篠山マラソン レポその2 ~サブ10チャレンジの終焉~
サトです。


未だ名古屋ウィメンズの余韻にふけってます。
いやぁ、名古屋良かったな〜
中部や関東の村人さんともたくさん交流持てるしね〜

来年も名古屋は決まり!
オレ、走らんけどw


でも今日は篠山マラソンのレポの続きです。

そうなのです。レポはまだ終わっていません。
あ~、辛かった記憶が蘇る~(グスン)


*  *  *  *  *


篠山マラソン レポその2


きっつい風と20℃近い気温の中、
何とかこうにかキロ430を守り通してハーフを通過

1時間34分58秒
平均ラップ 4:30/km

ハーフタイムを更にバイ、ドン (by 巨泉)
3時間9分56秒

ここまでタイム的には完璧な走り!
オレ、こういうのは得意な模様。


前回のおさらい終わり



20-25キロ 22:40 (4:32/km)
4:34 - 4:28 - 4:41 - 4:29 - 4:28


タイム的には完璧な走りも、実際は20キロの手前から早くも足腰や心肺が怪しくなっていた。

まだ半分も走ってないのに、この地点でこんな手ごたえでは、サブ10を狙うにはかなり厳しいのではないかと思い始めていた。

せめて25キロ過ぎのブロ村応援ポイントまではカラ元気でもいいからカッコよく駆け抜けたいと思ったりしていた。

じゃあ、ここでペースを落とせばいいのではないかと考えたりもしたけど、今回はサブテンチャレンジの勝負レースでもあったので、このペースで行けるところまで行って、ダメだったら素直に諦める走りが、まぁ、相応しいのかなと思い、無理をしてでも430をキープする走りをする事にした。

しかし、現実は厳しく、既にいっぱいいっぱいな感じで足腰、心肺が限界に近づいてるのを感じずにはいられなかった。

こんな状態で今さらどうこう対応しても何も変わらないと思うけど、そう、こんな時こそ例のアレに頼るべきではないか!

こういう時のために普段から営業部長として、日々多くのランナーにアレの素晴らしさをえむにキャンキャン言われながらバラマキ布教していたのではないかw

よし、ここは投入すべき時だ!

メイタンゴールドo(`ω´ )o

よし、静かに復活を待とう。


既にペースダウンが始まっていましたね。
もう一度、気合いを入れてアクセル全開!エンジンを吹かして駆け上っていきます。


くーっ、、、ぐるじい(>_<)


何とか430をキープしたけど、両足と心肺が限界に到達したのを感じました。



あれっ、この感じは・・・

思い出した・・・

あの時と全く同じではないか・・・



そう、2週間前に経験した・・・



泉州マラソン・・・



ってことは・・・



この後は・・・



再び・・・




地獄巡り( ̄▽ ̄) 




メイタンよ、あかんかぁ〜



25-30キロ 23:28 (4:42/km)
4:38 - 4:31 - 4:42 - 4:42 - 4:55


ようやく、りょうたさん、山ちゃん応援ポイントを通り過ぎる。

既にいっぱいいっぱいでした。

声援でペースは上がったけど、100メートルで力尽き元に戻りました。



この後は気が抜けてしまったのか、ドッと疲れが全身を襲い、途端にスピードが落ちていきました。
そして、オレのサブテンチャレンジが終りを告げようとしていました。


このまま何も抵抗もせず終わってしまうのか・・・


くっそ~!!!


こうなったらもう破れかぶれじゃい( ゚Д゚)ゴルァ!!


オレは何を思ったのか、28キロでもう一発メイタンブラックを投入してやりましたよ!


残念ながら全く効果はありませんでした。


この後は4分40秒、50秒と1キロ進む度にズルズルと後退していきました。

もう逆襲する元気も気力も体力もありませんでした。


こうして30キロ手前でオレのサブ10チャレンジは終焉を迎えました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.