覚悟はしていたんだよ…理屈じゃないんだよ
サトです。


大型で非常に強い勢力の台風18号(タリム)
日曜の昼から翌朝にかけ西日本を縦断しそう

最大瞬間風速は60メートル
強い勢力を維持したまま上陸しそうだ

体力を奪われた丹後の海岸線で
こんな台風の暴風雨を受けたら
ひとたまりもない

エイドステーション

暴風でテントは飛ばされ、
食べ物飲み物は水浸しになり
あちこちに散乱する
何よりボランティアの方々がとても危険だ

台風が襲来した2013年の丹後ウルトラで、
本部テントが飛ばされそうになるのを目撃した

これはマジで危ない!

台風、舐めてはいけないな
と、実感したのを思い出した

ランナー
ボランティア
沿道の応援
大会関係者

みんなが危険にさらされる

これで強行し、万が一の事があったら
今後、二度と開催できないかもしれない

丹後ウルトラの中止
賢明で妥当な判断だと思う



週の半ば
台風の進路予想を眺めていて
正直、80パーセントくらい
中止だなと思っていた

しかし、、、



台風の速度が思ったよりも遅く、

もしかしたら、、、

本州上陸が日曜夜にずれ込めば
走れるんじゃないか?

金曜の朝、
少しばかりの希望を持ち始めていた

そして夕方、

数十件のLINEが入ってるのに気づく

確か18時以降に本部から
何らかの発表があると聞いていた

日中に無数のLINEが入ってるてことは、、、

中止になったんだ
と、直感した



覚悟はしていたんだよ



でもね・・・


いざ、中止を突きつけられると、

喪失感というか、

力が抜け、
気が抜け、、

そして、、、

びっくりする程
凹んだ

自分ですらこーなんだから
ここを最大目標にしてきた
仲間のことを思うと言葉が出ない



このレースに向け
目一杯、身体を仕上げてきた訳ではないんだけど、

道マラが終わってから
グンと調子が上向いていた

そう、別大からさが桜の時と同じように



ブログを始めて2年半
この間、故障に悩まされ続けてきた

実はウルトラで勝負したことがない

今回、やっと大勝負できる!!

それくらい身体が仕上がっていたんだよ



幻の松竹梅

松 11時間切り
竹 11時間半切り(チャレ富士100キロ通過超え)
梅 PB超え(11時間48分 2014年丹後ウルトラ)

"松" は十分に狙えると思っていた
最後の方でやべっちに追いつけるのではないか?
マジでそう思っていたんですよ…

あー、、、ほんとに残念



正直、
ここまで気持ちが沈むとは思わなかった


理屈じゃないんだよ


だれも悪くないのに
ほんと、悔しいね



これで2年続けて丹後はDNS

この日のために
長い時間をかけて準備し、
そして苦渋の決断をせざるを得なかった
関係者の皆さん

さぞかし無念だったろう

このレースを最大目標として
苦しく辛い練習を積み重ね、
身体を作ってきたランナーのみんな

天気のことなので、
しょうがないのわかっているんだけど、
ほんと悔しいね



そんな丹後の思いを断ち切るために
今朝、雨が降る前に走ってきた



201709160922183f2.jpg

丹後デビューするはずだった
パンダーニのパンツ



20170916092219e78.jpg
(先週末の10キロ走)

ごえちゃんから貰った手ぬぐいを首に巻き



20170916092220efe.jpg

勝負服のぐわぁTで走ってきた



最初の1キロで雨が降り始め
しだいに風も強くなってきたので
10キロで止めました

土曜朝の段階でそこそこの雨風…
中止の判断が正しいです



201709160945500ee.png

20170916094857193.jpg

最後、ビルドアップできるくらい
調子良かったんだよな~



これで丹後の思いを断ち切る!

というわけにはいかないだろうけど…



今晩、残念会を大阪市内ですることになりました
総勢25名が集まるそうです

今夜はヤケ酒へべれけコースかな?(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する

まるさき
調子の良い時のDNSは辛いですね。
簡単には切り替えられないとは思いますが、次の四万十での凄い結果を楽しみにしています。
| URL | 2017/09/16/Sat 13:00 [編集]
まるさきさま
まるさきさん、コメントありがとうございます(^^)
コメ返し遅くなりました…飲み過ぎた(^^;)

ちょうど一か月後にしまんとがあって幸いでした。
60キロだけど思いっきり走れるように
手抜きせず練習を積んでいきたいと思います(^O^)/
サト | URL | 2017/09/17/Sun 10:52 [編集]

Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.