレハ高原キャンプ場を超えると
すぐに30キロ

30キロ 03:03:22 

昨年比 +21分の貯金

ここまで極めて順調(^^♪

2018061520091549e.jpeg

キャンプ場を超えると
一気に傾斜がきつくなる。

だがそこは
しっかりちゃっかり作戦を練っていた!

ここは走りと歩きを織り交ぜた
ハイブリッド走で攻めると
余裕で攻略できるのだ!!
(経験値がモノをいう)

まずは
走り8 歩き2

・・・

しんどなってきたんで
走り5 歩き5

・・・

気づけば
走り2 歩き8

・・・

・・・

去年こんなにしんどかったっけ?
あの〜山が隆起したってことはないですか?

既に太ももパンパンで
思うどおりに足が動きません(>_<)

しまいには歩き10になってましたw

後方からガンガン抜かれます…うぅ
(なぜか女子ばかりの不思議??)

…オレの経験値って一体(´;Д;`)ブワッ



→→→

上り一辺倒はいったん終了
今度は上ったり下ったりを繰り返しながら
尾根づたいを走る。

ここで楽しみにしてるのがこれ!

20180615200907923.jpeg

う~ん・・・(´・_・`)
遠方に乗鞍岳が見えるはずなのに( ;∀;)

因みに昨年はこんなの

2018061606303120f.jpeg

ほんと、ここ絶景なんですよ…残念(>_<)


そしてようやく第2関門の
飛騨高山スキー場が近づいてきた。

坂を下っていると、
一人の男性がこちらに手を振っている仕草…








(*゚Q゚*)エッ!!!






20180615200926e7e.jpeg

ゆうたろうさん!
なぜここに??

野辺山の疲労が抜けてなかったみたいで
ここでリタイヤしたんだって…
(そら、ゆりかもめ ⇒ 野辺山だもんな)

てか、走ってたんだ!
(お身体、労ってあげて下さいね)

寒くなかったですか?


20180615200921377.jpeg

飛騨高山スキー場で
エイド食をいろいろ頂き
そそくさと出発!

すぐのところが40キロ
40キロ 04:23:02 

昨年比 +20分
エイド滞在時間を短くした分
ロスを最小限に抑えられたよ(๑>◡<๑)



ここから傾斜のきつい下りが10キロ弱続く。
ここでスピードを上げると
後半足が動かなくなるから、
速くてもキロ5を切らないよう慎重に下ってく。。。

2018061520090735a.jpeg

2018061520090945e.jpeg

12℃ ちょっと肌寒かったよ


下りきって

20180615200911b11.jpeg

トンネルを超えたところが50キロ

50キロ 05:21:26

昨年比 +25分

想定以上の貯金\( ˆoˆ )/

あとは昨年のペースで走れば
11時間半は切れるなとひと安心( ´ ▽ ` )

しか〜し、、、
昨年よりも明らかに両足がパンパン(´;ω;`)

直後の裏ボス峠(ロボッチ命名)は
完全にベタ歩き…

なんか足が完全に売り切れてる気が
するんですけど…

これはマジでやばくないですか?
雑巾がボロくなった感がアリアリ:(;゙゚'ω゚'):

奥熊野ウルトラの悪夢が蘇る(o ̄∇ ̄)o!!ヤバイ

悲観的になりツイッターにぶつくさつぶやくw
(お相手して頂きホントスミマセン 助かりました)



裏ボス峠を上りきり、
ペースを落とし気味にして進んでると、
前方に黒激Tのマジ激沈ランナーを発見!

下り基調なのに半分歩いてますな…
オレの方がずっとマシや(笑)
…ま、オレも激沈リーチやけどな

もしやまさか昨年90キロで交流した
エコオレンジさん?

追い越しざまに"激沈ファイト"と声かけ
チラッと顔に目を向けると…






(゚∇゚ ;)エッ!?






20180615200927689.jpeg

じぇーてぃーさん!!!

15分遅いレイトスタートなのに
なんで前にいるの?
いつ抜かしたの??

じぇーてぃーさんも
追い抜いた覚えはないらしく
お互い軽くメダパニ(@_@)

てかオレ、
去年より25分もペース速いのに
どんだけぶっ込んだんですかい?
じぇーてぃーさん?



すぐ先にカブトムシさん奥さま
(通称 "秘密兵器" 
 最近は秘密でも何でもなくなったから
 "兵器"とカブさんは呼んでますw)
が応援してくれてるんで、
先を進むことに。

ここはおととし
山ちゃん、たーはるさん、ハマーさん達と
いっしょに応援したポイントだ!

