【さが桜マラソン2018】その2〜思い描いたとおりに走れたハーフまで
サトです。


* * *

調子を崩し一週前にようやく良化の兆しが
見えた程度で挑んださが桜マラソン。

正直走ってみないと自分は本当に今日
戦えるレベルなのかわからなかったから、
5キロを設定ペースで無理なく入れたことに
ほっとひと安心した。

国道264号線をズドーーーンと北上を開始
対向車線にはスタートして1キロちょいの
ランナーさんの姿がいっぱいだ(°▽°)

すかさずヨッチの波平さんを
血眼になり探してみたんだけど、
ランナーでわちゃわちゃしていて
結局見つけられなかった。

気を取り直して自分の走りに集中集中!

昨年よりも速いペースで走っているせいか
まわりのランナーはまばらで、
真っすぐ北上する区間だったってこともあり
けっこう遠くの前方まで見通すことができた。

少し前方に風船をつけた
サブスリーペーサーの集団が見えた。

そうそう、その1で書き忘れていたんだけど、
スタートして1キロ手前あたりで
サブスリーペーサーの集団に追い抜かれたんだ。

その後くねくね曲がる区間を走っている時にも
集団が見えたり消えたりを繰り返していた。

5キロを過ぎても集団が見えるくらいの位置で
走れてるってことは、サブスリーにほど近い
かなりいいペースで進んでいる事になるから、
それは戦いのモチベーションを保つ上で
大いに役に立った。

この調子がずっと、ずっと続けば
これは好記録間違いないなと、
別大とは全く異なる手ごたえに
期待を持ちながら走ることができた。

このレースの中で一番ウキウキしながら
走れた区間だった。



8キロ付近のスタート地点に戻ってきた。
このあたりにはカブさん奥様とえむがいる筈と
沿道に目を向けたところ、
ちょー簡単に見つけられたw
(視認性バツグン!)

一方、応援側は大きく手を振って、
やっとこさ見つけてもらった(笑)

201803240902373b1.jpeg

やはり今日のコスチュームは
わかりにくいのかもな(´・ω・`)

ゴキゲンに手を振り、
颯爽と駆け抜けてった。←妄想w



予定のペースを淡々と刻み、
10キロのマットを通りすぎた。

10キロ 43:39(公式)
(5-10キロ 21:58)

6キロ 421
7キロ 425
8キロ 425
9キロ 421
10キロ 422


口の中へハニースティンガーを押し出し
直後の給水で流し込む。

そのまた直後に、
きんきん、たーとんさんの応援コンビをみっけ!

2018032409023507f.jpeg

目いっぱいの元気アピール(笑)

あ、後日40キロ過ぎの
やつれた写真も挙げますわ(汗)



坪の上交差点を右折し
いよいよ郊外の田舎道へと入った。

風はほとんどなかった。
薄っすらと暑さを感じ始めてきた。

ただ、薄曇りで陽ざしがない分、
まだ走りやすかった。

心拍数は165前後まで上がっていた。
ちょっと嫌な感じがしたけど
体感的には余裕があったので
このままのペースを守るように努めた。

だいぶん遠くにまで離されてしまったけど、
まだサブスリーペーサーの集団が
見える位置で走れていた。

このままの調子で
ずっと走り続けられたらいいのに
と思いながら15キロを通り過ぎた。

15キロ 1:05:39(公式)
(10-15キロ 22:00)

11キロ 419
12キロ 421
13キロ 423
14キロ 421
15キロ 425




今度はマグオングレープフルーツを口に入れ
直後の給水で流し込んだ。

いつの間にかAブロック出発のランナーに
次々と抜かれていく展開になっていた。

あれ?っと思ったけどね、
特にペースは落ちてないから
あまり気にせずに淡々と
設定ペースを守り刻むことに集中した。

途中、18キロの給水給食ポイントで
バナナを摂って口にした。

今は調子よく走れているけど
後半の暑さでやられた昨年を思い出し、
早め早めのエネルギー&塩分対策だ。

のどかで遠くを見通せる田園風景の中、
数百メートル先を左折する
サブスリーの集団が見えた。

まだ見える位置で走れてる。
そんなには離されてない。



20キロ手前でメイタンゴールドを摂った。
これも昨年のラスト大失速を教訓とした対策だった。

スライド区間に入り20キロを通過した。

20キロ 1:27:44(公式)
(15-20キロ 22:05)

16キロ 424
17キロ 422
18キロ 425
19キロ 425
20キロ 426




程なく、吉野ヶ里遺跡から折返してきた
先頭ランナーとすれ違った。
4人の集団を形成していた。

その数人あとに女性ランナーとスライドした。
めちゃくちゃ速くて、
総合順位でもヒトケタ着順ではなかったかな?



橋を上って下ったところが中間点
電光時計は

1:32:38

頭の中でざっくりと計算する。

このままのペースでいければ
3時間5分台でゴールだ。

後半上げていければ
5分カットも狙える位置だ。

一方、別の言い方をすれば、
最終防衛ラインの10分カットまで
2分半の貯金。

どのパターンになるかは
これから次第なのだけども、
ガーミンの心拍数は既に170を超えていて、
何となく消耗し始めている感覚があった。

これは後半は厳しい戦いになるなと
思い始めていた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.