スタートから復路の七竜峠まで【丹後ウルトラ2019 レポ1】
サトです(・ω・)ノ


今回の丹後レポはチャチャっと
終わりたいなぁ…(妄想w)


(^◇^;)(^◇^;)(^◇^;)

レース当日の朝は2時に起床した
(…真夜中か(^^;;

おにぎりと味噌汁を口にし、
身支度をしてカブトムシさんご夫妻と共に
3時にホテルを出発した

スタートのアミティ丹後に到着するとすぐに
手荷物とドロップバッグを預けて、
そのあとにしっかりと薔薇を積んでから
村の仲間たちのところへ向かった

集合場所に

"丹後の壺売り教祖"

し〜やんがいないことに気づいた
誰からともなく

「サブ10狙いにもう並んでるんちゃうか?」

と、漏れ聞こえてきたので
ちょっと早いけど前の方に並びに行ったら
し~やんはいなかったw

あれ?おらへんやんと思い後ろを振り向くと
結構な人数がついてきていて
みんなヤル気マンマンなんやなぁとおもったw

で、せっかくなので

20190918201201bfa.jpeg

自撮っといた(笑)

あ、オレ、北海道マラソンの時と同じく、
鯖街道ウルトラの参加賞で貰った
冷感バンダナを頭に巻いて走ったんだけど、

これがのちのちに悲惨な事をまねくとは
この時つゆ知らずw



空気は昨年よりもカラッとしていた

今日の丹後の天気予報は
ピーカン快晴の真夏日予報だったけど、

空気が乾いているんだったら
じめっとするよりもずっと走りやすいだろうし、

これはうまくいけば記録狙えないかなぁと
思ったりしていたw

そうこうしているうちに
MCのわかちゃんから
チームを紹介されたりして
4時半となりスタートした



スタートロスはたったの12秒だったw

月明かりが輝く暗闇の中を、
日々のLSDで身につけた
体感心拍130のペースを刻んでいった

すると、若干ペースが遅いのだろうか?
後方から次々と抜かれていった

前方にいるやべっちの背中が
次第に小さくなっていき、
浅茂川のコーナーを曲がると見えなくなった

いっしょに走っていたやまけんさんは
七竜峠の上りに入るとじわっと前に出て、
そのあとじわりじわりと離されていき、
七竜峠の頂上のエイドで見失った

七竜峠の下りは心拍が上がらないように、
そして無駄に脚を使わないように、
ブレーキを踏みながら
ゆっくりと慎重に下っていった

次第にぼんやりと薄明るくなってきて、
すると、眼下に広がる海岸線と日本海が
目に飛び込んできた

空気が澄んでいるのか遠くの水平線まで
見渡すことができて綺麗だなと感じた


七竜峠をほぼ下り終えたところの10km

10km 00:59:51

キロ6のちょうどいいペースだった

少し進んだところに
tenkoさんを見かけて
ハイタッチをして通り過ぎると

そのすぐ先に正装のだれやねんが
今年も応援に来てくれていた

うん、期待してたよ(笑)

ひとことふたこと言葉を交わして
通り過ぎてふたたびマイペースに戻していった

空が青っぼくなり明るくなってきたので
ガーミンを確認すると、

心拍数は130の前半をうろちょろしていて、
ペースはキロ5分半から6分の間を推移していた

思い描いていた通りの理想のペースだった

この心拍数でこのペースを続けていけたら
予想外の好タイムが出るんじゃないか

碇高原を下り終えた残り20kmから
ペースアップできるのではないかと思った
(ものすっげえたぬきの皮(^◇^;)

15km過ぎのくみはまエイドに到着すると
梨をひとつふたつつまんで
トイレに駆け込みお腹を軽くしておいた

ふたたび心拍数130に合わせながら
淡々とマイペースを刻んでいっての20km

20km 01:59:16(00:59:25)

めちゃくちゃいい感じ(*´∇`*)



少し進んだら
60kmの部のスタートの
久美浜浜公園が見えてきた


おっ('◇')!!


山ちゃん、ミキティさん、井出さんだ!!


