【別府大分マラソン】レポ3~既視感~/びっくりしたよ姫路城マラソン
サトです。


いや~びっくりしました!

えむの姫路城マラソン

今やタイム志向ではなくなったえむが、
これまでネットタイムしか興味なかったえむが、
裏目標でグロスでサブ3.45狙ってみると
言い出したのにまずは驚きました

グロス3.45には特別な意味がありましてね
既にバレバレかもしれませんが…

えむのPBは、ネットで3時間50分前半
グロスで45分切るとなれば
スタートロスを入れると
ネットで40分前半で走らないと届かない

てことは、
PBを10分ほど更新しないといけない

今シーズンは調子が上がらなかったから
えらい野心的な目標を掲げたなぁと
思っていたんですよ

そしたら
ほんとに獲ってしまった!!(´⊙ω⊙`)

道中は積極的に攻めているのがよくわかった
応援ポイントを通ったときは
身体が動いていて、
顔つきもしっかりしていた

最後は届くか届かないかの
ギリギリの攻防だったから
それはもうドキドキでしてね
すっげぇエキサイトしました(^^;)

ゴールタイムを確認した時、
一緒に応援していたおぐらさん、
山ちゃんの前ではごまかしていたけど、
ちょっと感動しちゃっててね
本当はウルウルしていたんですわ(^◇^;)

なんだか手前味噌で誠に恐縮なんだけど、
今回のえむは本当によく頑張ったと思う

練習の調子が上がってないのを
間近で見てきたから、
なおさらそう思うんだ

それにしても練習過程を含め
オレとは全く正反対な結果ですな(白目)

…オレ何してんだよ(滝汗)

はい、つぎ、がんばります

※夜は2人で軽く祝杯を上げました(^^)



* * *

ハーフの電光表示
1時間32分50秒弱で通過した

ざっくり考え
ゴールは3時間5分オーバー

既に5分カットも微妙なところ…
ペースは425前後を推移していた

やはり地味にペースが落ちてきてる
足は変わらず重たい感じが続いている

このままズルズルと
後退していきそうな雲行きだ…

何とかしないといけないと思い、
計画を変え急遽メイタンゴールドを摂ってみた

これが良い刺激となるのを願うばかりだ



海岸線沿いのバンク区間に入る
すると強烈な追い風
背中を押してくれている!

ここは意識的にストライドを伸ばし
風の恩恵を目一杯受けとろう

23キロ 415

10秒ほどペースが上がった(°▽°)

よし!メイタンも効いてきたし
ここから復活祭だ!!!

24キロ 428


・・・


ダメだ〜(>_<)
全く波に乗れない(´;Д;`)

ほんとにオレ
今日はどうしちゃんたんだろう??

25キロ 1:49:59(公式)
(20-25キロ 22:05)

21キロ 425
22キロ 428
23キロ 415
24キロ 428
25キロ 425




海岸線が終わり
大分市街が見えてきた

例年はこのあたりから
足の疲れが出始めるところ

今年はと言うと
既に足がくたびれている…(。-∀-)

心拍は160後半まで上昇していた

ほんとにメイタン効いたの?
と思うくらいどんよりとした感覚に襲われていた

エネルギー不足?
そんなことも思い
25キロ過ぎにマグオンを摂ってみた

大分駅前の交差点を左折し
市街地を走ってると、
心拍が180まで急上昇しているのに気づく(゚ω゚)

うっそ!…異常値?だよな??

と、かなり混乱しつつも、
今日はスピード乗らないし、
もしも体調の異変だったらまずいと思い
意識的にペースを下げていった

430の半ばまでペースを落とすと
途端に160半ばまで戻った

単なる異常値だとは思うが
やっぱり調子が悪いんだ、と
想わずにはいられなかった



新川交差点を右折し
前方に大分川の陸橋が見えてきた

その手前で先頭ランナーゴールの
花火が上がった

そっかー、、、
別大はいつもこのあたりで
花火を眺めるんだよなぁ...

この先を右折したら陸上競技場だし、
はぁ~ショートカットして戻りてぇ。。。

それにしても
今までで一番橋に近いところで
花火あがったなぁ…

そっかー。。。
サブスリーはダメだったし、
5分カットも難しくなったけれども、
このペースをキープでけたら
10分カットのPB更新は十分射程圏やん!


・・・


まだまだ諦めたらあかん!
ここには勝負しに来たんやで、オレ!!

っし、もうひと頑張りしてみっかᕦ(ò_óˇ)ᕤ

気を取り直して
30キロのマットを通り過ぎた

30キロ 2:12:36(公式)
(25-30キロ 22:37)

26キロ 428
27キロ 429
28キロ 436
29キロ 434
30キロ 431


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.