心がザワザワする【加古川マラソン レポ2】
サトです(・ω・)ノ


加古川駅の改札口を出たところで
北海道のmasyuさんと
ツイッター繋がりのkatsuさんと合流

バス組とレンタサイクル組とに分かれる
オレはレンタサイクル組へ

ゴール後のお風呂と
かつめしアフターの動線を考えると
自転車の方が動きやすいのだ!

自転車を走らせること10数分
会場へ到着

どんよりとした曇り空、
空気は冷んやりして肌寒かったけど
風はなかった。絶好のコンディションだ!

係員の誘導に従い自転車を下りたら
クマプー姿のだれやねんを発見!
(走るの知ってたw)
(ゼッケンにはだれやねんと書いてあったw)
(書かんでも知ってるw)

防災センターのぎゅうぎゅうの更衣室で
身支度して外に出ると、だれやねんの周囲に
仲間が集まっていた

初めましての方への挨拶もそこそこに
お腹がグルグル主張しだしたので
一足先に荷物を預けに行って
すぐに大トイレへ並んだ

15分程待って本日二度目の薔薇を
無事に摘むことができた

とてもすっきりした(*^▽^*)

この日は走ってる最中におしっこ行きたいとか
お腹がぐるぐるするようなことはなかった

急ぎ足で登録の部に並びに行くと
ぐわぁTあやたさんの後姿が見えたので
となりに並んだら前から数列目だったw

スタートロスは数秒やなw
(実際3秒だった)

待ってる間も無風
気温は低め(体感温度は10℃ない)
これで陽が照ったら最高なんだけどなぁ
(10℃前後の陽が差す天候が一番好き)

予報では北東の風が数メートルとなってて、
これが本当なら35kmからゴールまでは
奇跡の追い風になるのではないか?

本当にそうなったら
脚に余力があれば別大のように
スパートしてサブスリーが加古川で
狙えるかもしれない

てなことを思い巡らしてると
心がザワザワしたw

かといってドキドキするようなこともなく
みんなとワイワイしながらスタートを待つ

今日はキロ415を刻む!
鉄の意志で守る!
35kmまでは415を頑張って
そこからが勝負!

ってことを再度心に刻んだ

スタート直前にカッパを脱ぎヨメに渡して
みんたとグータッチを交わし、

気合が入ったところで
ヨーイドン!!!

ダーーーーっと流れて
後方からガンガン抜かれていく中
流れに惑わされないように
415を守ることを心がけた

1km 414
鉄の意志(*^^)v

風を感じなかったので
本部で貰ったポンチョを脱ごうと
ビニールを引っ張ったらゼッケンが引っかかり
上部の2か所がちぎれてしまって
べろ~んと下に垂れ下がったw

かっちょわるっ(>_<)

これ、サブスリーのゴールシーンの時だけは
裏返しになったゼッケンが見えるように
なんか工夫せんといかんな

てなことを考えながら
数か所に散らばった応援隊の声援に
手を振っていたら、
突然どんぺけさんが現れてビックリした!

ところどころで路面が荒れてて
走りにくい箇所が数か所あったけど
それ以外はオレの知ってる加古川マラソン
適度にバラけて思い通りのペースを
刻むことができた

5km 21:13(00:21:10)

01km 414
02km 413
03km 413
04km 415
05km 416



加古川大堰を超えても415を淡々と刻んでく
てかむしろ、ヴェイパーフライ ネクスト%が
脚にフィットしてペースを抑えてるって感じだ

2年前は430ペースで走ってても
しんどいなぁと感じていたのに
415を抑えて走るって時が来るなんて
思いもよらなかったなぁ

とかを考えてると、
なーくんとスライドして
直後に10kmを通過

すぐに折り返して来た道を戻り始めた

10km 42:34(:21:21)

06km 416
07km 415
08km 416
09km 413
10km 412


ここでヴェスパプロを摂って
後半のガス欠に備えた

すぐにあやたさんとスライド
まだまだ元気な2人w

その後も続々と仲間とスライド
エールを交わしてると加古川大堰に戻ってきた
ぐるっと反転して河川敷を一気に上る

橋を渡って対岸の河川敷を下って
ちょっと走ると15kmを超えた

15km 1:03:44(00:21:10)

11km 408
12km 417
13km 417
14km 416
15km 412


この地点で脚が疲れたとか
呼吸がしんどいとかが一切なく、
しかも無風のままで
(実際は緩い追い風が吹いていたみたい)

これは貰った!
マジでサブスリーいけるかもしれんな(°▽°)

ふたたび心がザワザワしだして
これからの道中が楽しみでしかなかった

ていうか、今思えばここがピークだったw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.