201909192210067e9.jpeg

「井出さんお久しぶりです~!」
のスナップショットw


このころはまだまだ元気で快調に走れていた

小天橋を超えた公衆トイレにピットインして、
ふたたび用を足して元気なうちに
お腹を軽くしておいた

マイペースをキープしたまま
第一関門の29km海山園エイドに到着

おにぎりを一つほおばり、
ちゃちゃっと出発しようとしたら、

やべっちが給水しているのを見かけたので
肩をポポンとたたいて
言葉を交わすことなく先を進んだ
(別に仲が悪いというわけではないw)

30km 2:59:49(1:00:33)

快調に走れていると思っていたら
地味に心拍数が上がり始めてきた

でもまぁ130台後半であれば問題なし

日が昇ってきて気温も上がりだしてきていたし、
ここまで30kmも走ったんだから
きっとドリフト現象だろうと思って
さほど気にもせずにこのままペースをキープした

陽が高くなると直射日光を
まともに浴びるようになってきた

うわぁ…ちょっと暑いなぁ…

これからもっともっと日差しがきつくなり
暑くなるのかぁと思ったら
ちょっといやになった

34kmの浜詰駐車場エイドで軽く補給し、
少し進んで復路の七竜峠の上りが始まった

昨年はここから調子がおかしくなったなぁと
思い出しながら軽い足取りで上っていたら

あれ??

何となくしんどい気がしはじめた

心拍数は140台

上っているから心拍が上がるのは
当然なんだけども、
心拍数とはまた違うだるさというか
おもたさというか、
身体を動かすのをやめたくなるというか…

要はなんでもない上り坂を走って上るのが
いやになり歩き始めた

頂上まで歩きっぱなしっての
気持ち的にはいやだったから
ガードレールの切れ端とかを目印にして
そこまでは歩いて上り、
次の何かしらの目印を決めては
そこまで走って上るってのを繰り返して
七竜峠の展望台のエイドに到着した

先ほどまでの身体の軽さはなくなり
おもたいというか、だるいというか
認めたくはないけど、しんどいなぁと
感じずにはいられなかった

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後ウルトラ2019レポ1ー前日はルーティンで (*^^*)ー
こんにちは、えむです (*^^*)

記憶って曖昧ね、、、
飲んでいる時は特に(^^;;

丹後ウルトラのアフターが終わって
ホテルへの送迎車に乗り込む時
カブトムシさんの奥さんが
「さしみ醤油美味しかった」
「どこのを使っているの?」
お店の人から教えてもらった
横で一緒に聞いていたのに
覚えていたのは
「にしがきで売っています」
「この辺だと〇〇店ですね」
でも肝心な〇〇は覚えていないし
醤油名もすっかり忘れていた(^^;;

まあ実物を見たら思い出すかと
色々探してみても、2人とも曖昧
カブトムシさんが調べてくださって
有名らしいと言われた醤油
うーむ、こんな名前じゃない
自信たっぷり言い切った私、、、
結局これが正解でした
(カブさんの奥さんがお店へ電話して確認した)

えむはさしみ醤油じゃなくて
ポン酢醤油を買って
早速お豆腐にかけたところ
めっちゃ美味しい (*^^*)
ちなみに答えは坂長醤油

* * * * *

9/14(土曜)午前8時半
カブトムシさんの車に乗せて頂いて
ロボッチと待ち合わせ
5人で丹後へ向かう

休憩したSAで
万願寺とうがらし詰め放題(100円)を見つけた
好物なのよ〜
新鮮なものを100円で詰め放題

ぎゅうぎゅうに詰めたつもりが
「そんなんじゃ気の毒やわ」
と言われて
いっぱいオマケをもらったよ
丹後201906

ここからはルーティン
ハテナ食堂へのご挨拶
(今年お願いに行ったら)
(覚えて頂いていたようで)
(どうぞどうぞとお借りできることに)

お昼はバラ寿司
丹後201905

受付へ行って
丹後201910

お茶席に寄ってから
ホテルへ向かう

夕飯食べて
丹後201907

丹後201909

大浴場へ行って
荷物を片付けて20時に消灯
明日頑張れますように
暑さは程々でお願いします
色々考えながら寝たり起きたり
横になっていれば大丈夫
自分に言い聞かせていた


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
完走も危うかった丹後ウルトラ
サトです(・ω・)ノ


ゴールしてから更衣室に移動し、
ささっと速報記事をあげて、
ほっとひと息していたら



( ̄▽ ̄;)!!ガーン



カラダがうごかないぃぃぃ!!(>_<)

