千光寺攻略の秘策【飛騨高山ウルトラ レポ6】
サトです(・ω・)ノ


丹生川エイドの洋式トイレに
飛び込むこと数分

本日2度目の薔薇積みが無事に完了すると
本当にすっきりしたw
(お昼時になんども失礼(^人^))

下腹部が軽くなっているのを確認すると
おにぎり、パン、フルーツを口に入れて
(名物の飛騨牛は今回パスした)

トイレロスをカバーするべく
すぐにエイドを出発した



肌寒かったスキー場の時とはうって変わって、
少し蒸し暑くなってきた

とはいえ、
お日様は雲に隠れているので
焼けるような暑さは感じない

今日はとっても走りやすい

そんな好条件のお陰なのか、
キロ5分台を楽に刻める余裕があった

そーいや、チャレ富士の時は
50kmを超えた途端に脚が動かなくなり、
キロ7の世界にどっぷり浸かったなぁ…w

あの頃から多少は走り込みができてるし、
今日はまだ十分に手応えあるな(^^)v


ってなことを確かめてると
60kmに到達した

6:24:48

遅いのか速いのかよくわかんなかったけど、
11時間切りを狙ってる中で
残り40kmを35分の貯金があると考えると

ここまで結構いいペースで
きているのかもかもしれない(°▽°)

でもすぐに
100kmの部の最大の難所
千光寺の山越えが待っている

ふもとから千光寺まで
たったの2km
しかし高低差が300mもあり

ここを調子乗って駆け上るってことをしたら
そのあとにジゴクを見ることになるってことを
オレは身をもって知っているw

この区間を体力と脚力を温存しながら
いかに乗り切るかってのが
後半戦を戦う上でとても大切だ!

で、オレはその千光寺の鬼坂を攻略するために
ある秘策を用意していた

20190623184826bfb.jpeg

すぐ先を右折して

20190623184827fc0.jpeg

千光寺の鬼坂が始まると、
早速、作戦の実行に取り掛かった


スマホのブラウザーを立ち上げ、
お気に入りのブログを読み始めたのだw

この鬼坂区間はスマホの画面に集中して、
坂を上ってることを意識しない偉大な作戦だw

我ながら良く思いついたな!
自画自賛しながら上り始めると

すぐにアンテナが一本、
また一本と減っていって
終いには圏外になりましたw


( ̄▽ ̄;)!!ガーン


ここは山の中だってことを
すっかり忘れていた( 一一)

てか、某キャリアの基地局の少なさまで
頭に入っていませんでしたw

…作戦が浅はかすぎた_| ̄|○


しょうがないから

20190623205554316.jpeg

ブログ用の写真を撮り始めましたw

201906231848304f9.jpeg

(この傾斜角、わかります?)

20190623184838739.jpeg

(あ〜しんど(><)

えっこらよ、と、ベタ歩きで
上り続けること20分

ようやく着いたよ

201906240633064ce.jpeg

飛騨千光寺

仁王門の天井

20190623184833de8.jpeg

201906231848346c6.jpeg

おぉぉぉ!すごいね(°▽°)
(ロボッチから門をくぐる時に
上を見上げらようにと言われていたの)

20190623184836792.jpeg

煩悩の108段の階段を上ると

201906231848395ac.jpeg

本堂にとーちゃく

20190623184840099.jpeg

11時間カットできますように(^人^)

と手を合わせて近くのエイドに向かったら
いつのまにかアンテナが立ってましたねw

オレの作戦、使えねぇ〜( ´△`)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.