ウルトラのヨメ〜碇高原【丹後ウルトラ2019 レポ3】
サトです(・ω・)ノ


弥栄庁舎を出発すると
おなかをサスサスしながら
ジョグペースでゆっくり前へ…

あ、あちぃ…(;´Д`A

陽射しがキツいゼ容赦なし(>_<)

ここはとにかく無理しない
安全第一に刻んでいこう(;・∀・)

60kmコースと別れて
いよいよ碇高原に向けて

さあ来い!!(いやだ)

まったいらの直線をゆるゆる走って60km

60km 07:01:22(01:39:49)

(この区間、キロ10でしたw)

次第に、少しずつ、上りが始まると
そっこう身体が走るのを拒否った(~_~;)

とはいえ、歩きっぱなしだと一向に
碇高原に着かないから、
歩き2、走り1の割合でがんばった

途中、クマプーだれやねんが応援していた

今年も、早朝応援のあといったん大阪まで戻り、
買い物をして再び丹後に戻ってくるという
常識はずれな行動をとってまでして
用意いただいたご近所屋さんの巻き寿司は、

ヘロヘロで食べられなかったです(;´д`)
(今ならペロッと食べれるんやけどなぁ…w)


あかんもーめっちゃしんどいやめたいわ!


と泣きごとを言ったら



エントリーしたのはあんたやろ!!!


至極ごもっともな返事を頂戴しましたw

…あぁブーメラン ―(T_T)→ グサッ!!!


2つのトンネルを抜けて
いったん下った先の、
道路に表示された気温は30℃でした

30℃かぁ…

オレ、この夏は40℃や37℃の中を
走っていたから、
こんくらいの気温やったら
じゅうぶん暑さ耐性ができてる筈やのに、


なんでメチャクソ暑く感じるんや???(´゚д゚`)


…しんど>┼○ バタッ


フラット区間が少しつづき
ふたたび上りにさしかかった

ここからが、
傾斜がきつくなるいちばん辛い区間だ

こんなときに
直射日光バンバン突き刺さる。゚(゚´Д`゚)゚。

そんなにキツい上りではない、のに
全然、走れない_| ̄|○

気合いを入れて駆け足をしてみるも、
すぐに身体が拒否って歩いてしまう

ダメだ…全然ダメ……

もういい、、
とにかく前に進んで、
そして、碇高原で休憩しよう

はよ休みたい……
休むことばかり考えていた

バンクを過ぎて一番傾斜のキツい区間
碇高原への上りのピークがやってきた

もちろんベタ歩きだ

いや、歩くなんてもんじゃない
これは牛歩と言うのかな?w

いよいよキロ15を越えだした
ぜんぜん前に進まねぇ…

下を向いてグッと耐え忍ぶこと約30分

やっとフラット区間に入った

ジョグしはじめて70km超え

70km 08:42:41(01:41:19)

(この10kmはキロ10オーバー(;´Д`)


数キロ進むと、
やっと碇高原エイドに到着した

入ってすぐ左に
ファイテン元気ステーション
(地元の中学生?たちのマッサージサービス)

空いていたので
休憩がてらお願いした

ファイテンのローションを使って
両足をグイグイ力強くマッサージ

めっちゃイタイぃぃぃ(><)
でも気持ちいい(*´ω`*)

10分ほどマッサージをしてもらった
少し脚が軽くなった感じがした

ありがとう!と言って握手
(手がローションでベタベタw)

預けていたドロップバッグを受け取ると
地べたに座り込んだ

胃薬を飲み、アミノ酸を摂ったりして
ぐったりしていると

ぐわぁTの女性が軽快に
エイドに駆け込んできた!



あ…((((;゚Д゚)))))))






ヨメはん!!!(゚д゚)




ついに、この日がきてしまったか…w



レースで初めて追いつかれた記念に

20190925212541ce5.jpeg

自撮っといた(笑)

当ブログは顔出しNGですので
お見せできないのが残念ですが、
お目目はこんな感じ


ヨメ : 活きた鮮魚の眼

オレ : 死んだ魚の眼(白目)



二人揃って出発しようとした時に
まるさきさんと入れ違いになりました

まるさきさんにサトさん何してますの!?!?
と言われてしまいましたw

…しんどくて休んでましたw


碇高原の下り区間

ヨメは軽快に下っていくのですが、
オレ、ついていけません(^▽^;)

下り坂ってのに、キロ6がやっと( ´△`)

ヨメの背中がどんどんと小さくなっていき
そしてまったく見えなくなりました……

あ~…今回は完全に負けたな……w

これで、オレはもう二度と
やべっちをイジれなくなったな( ̄▽ ̄;)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.