何とか着替えて
更衣室からゴール前へ移動するにも
フラッフラでまともに歩けなくって

レースの途中に何度もリバースしたから
空っぽの胃袋に何かを入れたら
ましになるかもと思って
屋台のうどんを食べてみた

少し落ち着いたところで
制限時間10分前のゴール前へ移動したら
今度は胃がキリキリしだして
まともに立っていられなくなった
(うどん失敗w)

道端に座ったまま人垣の隙間から
感動のゴールを見届けて、

ヨレヨレのオレをカブトムシさんの奥さんに
ホテルまで連れて帰ってもらい
ベッドに横たわると
動けなくなって終了>┼○ バタッ

アフターはキャンセルしました(T_T)


・・・


これって今年の飛騨高山ウルトラと
まったく同じパッターンですわ…

オレはとにかく胃腸が弱い(>_<)

これってウルトラ走る人にとっては
致命傷かもしれないなぁ……


12時間41分


飛騨高山ウルトラより
2時間近く遅れてのゴール

丹後のPBからも1時間の遅れ

暑さと日差しにやられたのが原因?

いや、北海道マラソンを激走した疲れが
残っていたのかもしれない

中2周のローテーション
厳しかったかなぁ…


(~_~;)(~_~;)(~_~;)

前半戦は作戦どおり
心拍を130に整えながら進んだ

ペースはキロ5の後半におさまった

昨年よりペースは遅かったけど、
5分台で刻むことができたので
調子は悪くないと思った

ところが、昨年に続き今年も
40km手前の七竜峠から
しんどくなり始めた

40km過ぎの "ごえ家エイド" にて

昨年は「死んでますやん」と言われたけど、
今年は「死にかけてますやん」と言われたw

この方に (写真つきw)

元気な体を振る舞ってみたけれども、
図星だったw

この地点で嫌な予感がした


直後の浅茂川エイドに着いて
うどんを口にしてみたけど
なかなか喉を通らなかった

食べないと完走できないのは
わかっていたから、
水を飲みながら胃袋へ流し込んだ

そのあとお腹をこわして
54km弥栄エイドではトイレにこもり

73km碇高原エイドでは
20分以上身体を休めて
次に進むべきか自問自答した

”いのちだいじに”をテーマにしていたから
やめるべきだったのかもしれないけど、

昨年は止めてしまって後悔したから
今年は歩いてでも良いから
ゴールまで進もうと決めた

かおりんさんからもらった"謎の漢方"と、
持参した胃薬を飲み続けながら
エイドで食べ物を少しだけでも口にして
いのちを繋いでいった

いったんは復活したんだけど、
90kmを超えてから
またおかしくなってきて

ラスト5kmはこれまでのウルトラの中で
いちばんしんどかったかもしれない
なかなかの苦行だった(-_-;)

制限時間的には余裕があったから
ダダ歩きして何とかゴールできたって感じです

丹後はDNS、中止、DNFと続いていたから
タイムは関係なく
まぁとにかく完走できてほっとしました


ただ、代償は大きいかもしれないなぁ…

今朝の時点でもカラダは結構ボロボロですわ

3週間後のあざいお市ハーフ
翌週の四万十川ウルトラ60kmと続くけど、

マラソンシーズンに突入するってのに
調子を戻せるのかちょっと心配…

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
続きを読む
丹後ウルトラの翌日 (*^^*)
こんにちは、えむです (*^^*)

コメントへのお返事が遅くなっています
ゴメンなさい
もう少しだけお待ちください

今日のブログはサトさんの番だけど
ダメージが大きいようで
元気なえむがお届けします

しばらく2人で
タンゴ、タンゴと唱える日々が続きます
よかったら灼熱丹後レポ
お付き合いくださいませ (*^^*)

* * * * *

丹後ウルトラ翌日

パッと目が覚めて
時計を見ると6:50
よく眠れた (*^^*)

去年はベットから起き上がるのも
難しいくらい全身が痛かったんだけど
後半いっぱい歩いてほぐされたのか
出し切っていないのか、、、(^^;;
ダメージはほとんどなし
若干の筋肉痛くらい
胃腸も大丈夫
食べられるし、ビールも美味しく飲める
ただボーッと眠たいかな
さすがに体が休息を求めているんだろうね
すぐにでも走れそうだけど
自粛して少しゆっくりするつもり

調子がいい時ほど故障しやすい
本当に気をつけよう

お風呂入って
朝ごはんを食べて
チェックアウトの時に
来年の予約をしておいた

実は丹後のホテル
予約をしたのは今年の2月
その時点で丹後前日の禁煙は満室
消臭対応してもらえるんだけど
体調によってはタバコの匂いで
頭が痛くなることがある
喫煙→禁煙と
部屋を変わることになった

少しだけ面倒だったのと
タバコの匂いが
やっぱり気になったので
早めに禁煙部屋を確保したい

来年の丹後ウルトラの日程は
決まっていないけど
例年の感じから決め打ちで予約
もうすでに結構予約が
入っているらしい
(みんな物好きね〜)
(あ、私もか!)