20180615200924313.jpeg

毎年お世話になっている
地元のおじいさん2人にご挨拶
(90歳超えてますがお元気そうで何よりでした)


丹生川トンネルを抜け
57キロ付近の
第3関門 丹生川支所

焼きそば、飛騨牛、おにぎりなど
エネルギーを補給
胃薬を飲み、
休憩を5分程度に留めて出発!

60キロ 06:34:24

昨年比 +30分
エイド滞在時間を短縮し何とかセーフ

71キロ組と別れ
いよいよ最大の難関
千光寺の上りへと入る。

20180615200914618.jpeg

あーもうぜったい走るのムリ〜(>_<)
膝に手をつきのっそらのっそら歩く。

この区間、2キロほどですが
12:28 15:39 7:45
思いっきり牛歩ロス(。-∀-)

20180615200917566.jpeg

201806152009183f3.jpeg

煩悩の108段の階段を上って

20180615200920d37.jpeg

今年はこの階段すら上る余裕ないから
ここで手を合わせる。(>人<;)

何とかこうにか千光寺エイドを攻略

ほんま両足がガクガクで
腿に力が入らないくらい衰弱_| ̄|○

あと35キロもあるのに…
ここから勝負のはずなのに…

ボロ雑巾の予感:(;゙゚'ω゚'):

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
【飛騨高山ウルトラ】PBを出すための作戦(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

水曜日の昼練
走り出したら足が重たくてビックリ

いつもの坂道コースをやめて
ショートカットコースに変更

71k走って3日
そりゃ足も重たいよね
特に痛いところはないので
ゆっくり始動します

サトさんがポンポン山試走するみたい
私も行けるかな?

そんなポンポン山マラニックは
7/7七夕の予定

詳細はこちらまで → コチラ

* * * * *

飛騨高山ウルトラマラソン

走るのは3回目
なのでコースも何となく覚えた

すごいアップダウンは前半に集中している
飛騨高山2018高低図

去年の私、なかなか強敵(;'∀')
簡単には勝てそうにはない

タイムを縮められそうなところを思い浮かべて
こんな作戦を考えた

・ 最初の10kはキロ6より早く走る

・ 美女高原の上りは走る
スキー場へのキツイ登りも
パワーウォークで頑張る

・ エイド滞在時間を減らす
いつもはエイド毎に撮る写真
今回は大エイドだけにする

***

スタート前
私には大きな仕事があった

それは・・・

サトさんが団長になって
飛び出していかないことを確認すること

先頭集団にはいない
真ん中やや前くらいでスタート
まあ大丈夫かな(^^;;

100k組を見送って
いよいよ5時15分 71kスタート

スタートをカブトムシさんの奥さまが見送ってくれた
(3日間お世話になりました)

キロ6よりは早く
でも飛ばしすぎない

高山駅近くでうーままさんが
応援してくださった

「いってきます」

応援の人たちに答えながら
ポクポク進む

古い町並みを通る
本当に良い景色
贅沢だな、頑張らなきゃと思いながら
前へ進みました


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【飛騨高山ウルトラ】レポ1〜鉄の意志でマイペース…ん?
サトです(・ω・)ノ


昨日から通勤ジョグを再開したんだけど、
これが意外に何ともなくてビックリした!

これこそがスタミナ強化練の効果なのか?

この感じなら週末にも
ポンポン山マラニック
Aコースの下見ができそう(°▽°)



* * *

2018061405165808b.jpeg
201806140519071b4.jpeg

当日は2時に起床
おにぎり一つと味噌汁だけ食べて現地へ
(奥熊野の時は食い過ぎて腹こわしたので(^^;;)

身支度して、みんなと雑談後、
4時45分アーリースタート組のオレは
先にひとり並びにいく。

20180613193353448.jpeg

控えめなポジションに陣取った!!
これで団長はできないやれない(笑)

手持ちのおにぎりを食べながら待機してると、
リンガンガーさんがオレを見つけてくれた(^^)

20180613193351543.jpeg

リンさんとは昨年も20キロほど
ランデブーしたんだよな〜
今年もそうなる予感(°▽°)



スタートするや全体の流れはキロ5ペース
みんなちょっと突っ込み過ぎじゃね?

そんな中、ドフラット区間を
545のペースで無理やり走ろうとするオレ…

リンさんからサトさん遅い遅いと
煽られたんだけど、
今日のオレは本気なんだよっ!
マジクソなんだよっ!
前半は抑えるんだよっ!!!
ってところを見せつける(笑)

…2キロ目はキロ5でしたw

あぁ〜多数に負けた_| ̄|○

まぁここは下り基調だから例外って事で(^^;;

20180613193354ee4.jpeg
20180613193355643.jpeg

古い町並みを横切り
市街地を抜けた時に、
ぐわぁTで走るランナーさんに越された!
(結局、最後まで追いつかず…速いっ!!)

