【チャレ富士 レポ10ラスト】有終の美はどこへやら
サトです(・ω・)ノ


ガンプさん、みやみさんと別れて
緩やかな上りを走り始めると
身体がすっと反応し、
キロ5分半のペースが復活した。

50kmから60kmまでの激沈は
いったい何だったのかと思うほどに
足取りは軽やかだ(°▽°)

これもひとえにお粥とバナナとみやみさんのおかげだw


65kmを超えて
ステラシアターエイドへ到着

ようやくここまで戻ってきたかぁ~(*´ω`*)

ホッと一息


ん?


20190513212403dc0.jpeg

時刻は14時25分……

えっと、スタートは7時ジャストだったな

てことは、ただいま7時間25分……

残りは5kmちょっと

ちゅーことは、
ここからキロ6を切るペースでいけたら
ゴールタイムは8時間切れるか切れないかの
ギリギリガールズってところか……

こうなればせめて7時間台で
ゴールしたいなぁ……


よ~し!!!


さっさとゴールして休みたいし、
調子も戻ってきたので
最後の上りはおもいっきり攻めてみるか!!

……ヤル気が出るのが遅すぎるw


塩分と水分をたっぷり摂って
ステラシアターを出発

20190514043327200.jpeg

3kmほど続く上り坂が始まった。


う〜ん……


20190513212407ee2.jpeg

気持ちが萎えるぜ……w

めちゃくちゃしんどかった4年前の
チャレ富士118kmの記憶が蘇った。

あの時はベタ歩きでもついて行くのに必死で、
ほんまめっっっちゃくちゃしんどかったなぁ……


マジ萎える〜(´;Д;`)ブワッ


そんな悪夢にうなされながら
半強制的に駆け足してみる。

するとこれがまた意外といける口だった。


走れるわ(°▽°)


キロ6を少し超えるペースで
タンタンタンとリズミカルに脚を回転させ、

ベタ歩きのランナーさんを
どんどんと追い抜いて行った。

すると、

「うわぁ、走って上ってるすご~い!(はあと)」

あま~い声が後方から聞こえてきて

「あは(//∇//) 先ほどまで休んでましたからね〜」
とひとことお返しし、

(オレってイケてる? いやん♡)

と気を良くしたら
自然にキロ6を切るペースにまで上がって
脚が攣りそうになりましたねw

今、オレはここで止まりたいのに止まれねぇ…w

しょーもないオトコのプライドが
邪魔をするなどのプチトラブルはありましたが、
3kmの急坂をそこそこ攻め上がることができました。

……今日は勝った!!
(なんとなく気分的にw)
(気分、大事)



残り2km

あとは下り一辺倒だ!


よし!8時間切れるかな?


キロ5を切るか切らないかのペースで
オラオラと下り坂を爆走していると、


「サトさ~ん!」


とっくの昔にゴールし、
身ぎれいな格好をしたゆうたろうさんが
前方から歩いてきた(・□・;)

2019051321241278b.jpeg

100kmどうだった?と聞いてみると
8時間ちょっとだったそうです(@_@)
(相変わらずすごいな)
(この2週後のゆりかもめウルトラは入賞したとか)
(飛騨高山ウルトラが楽しみですね)


先を急いでいたので話ほどほどに出発し、
残り1km

ようやくゴールが見えてきた

いや〜長い道のりだった
(71kmやけどなw)

201905132124087c6.jpeg

ゴールテープを切り
ガーミンを止める


あれ!?!?(・・?)


2019051321241091b.jpeg

軽く8時間を超えてましたw


8時間を切れるか切れないかの
ギリギリガールズの筈だったのに
何をどこでどう間違えたのか、
乖離も甚だしいw

更に言うなら階級の違う100kmの
ゆうたろうさんにも負けましたね( ̄O ̄;)

(ヨメとは言わずもがなの大惨敗w)
(比べたりはしない大人だから)
(言いわけ)



何はともあれ
やれやれ終わったぁ(*´∇`*)

ひと息つきながら動線を進んでると

「サトさんですか?ブログ見てます」

と後ろからお声がかかった。

「はい、ありがとうございます( ´ ▽ ` )」

とお答えすると、

この後にいつも聞かれる質問が
今回もしっかりと続きました。


「あの〜あやたさんはどこにいますか?」


これな、オレのあるあるやねんwww


(この後はきんきんのギリギリガールズや
 官九郎さんのギリギリボーイズの
 感動的なエンディングを迎え、
 お二人が総取りして終わったのは
 周知の事実でございます)

(チャレ富士、参加してほんとに良かったです!)
(多くの方に大変お世話になりました。)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.