ホテルを出て思ったのは
あれ?涼しい

カブトムシさんご夫婦と一緒に
お買い物して、碇高原方向の
お蕎麦屋さんへ向かう

ちょうどお昼時の碇高原方面
ウルトラ当日は
29℃(し〜やん調べ)
30℃(サト調べ)の電光掲示板
(えむは見逃した)
(というか目に入らなかった(^^;;)
丹後201903

日差しは少なめ
気温も低め
これが昨日なら走りやすかったのにね

丹後201901

丹後201902

蕎麦湯まで美味しく頂いた (*^^*)

食事を終えて外に出ると
なんと雨!
これが昨日だったら、、、(以下略)

夏と秋のせめぎあい
日差しの有無
この時期はしょうがないのかな
来年はコンディション良い中で
自分の力を試してみたいな


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
【結果】丹後ウルトラマラソン(*^^*)
えむです(*^^*)

走り終わって
ホテルへ戻って
アフターへ行ったら
ブログを書く余裕がなかった

いや〜暑かったね
いっぱい歩いたので
ダメージはほとんどなし
なので100k走ったわりには
元気にしています

記録は、、、
出し切ったとまではいかないけど
元気にゴールできたから
良かった良かった(*^^*)

20190916075042056.jpeg

たくさんの応援
本当にありがとうございました


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
【速報】丹後100kmウルトラマラソン
サトです(・ω・)ノ


丹後ウルトラ
100kmの部を走ってきました


2019091517430814d.jpeg

何とか完走できました
4年ぶり〜\( ˆoˆ )/

にしても、、、

あまりにもしんどすぎて
何度も完走できへんかもとおもた>┼○ バタッ

ただいま、更衣室でひとり、
ホッとしているところ(=´∀`)

たくさんの応援
ありがとうございました(^^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
明日は丹後ウルトラマラソン(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

明日は丹後ウルトラマラソン
今の気持ちは
ドキドキ緊張している

体調は悪くないし
自分なりに練習もできた

それでも
半日以上体を動かし続ける
非日常な1日

100k走るのは3回目で
まだまだ慣れない

それと気象条件ね

木曜日
それまでの蒸し暑さから
カラッとした秋の空気に変わった

うん、これなら走れるかもしれない
期待したんだけどね…
どうやら
夏と秋の空気がせめぎ合い中らしい

日曜の大阪は猛暑日予報(>_<)
大阪天気20190913

丹後は、、、
2019091322391465b.jpeg

2019091322391151b.jpeg

うん、暑いね
めっちゃ良いお天気!

灼熱の丹後を想定した
準備をしているので
カラッとすればラッキーくらいに
思っておこう

ウルトラマラソンでは
手持ちのものは塩飴くらいで
エイドで固形物を食べる
(ジェルは待つけど、ほぼ使わない)

今回は初めて
自分で補給食を持って
早めにエネルギー補給してみるつもり

というのも
鯖街道の時に
序盤眠たくなって…

睡眠不足だったのかなと
思っていたら
エネルギー切れの可能性を
指摘されたから

ウルトラは長丁場なので
美味しいものを準備してみたよ
丹後ウルトラ2019補給

おやつも混ざっているね(^^;;
職場でもらった羽二重餅
補給にちょうどいいと思って
持って帰ってきた

スティックは水に溶かして飲むもので
熱中症対策

あとはエイドを楽しんで
景色を楽しんで
ランも、、、
楽しめるといいな

それでは、行ってきます (*^^*)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後の目標
サトです(・ω・)ノ


先週の土曜日は
久しぶりのスピ練
(マイコース5kmTT)

201909120651128f9.jpeg

赤のヴェイパーフライにて
20分切りチャレンジ!

