丹後ウルトラ2018〔あとがき〕
サトです(・ω・)ノ


薄々気づいてはいたんですけど、
レポを書いてて、やっぱりなと
想った事を申し上げますね。

丹後ウルトラの敗因

前半から飛ばしすぎ!
更に言うたら心拍140の設定が高すぎ!w

…やはりここに尽きると思います_| ̄|○

3週前の道マラが上手いこといき過ぎて
ちょっと勘違いしちゃったんですね。

道マラでは心拍130台で
キロ510を気持ちよく走れて、
さらに途中からペースを上げても
そんなに心拍上がらなかったから、
これなら丹後ウルトラは
心拍140でも十分いけるやろと思ったのが
そもそもの間違いでした。

北海道と丹後とでは空気の質感が
まるっきり違うってのに…

その上、朝方は曇っていたから
心拍140を心の支えにして強気に
30キロまでキロ5の前半で入ってしまった。

夏の練習そんなに速いペースで
走ったことなかったのに…

身体に異変が始まったのは40キロから。
確かにフルマラソンの距離まで持ったなw

今回は100キロウルトラマラソン
まだ半分以上も残ってました( 一一)

これ、もし心拍130で走ってたら
もう少し頑張れたのではないかと
思うんですよね…

ここは130設定だったか・・・



そんなことを思いながらあれこれ反省してると、
先日、りょうたさんから
おもいっきり指摘されてしまいました。

「サトさんな、心拍見ながら走るのんて、
マラソンやから有効なんちゃうの?」



そーなん?( ゚д゚)

まっっったく考えたことなかったわw



オレの作戦が、作戦自体が
根本的に間違ってたってことですか?w

フルマラソンは足を止めないから
心拍を見ながら走るってのは
それなりに有効だと思うけど、
走ったり休んだりを繰り返しながら走る
ウルトラマラソンは...

確かに一理ありますな(白目)
(実際、レースは失敗したし)

う〜ん、、、マジかよ
オレ、よくわからんわ(´・ω・)

とまあ、勝負レースにしては
何かと詰めが甘かった。。。
(来年は抑えて走ろう ←覚えとけよオレ)



今回もそうだけど、オレって
上手いこといったレースってのが
本当に少ないんですよ。
(みんなもそうですか?)

まあワンシーズンにいっかい
満足できるレースができればいいところです。

それ以外は凡走というか
失敗レースばかりなんですね。

それでもたまに会心のレースができたり
思いがけず記録更新できたり、する。
その時はそらもうめちゃくちゃ嬉しいわけです。

丹後ウルトラは失敗レースだったけど、
この夏に取り組んできたスタミナ強化練
自分なりには真面目に取り組んできた。

この秋シーズン、
会心のレースが一度でもできるように
(できたら記録更新も)
気を入れなおして頑張ります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する

丹後ウルトラ
サトさん初めまして。いつも見させて頂いています。大会もたくさん出てらっしゃいますね。私も34年で540以上のレースを走っています。61歳からウルトラマラソン22回走って6回連続サブテンしました。私は5分12で50キロ(4時間20分)で通過して後50キロレストステーションの休憩を含めて6分ペースで走り9時間18分、19分、22分がベスト3です。サトさんもしっかり練習して練習の成果を見るのがレースだと考えてポジティブに攻めて下さい。44~48歳で自己ベスト更新しました。61歳の時はフル3時間15分位でした。自己ベストより33分位遅くなっています。この数字から参考になることを考えて下さい。私の反省点はレースに出過ぎです。それではまた。
k.takao | URL | 2018/10/03/Wed 17:05 [編集]
k.takaoさま
k.takaoさん(^^)
はじめまして。コメントありがとうございます。
いろんなブログのコメントで存じておりました。

"練習の成果を見るのがレース"
確かにその通りですね。
練習に見合うレースプランを
組み立てられなかったのが
丹後の敗因なのかもしれません。

50歳までにサブスリーしないと
厳しいと思ってやってます。
残りはあと2年。
この秋のレースで少しでもサブスリーに近づき
そして来年に挑戦できるように、
まずは10月の練習を頑張ります。
サト | URL | 2018/10/04/Thu 07:29 [編集]

Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.