瀬古利彦さんの講演会に行ってきた
サトです(・ω・)ノ


コロナの大騒ぎが始まる前の話なんですが、
あの瀬古さんの講演会に行ってきたんですよ!

出張で(笑)

会場はオレより年上のお偉いさんばかりで
マラソンはおろかランニングしている人
ほとんどいないんじゃね?ってな面子で、

だからどんな話してくれるんやろうって
半信半疑の参加だったのですが、
結果は走ることの話ばかりで
まぁ、瀬古さんのワンマンショーでした
話慣れていて超おもしろかったです(๑>◡<๑)

瀬古さんの印象を一言でいうと
瀬古さんはダジャレおじさんだった(笑)

(プロシードさんとどっこいどっこいw)

なかなか聞けない話がてんこ盛りで
たくさん紹介したいんだけど、
他言してはダメよと言われたことも
多々ありましたので、
(おもしろエピソードはネタのため割愛)
載せても良さそうで印象に残った話を
書き記しますね

(ブログネタにするために
 オレは必死にメモを録った(^◇^;)


・MGCで東京五輪をゲットした中村選手と鈴木選手
 9月のクソ暑い時季に開催したにも関わらず
 走った前後で体重が全く変わらなかったらしい(゚д゚)!
 暑さに強い2人はオリンピックでも
 十分に期待できるって!

・男女の最後の1枠、瀬古さんのイチオシは
 男子は井上選手、女子は一山選手でした
 井上選手は厚底シューズで走ったら
 日本新記録が十分狙えるし、
 一山選手は伸び盛りで調子も良さそう
 松田選手で決まりの雰囲気があるけど
 名古屋はもしかするよと言ってました
 (↑ほんまにそうなった)

・同年代がライバル同士でしのぎを削っている
 今の男子マラソン界は、宗兄弟と争っていた
 黄金の80年代とそっくりとの事
 
・日本新記録が出たら選手は1億円貰えるけど、
 実は監督も5000万円貰えるらしいです
 設楽選手と大迫選手で既に3億円使ってるので
 東京マラソンで日本新記録がでたら
 お金がなくなると嘆いてました
 (↑なくなって困ってますね)

・そんな中、瀬古さんはマラソン強化戦略PLを
 タダでやっている!(◎_◎;)

・PLを引き受けて最初に取り組んだのが
 明確な選考基準を作ること
 一発勝負で決めるのが一番わかりやすい
 という理由でMGCを作ったらしいけれど、
 なかなか許可が出なくて大変苦労したらしいです
 いろんなところに頭下げまくって
 なんとか実現したんだって

・でも選手からは大好評で、
 眼の色が変わったのがすぐにわかった

・高橋尚子さんは選手時代、
 1日に60~70km走っていた
 結局マラソンは練習やってるやつが最後は勝つ
  ↑それな!

・世界に勝つには泥臭いことをやってるやつが
 力をつけてやがて伸びてくる

・継続は力なり、されど惰性は退路
  ↑「惰性は退路」の言葉は重い:(;゙゚'ω゚'):


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.