201909120651132da.jpeg

暑すぎて走れるかい!!(`・∀・´)
…4秒足らず(↑言いわけw)



日曜日はマイコースLSD

暑くなりそうな丹後になれるべく
真っ昼間にゆっくりジョグ決行

20190912070051e1a.jpeg

37℃はやっぱりキツい(>_<)

20190912070607af2.jpeg

最後は余裕なしの
27km 3時間

これにて走るの終わり
身体は仕上がったと思う


* * *

昨年の丹後を繰り返さないために
昨年の記録を振り返ってみた

20190912201021391.jpeg

第三関門の弥栄庁舎でDNF

20190912201018f60.jpeg
20190912201020768.jpeg
2019091307235101b.jpeg

七竜峠を超えてから
キロ5の前半で攻めた

すると、
40kmを超えてからしんどくなりはじめ、

2度目の七竜峠を超えたら
キロ6がキツくなり

そして、
50kmで走れなくなった

(思い出した。めっっっちゃ辛かった(T_T)


おそらく原因はこれ

20190912201018be6.jpeg

さいしょっから心拍数が
140を超えていたんだよなぁ…

涼しい時間帯は気持ちよく
快調に走れてた

まったく気にならなかったけど、
日が昇り気温がぐんぐん上がりだしたら
途端にしんどくなった

LSDしている時の心拍数は130前後
この心拍数なら身体に負担はない

ところが、
140以上の心拍数で走ってたら
ゆっくりでもやがてしんどくなる
身体がもたないですね

やはり、心拍数がポイントだなぁ…

てなわけで、
2度目の七竜峠の40kmまでは
心拍数130(台)

鉄の意志で守る
ペースは考えない

70km過ぎの碇高原までは
無理しないこと!
攻めないこと!!

…ブログに書いたら守るやろw

碇高原を下った80km地点で、
まだまだ身体に余裕があれば、
少しペース上げようと思う
(まぁそんなことはないと思うけどねw)



当日の京丹後市

20190913065756102.jpeg

少し気温 下がったな(°▽°)

関西も昨日から空気が変わって
過ごしやすくなってきてるけど、

週末はまた
蒸し暑さが戻るらしい…( 一一)

てなわけで、

おとつい書いたように
今回はとにかく

"いのちだいじに"

ゆっくりでも最後まで
しっかり走ってゴールすることが目標

そして、ダメージを残さないようにすること

ここが本番ではない

マラソンシーズンに
つないでいきたいと思います

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
灼熱の丹後ウルトラマラソン〜完走に向けてアレコレ考える(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

木曜日はスピ練
昨晩、夕飯の段取りをしている時に

えむ「明日スピ練行ってくるわ」

サト「オレ、もう走らへんで」
「何のために行くん?」

何のためって、、、

え「刺激入れかな」

サ「ウルトラの刺激入れにスピ練いる?」
「それより疲労抜きした方がいいんちゃう?」

え「・・・」

そう言われたらそんな気がしてきた(単純)
今日はスピ練お休みして
丹後の準備を始めよう
(ほとんど何もしていなかったわ)

* * *

天気予報を眺めては一喜一憂
いや、一憂二憂していたね(^^;;
でも、もう腹をくくったよ
今年の丹後は灼熱
せめて曇りならいいんだけどね…
とっても良いお天気みたい(^^;;

9/11 22:30現在
20190911222725b1c.jpeg

20190911222742704.jpeg


100k走るのは3回目
まだまだ分からないことだらけ
ただ暑いと走れないのは
この夏何回も経験した

だから
現在の願いは1つだけ
「完走したい」

キロ7で走る事は
当日の気象コンディションが
よっぽど良くならない限り諦める

関門を見ながら考えてみた

第一関門(29.6k) 4時間10分
第二関門(54.0k) 7時間半
第三関門(71.8k) 10時間10分
第四関門(84.9k) 11時間55分
ゴール(100k) 14時間

100k14時間を単純に計算すると8'24/k

第一関門まで29.6kを8'27/k
第一関門から第二関門まで24.4kを8'11/k
第二関門から第三関門まで17.8kを8'59/k
第三関門から第四関門まで13.1kを8'00/k
第四関門からゴールまで15.1kを8'16/k
(間違っていたらゴメンなさい)

よし、少し余裕を見て
ガーミンの平均ペースでキロ8を目安にしよう
(エイド込み)
これなら完走できるはず
エイド滞在時間はなるべく短く
歩いてもいいけどダラダラしないよう気をつける

