丹後ウルトラ[レポ4]終焉
サトです(・ω・)ノ


* * *

43キロ浅茂川漁港エイドで
楽しみにしていたうどんが
半分しか食べれなくて
いよいよ胃腸まで調子悪くなってきたんかと
軽く絶望しながら出発した。

エンジンを吹かし気味にして
無理やりキロ6に持っていこうとしたら
それがもうしんどいのなんの…

飛騨高山ウルトラの時は
千光寺を下ったあとの70キロの地点では
楽に545で走れていたのに、
いつもなら余裕で5分台で走れるはずなのに
今は全く手ごたえがない。

海岸線から内陸に向かう緩やかな上り坂は
走る気にもなれず呼吸を整えながら
ゆっくりと歩く。

下りは頑張って小走りしてみたけど
やはり思うように脚が進まない。

そしてどんどん陽射しがきつくなってきた。
これは暑い、汗が吹き出る。

しだいにキロ6が溢れるようになり
なんだか脚がおかしくなってきた。
感覚が重いというか鈍い。

もしかしてこれは脱水症状?

あわててポッケの塩タブを数粒口に入れ
噛み砕き飲み込んだ。

そしてようやく50キロの電光時計が見えてきた。
やっと半分か、これからあと半分あるのかと
想像したら絶望しかなかった。

50キロ 5:02:14(ペース1:06:18)

45キロ 556
46キロ 556
47キロ 557
48キロ 831 ←上り
49キロ 603 ←下り
50キロ 614



50キロ過ぎの丹後王国前エイドで
やまけんさんに追いついた。
やまけんさんもクタクタだ。
塩分を補給し、頭から水をかぶる。

少し先には応援隊の「はてな食堂」があるから
そこで休もうと思い先に出発した。

きつい上りをゆっくり歩き、
下ってゆるやかに左折すると
「はてな食堂」が見えてきた。

20180925070015fc0.jpeg

わっ!かおなし!!!

じぇーてぃーさんでしたw


到着するなり、サトさん大丈夫?
という声があちこちから聞こえた。

…うん、大丈夫じゃないw

フルーツをいただき、
奥の椅子に座らせてもらう。
肘を膝につき、ぐったりうなだれる。

脚がジーンとしてる。。。
頭がボーッとしてる。。。

あかん、、、これは熱中症かもしれん

5分ほど座ってると少し頭が
シャキッとしたような気がした。

休んでる間にやまけんさんが
先に出発していくのが見えた。
その姿を見て立ち上がると軽くクラッとした。

その姿を見かねたかおりんさんが、
これ持っていき!と
"謎の漢方"を手渡した。

ありがとう……今飲むわ

謎の漢方ってのは、
りょうたさんと走った3年前の丹後の
碇高原へ向かう途中に
かおりんからもらった漢方薬で、
死にかけていたオレがこれを飲んで復活した
とても縁起の良い代物。
(中身がわからんから謎な)

今回も謎の漢方で大復活を期待!
薬を飲んでトボトボ歩き出す。

201809250721561d2.jpeg

信号を右折してゆっくり走り始めると
はじめはキロ6で走れてたのにすぐに失速した。

心拍は160を超えていた。
平たんで、キロ6分半で、心拍160台はないわ。。。

やはり脚の感覚が鈍い、おかしい。
歩いて様子をみてると、
今度は両腕の感覚も鈍くなりはじめた。

歩いたりジョグったりを繰り返してると
遠目に53.8キロ弥栄庁舎エイドが見えてきた。

手前の赤信号で立ち止ってると
両腕が軽く痺れ始めているのに気づいた。

これって、、、
昨年のさが桜の症状と一緒やん!

これは、まずい、やばい
このまま進んだらぶっ倒れるかもしれん…

(さが桜はこの後記憶があやふやになり
ゴールしてから医務室に運ばれた)

やめるならここやな……
ついにDNFが頭をよぎった。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.