ICOCAがなーーーい!!!
サトです(・ω・)ノ


今月も200km超えたよ!
ふぅ〜やれやれ(^◇^;)

通勤ジョグを終えた直後の、
汗だくの身体で改札を通ろうとしたら
"ピンポーン"と鳴ったので、

再度スマホケースを
ICリーダーに近づけた



シーーーン……w



(・・∂) アレ?


感度悪いな???

もいちどICリーダーに
スマホのポッケを両手で密着



反応なし……w



アレ_(・・?..)?アレェ



ICカードを取り出そうと
ポッケをまさぐると、、



ない!?



ないない!?!?




ICOCAがない(白目)




・・・



・・・




( ▽|||)サー



ICOCAどっかに落としてしもた>┼○ バタッ



いやいやいやいやいやいや!!!

ICOCA、
今日ポケットから出し入れしてないし、

行きしなはちゃんとあったし……


どこや?
どこにいったんや!?!?

身体のあちこちを探しまくっても
どこにもない……

周りを見渡しても落ちてない……



|||||||(* ̄ロ ̄)ガーン|||||||



通勤ラッシュの改札口の真ん前を
ひとり呆然と立ち尽くす汗だくのおっさんw

大迷惑ですねぇ…w

ひとまず、現金で切符を買って
改札をくぐってトイレで着替えて

帰りの電車の中で、
今日一日の行動を振り返ってみた



往きは問題なく職場に行けた

この日(7/30)は午後から社用車で外出

市役所に行き行政の手続きをして、

帰りにコンビニに立ち寄り、
クオカードでアイスコーヒーを購入した

クオカードを取り出す時に
確かICOCAとクオカードが重なって
ひっかかったのを薄っすらと覚えている

てことは、その後の行動……


う~む……
思いつかない( 一一)


あとは、作業着の胸ポケットに
滑り落ちてるくらいしか
思い当たらないなぁ……




(゚ロ゚;)アッ!?



帰りの通勤ジョグの時の

20190731210714f89.jpeg

この写真を撮った時に
スマホのポッケからICOCAが
滑り落ちてしまったのかも……



ありえる( 一一)



それやったら既に拾われてるかもなぁ……


とにかく、明日、早めに職場に行って
作業着とロッカー周辺を探してみよう!

そこに無かったら、警察署に届いているか
確かめてみよう!

もしも届いてなかったら、

20190802063706b1c.jpeg

紛失再発行してもらおう



で、翌日(7/31)

いつもよりも更に早めに職場へ行き
作業着、ロッカーを確かめてみたところ、、、


見当たりませんでした(´;ω;`)ウゥゥ


急ぎ、社用車で昨日立ち寄ったコンビニへ向かい
落し物を確認してみたところ、、


そこにもありませんでした(>_<)


すぐに近くの警察署に向かい、
落とし物として届いていないか
聞いてみたら、、、


届いてなかった(´;ω;`)


もうあかんな……>┼○ バタッ


速攻で、JRのみどりの窓口に向かい
紛失再発行手続きを取った

20190802063706f0f.jpeg



んで、翌日

201908020637082fd.jpeg

無事にICOCAが再発行されました(*´∀`*)


早速、ICチャージ残金を確かめてみた

確か4000円ちょっと残っていたはず……



3815円……w



( ̄ー ̄?).....??アレ??



使われたような、
使われてないような……
(これはおそらく使われてないw)

て、ことは、、、

どこにいった???



今回の騒動に係る損金は、、、

JR電車賃 780円
駐車料金 200円
再発行手数料 1010円

計 1990円

で、済んだ\(^o^)/

いや~助かった(^^;)


これ、もしも磁気式の定期券だったら
定期代がまるまる損する上に
更に新規に定期券を購入しないと
いけないから、ほんとIC定期券て
便利がいいな(^^)


にしても、、、

どこにいっちゃったんだろう???


と、思いつつも、
半ばもうどうでもよくなっていた


で、、、

昨日、留守電に一本の電話が……


「JR西日本の忘れ物センターの者ですが、
 お客様のものと思われるICOCAカードが
 地下鉄構内で拾得物として届けられております…」




・・・




( ̄◇ ̄;)へ!?




地下鉄!?!?(゚д゚)


どうやら、行きの地下鉄構内で
落としてしまっていたようですw


コンビニの支払い時に
ICOCAとクオカードが重なっていたって
思い出したのは一体……
(オレの記憶が当てにならんことを証明してしまったw)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.