アームカバー、首のバンダナは
適宜水をかけて冷やす

ボトルを持って十分給水する

胃薬は早めに飲む

食べられる時にしっかり食べる
エネ餅、ジャム屋のジェル
早めに補給する

塩熱サプリ、塩飴、梅干し
定期的に補給

小銭を持つ

荷物が増えるので
フリップベルトじゃなくて
ウエストポーチにする

ドロップバックに
凍らせた水を置いておく
(給水やかぶり水が追いつかなくなった時のため)
(まあ保険かな)

装備は涼しく
首の日除けがついた帽子
(丹後合宿で効果を実感した)
ノースの6ポケットパンツとぐわぁT

100kのゴールテープ
元気に切れますように (*^^*)
命大事に頑張ってきます


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
7年ぶりの灼熱の丹後/別大エントリー
サトです(・ω・)ノ


月曜日

勝負レースの別府大分毎日マラソン
エントリー合戦に参戦

20190910065054829.jpeg

なかなかつながらず、やきもきしたけど、
10分後に無事エントリーできました!
(ふ〜やれやれ(^◇^;)

これで、今シーズンのフルマラソンは

・大阪マラソン
・加古川マラソン
・別府大分毎日マラソン

3つが確定

あとは、

東京マラソンもしくは静岡マラソンを
予定してます!
(当たれば東京です)



* * *

さて、

今週末は丹後100kmウルトラマラソン

なんだかあっちゅう間でした(^^;

実はいちばんエントリー数の多い大会が
この"丹後100kmウルトラマラソン"
(意外でしょ!)

2011年から9年続けて
エントリーしているのですが、

実際に走ったのは6回
そのうち2回がDNFという
とっても相性の悪い大会です!!!
(でも好き♡)

飛騨高山ウルトラの記録と比べると
相性の悪さが記録にも表れてます

【飛騨高山100k】
2013年 13:24:00 PB
2014年 12:15:50 PB
2015年 未エントリー
2016年 故障でDNS
2017年 11:56:09 
2018年 11:03:48 PB
2019年 10:47:24 PB

走ればPBの飛騨高山に対して


【丹後ウルトラ100k】
2011年 07:51:20 ※初60km
2012年 13:52:13 ※初100km
2013年 73kmDNF
2014年 11:48:26 PB
2015年 13:47:12
2016年 目眩でDNS
2017年 台風で中止
2018年 54kmDNF
2019年 

DNSやら、DNFやら、中止やら…w

これってなんなんでしょうねぇ〜w
(生涯2度のDNFはいずれも丹後( 一一)

コース自体は飛騨高山よりも
やさしいと言われているんだけど、

どうも、うまく走れないんす…

昨年、体調良かったから、
PBを狙いに前半から攻めていったら
40kmで完全に終わりましたね(~_~;)

で、55kmで前に進めなくなったw

それはたぶん、
コース形状によるところが大きいんだと思う

スタート直後の七竜峠を超えたら
30kmほどフラット区間が続くので、
気温低めの朝の時間帯に
貯金しておきたい心理がはたらきやすい

で、40km手前の2度目の七竜峠で
脚と身体が終わりはじめるパッターンですw

でも、今年はそのパッターンだけは
ぜったいに避けなければならない

なぜかというと、、、

当日の京丹後市
2019091106351252a.jpeg
(tenki.jp)

いちばん恐れていた
"灼熱の丹後"になりそうだから(o ̄∇ ̄)o!!ガーン

忘れもしない

はじめて100kmに挑戦した2012年
最高気温32℃の"灼熱の丹後"

その時の完走率

201909102005145c3.jpeg

50%切った(白目)
2人に1人しか完走できなかったんだよ
(初ウルトラでよく完走できたな( ̄◇ ̄;)

女子は40%
5人のうち2人しか完走できなかったんだよ

100kmに挑戦するんだから
それなりに走力を持っている人たちでもだよ

エイドの水は早々と売り切れ、
かぶり水もなくなって、
給水車がそこかしこに駆け回っていた

熱中症のランナーが続出し、
あちこちで救急車のサイレンが鳴り響いていた

今年は2012年の再現が起こりえる
恐ろしい気象条件だってことを自覚して
挑まないといけないと思うんだ

オレ、身体はそれなりにできてるし、
体調も悪くないんだけど、
今回ばかりは、

”いのちだいじに” をモットーに
作戦を考えます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.