【別府大分マラソン】レポ2〜ズームフライの推進力を感じとれない〜
サトです。


けさ、今年はじめてのこれ

20180210081016a29.jpeg

一般ブロガーのヨッチ を招いての
大阪城ラジオ体操♪

そして遂に、
おかあさんがセンターをゲット!(╹◡╹)

20180210091535f7b.jpeg

昨年に続き
さが桜マラソンでお世話になりま~す(^O^)/


20180210091537bf2.jpeg

ごろみねーさん とも撮ったよん♡



* * *

10キロを超えて追い風区間に入った

高級なベスパプロを摂り中央に寄る
スライドするランナーに目をやると、

そんなに離れてないな kinさん、
その直後にあやたさんもいた

あとはうる覚えだけれども
おぐらさん、ゆるりんさん、
たまさん、やまけんさん
確かzunzumanさんも見かけたかな

エールを交わすと力が湧いてきたゾ!

よし、ここから巻き返す!!



ここまでの平均ペースは420

練習の時は河川敷に入ると
足がくるくる回り
ペースが上がりはじめるのが通例

次の5キロは追い風にものり
自然に415くらいまでは上がるのではないか?
大いに期待したところ、、、

11キロ 419

12キロ 422



・・・


期待はあっさりと裏切られる…(´;Д;`)ブワッ

いまいちスピードに乗り切れない

追い風区間のはずなのに、
海からの横風に
ときおり向かい風も感じる始末…ううっ(ノД`)

心拍は160前半を推移していた

やはりいつもと足の軽さが異なる
もはや気のせいではない
これではサブスリーは狙えない

いや、無理にでも足を動かすと
サブスリーペースに持っていくことはできるが、
そんなことをしても意味はない


・・・


サブスリーはあきらめた

ここは冷静に心拍を整え、
420前半を淡々と刻んでいこう

これは想定していたシナリオでもある
420前半であっても
3時間5分カットは十分に狙えるペース

3時間5分切りフィニッシュでも
じゅうぶん満足な結果なんだよな(^^)

15キロ 1:05:29(公式)
(10-15キロ 21:51)

11キロ 419
12キロ 422
13キロ 425
14キロ 422
15キロ 422




心拍は165前後で安定していた

しかしこの心拍数
この距離にしては高い数値でもある

やはり何かおかしい

身体に目を向けてみると、
足を無理やり動かしている感覚で、
ズームフライの推進力を感じ取れない

この状態で最後まで走り切れるのだろうか?
ペース落としているにも関わらず
不安を感じ始めていた



中央寄りに一台の車が通り過ぎる
目線を向けてると窓が開き

サトさーん!
がんばれ〜!!


(´⊙ω⊙`)


ぬまっちさんでした
おー!軽く手をあげる

足が持たなかったんだ…



そんなことを思ってるうちに
別府市内の馴染みの看板が視界に入った

もうすぐ応援隊の地点だな

左に寄り、視線を遠くに向け
沿道の黄色を探していると

ぐわぁTを発見!



”サトさーーん”

声がかかった

別大201811

ハイタッチはいつも元気がもらえる(#^.^#)



「サトさんですか?」

ひとりの男性から声がかかった

「いつもブログ見ています」

おおっ! 読者さんですな(*^▽^*)
(コメント頂いた たけちゃんさん)

どうやら応援隊の声援で気づいたみたいだ
おしゃべりしながら並走する

ブログのこととか
ズームフライのこととか
あやたさんのこととかw

…あやたマニアでしたかσ(^_^;)

あやたさんは後ろにいますよ〜!
とだけ申し上げましたw

最後に

「サブスリーを狙われているのに
こんなところ走っていて大丈夫ですか?」

…あは(笑)

「足が重たくて動かないから諦めました(´・Д・)」」

先に進まれたので
後方から追跡開始(^^;;

…じわりと離されてしまいました(^^;;



会話をしている最中に
ねむねむさんが昨年に続き
サプライズ応援がありました(^^)

もしかしたら今年も?と、
思っていたのですよ〜(^_^)

20キロ 1:27:54(公式)
(15-20キロ 22:05)

16キロ 424
17キロ 425
18キロ 424
19キロ 423
20キロ 423


うみたまごを通り過ぎると
車から降りてきたぬまっちさんが
待っていてくれた(^^)

ハイタッチしておしりをポンポン

ぬ「最後まで頑張って!」

サ「ありがとう(≧∀≦)」

そしてハーフのマットを通り過ぎた

1:32:46


・・・


このままでは5分カットも難しいじゃねーか!!(汗)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.