丹後ウルトラ大作戦 〜シューズ編〜
サトです。


超音波グリグリを続けてるうちに、少しずつ踵の調子が良くなってきました。丹後、何とか体裁だけは間に合いそうです。中身はボロボロですけど^_^;


*  *  *  *  *


丹後ウルトラまで2週間を切りました。いよいよです。これから丹後に向けて、何かと作戦を立てていきたいと思います。

ちなみに、丹後走るのは6回目。1回目は60キロ、残り4回は100キロでの参加。4回の内、一昨年の台風の時は、碇高原で低体温症になり不覚にもリタイアしました。マラソン大会でリタイアしたのはこの1回だけなんです。準備不足と対応遅れが原因なだけに、今思うと勿体なかった。


話を元に戻して、

まずは、シューズ編


チャレ富士の時は、マラソンシーズン終了直後でもあり、スピードとスタミナはそれなりに出来てると見込んで、マラソン勝負シューズのアディゼロ匠ren2で挑んだところ、両足の親指、人差し指の爪が壊滅してえらい目にあった。今でも両方の親指の爪の一部は黒いまんま(ー ー;)

そして今回、この足の状態とコンディションでは、ゆるゆるランでも完走が怪しい。

これまで、完走は大前提で、どれくらいのタイムでゴールするか、そのためにはどのシューズ?でチョイスしてきたけど、今回は踵へのダメージを最小限に止められるシューズを選ぶのが妥当かな?



その候補として挙げたのが次の二足。

丹後シューズ

1. アシックス サロマレーサーST3(右)
2. アディゼロ アディオス ブースト2(左)



サロマレーサーはウルトラ用シューズと銘打ってるだけあってシューズにホールド感があるのと、着地時の衝撃が柔らかい。

アディゼロ アディオスはお兄さんの意気込みに負けて買っちゃったんだけど、試し走りをしたら、ブーストが踵にやさしく、その上、軽くて走りやすかった。

なので、いずれかをメインにして、一方を碇高原に預けようかと。


そこで、先週の土曜日にアディオスで15キロ、日曜日にサロマレーサーで33キロ走ってみた。


まだはっきりとは言えないんだけど、今のところはサロマレーサーをメインに、碇高原にアディオスブースト2をドロップバックに忍ばせようかな。これまで何度かサロマレーサーでウルトラ走ってるんで安心感があるのが第一の理由。既に結構な距離を踏んでるんで、所々がくたびれてるんだけど、アディオスよりも着地時の左足のグラツキがましだったんで。

ま、ギリギリまで考えよっと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.