20180613195739400.jpeg

田舎道へ

545前後のペースで淡々と距離を刻む。
やっぱりこのくらいのペースは楽ちんだ。

10キロ 00:57:44 

これはまったくの偶然!
ちょうど545ペースだよ(*'▽'*)

昨年より5分ビハインド
今んとこええ感じじゃね(^^)



二つ目のエイドでリンさんを見失い、
ここからは単独走

美女高原の上り坂へと入る。

最初は緩やかで歩いてる人はいないけど、
次第に傾斜がきつくなり、
歩く人がポツポツと現れる。

オレは坂練の成果を出すべく
攻めの上りを貫く!

が、調子こいてると
お腹がゴロゴロいいだした(´・ω・`)

あかん、、、薔薇の香りがする(ーー;)

刺激を入れまいと歩くことにした。。。

201806131954366d8.jpeg

美女高原エイド

真っ先にトイレに駆け込み
薔薇を積んだ(〃ω〃)

すっきりお腹が軽くなったところで
下りは控えめのキロ5ちょい。

20キロ 01:59:28 昨年比 +8分



2018061319543966a.jpeg

第1関門
道の駅ひだ朝日村(21.8キロ)

201806131954356a7.jpeg

ここでよもぎうどんを2杯いただいた。

鯖街道ウルトラの時にも思ったけど、
しっかり食べれたら最後まで身体は持つ!

胃腸が弱いオレ
ここで胃腸薬を飲んでリスタート!



ふたたび緩やかな上りを
キロ6前後で進むと

201806131954374e5.jpeg

カクレハ高原キャンプ場
ここは長居せずちゃちゃっと出発

程なく30キロ通過

30キロ 03:03:22 

昨年比 +21分の貯金
ここまで順調すぎるほど順調だよ!

ただ若干、下半身がダルいのは
気のせいか???

ここから飛騨高山スキー場までは
急な上りがだらだらと続く。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
【飛騨高山ウルトラ】チアで走ることに決めた(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

先日、女子会でちゃうさんが

"オムライスのケチャップは
ハートやんね"

なんて、ラブラブなことを話していた

昨日の夕飯はオムライス
えむもハートに挑戦
オムライスA面

あれ?
慣れないことをすると
上手にできないね(^^;;

ちなみに自分のは
オムライスB面

マジマジと見ると
ホント雑だわ
サトさんがケラケラ笑っていました

また気が向いた時に
色々描いてみようかしら

ちなみに
ちゃうさんのダンナさまは
ハートを崩さずに食べるのに
サトさんは
あっという間にぐちゃぐちゃに
伸ばして食べていました

… オイ(^^;;

* * * * *

71k走ったカラダの状態

もちろん疲れている感じはある
でも筋肉痛はほとんどなし
今回が1番ダメージが少ないかもしれない

これはきっと
当日の夜、アフターの席で

”私、マッサージ大好きなの”

うーままさんのお言葉に甘えて
しっかり両足マッサージしてもらったから

それと飛騨高山の温泉で
ゆっくりカラダをほぐしたからかな

今日はいつも通り昼ランする予定です♪

ウルトラ当日まで
天気予報を見て一喜一憂
多分こんな天気になると思っていました
201806090541224eb.jpeg
2018060905412339f.jpeg

13時半までにゴールしたい私
雨に出会わずにゴールできるかな?

まあ最後少し雨に降られるかもしれない
きっと晴れることはないし
絶好といえば絶好なのかもしれない

基本的に楽天的なので
こんなことを考えていました

それならウェアはチーム50チアにしよう!

ロボッチがチアで走ることを聞いていて
迷っていました

というのも
チアというかスカートって
足さばきが良くて
とっても走りやすい
でも、晴れて暑くなったら
ウエストにあせもが出そうで・・・

今回は晴れない予報
それなら決定(*^^*)
飛騨高山201802

去年は朝の気温が10℃いかなくて
とっても寒かった
しばらくカッパを着て走った

対して今年は
えむのこの格好で寒いと感じなかった
このまま気温が上がらないといいな
と思っていました

今、考えると
チアの下に着ている
CW-Xのコンプレッション
余計だったかもしれない

それでも
最後まで足さばきよく
走りやすかった

ただお天気は
予報通りにはいかなかった

続きます


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.