【奥熊野いだ天ウルトラ】レポ4〜何でもないような坂が、拷問だったと思う
サトです。


* * *

20180501095933c51.jpeg

やっとこさ3つ山目の上り口に到着
あとひと山越えたらゴールに近づく。

よし! 気持ち新たに上りに挑むゾ(`・∀・´)




2018043010502197d.jpeg

「頂上まであと7キロ」
って遠くね?

目がくらむオレ(@_@)





(°▽°)アッ!!


もしかしたら、
上るのとフラットでは使う筋肉ちがうし、
これは意外とスイスイと上れたりして〜!

と思い、ちょちょいと駆け足を試みようとしたら
全く足がついてきませんでしたw



え、ウソ!(゚д゚lll)



両足の太もも

まっっっっっっったく

力が入らないんですけど…







オワタ( ̄▽ ̄;)




完全に終わった

ここ歩いて上るのも
結構ツラいで…

しかも7キロも続くって…



気が遠くなり
ほんまに白目むいた(o_o)



・・・



ゆっくり前に進むしかできないよ
ゴールが果てしなく遠くに感じる(;▽;)



ゾンビの如く (想像です)
のっそり、のっそり足を運ぶ…



ガーミンを見る。
13時半を越えていた。



そういえば、
オレにはミッションが与えられていた。

走力的には一番にゴールする筈だから、
オレには帰路のお弁当や飲み物を調達する
ミッションが与えられていた。

ミッションを果たすには
遅くとも16時にはゴールし、
さっと風呂に入り紀伊勝浦駅へ移動する
必要があった。

16時まであと2時間半
残りは15キロ…

いつもなら余裕で間にあうけど、
キロ15分以上もかかっている現状、
16時には間に合わないかもしれない…




マジ、やべぇ (|||▽||| )




トボトボ歩いてると
一人、また一人
小走りで追い抜かれていく。

そう、上りとは言えども
そんな大した勾配ではない。

いつもならタッタッタッと
駆け上れちゃう傾斜

なのに、

カラダが動かない
足が進まない

悔しくて、悲しくて、
先が遠くて、
途方に暮れた…



拷問のような1時間が過ぎ、
進んだ距離は4キロほど

55キロのエイドに到着するやいなや
パイプ椅子に座り込んでしまった。

非常にマズイ状況
DNFが頭をよぎる…

が、ここで止めても山の中
結局歩いて戻るしかない。


2分だけ休憩しよう…


両肘を膝につき、首を下げ、
ぐったりとうなだれていると、、、



マッスルゴリさんだ!
ついに追いついてきた!!!

ゴリさんはパワフルで
元気いっぱいの体だった。

201805011942536d0.jpeg

チカラみなぎるゴリさんと
ゾンビなオレw



一言二言 会話した。

ゴリさんなら16時には絶対に間に合う。
よし!ゴール後のことはゴリさんに任せた!!

ゴリさんは力強く駆け上っていった。



ふたたびトボトボ歩き始める。
ゴリさんの姿を見て元気が出たのか
少しペースが上がった。

ところどころの平坦な道は
小走りできるようになった。

そして20分程過ぎると視界が広がった。

どうやら山を登りきり
てっぺんの南平野三差路エイドに到着したようだ。

時刻は14時50分

残り9キロ
あとは、下るだけ。

果たして16時に間に合うか??

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.