さが桜マラソン2017【再検証】
サトです。


さが桜マラソンのレポを
書いてる時に気づいた

体感的に楽だった25キロ地点で
既に心拍数が180もあり、
明らかに高かった


他のレースはどうだった?と思い
今シーズン走ったフルマラソン
気温、ラップ、心拍数を並べてみた


【天気と気温】
       神戸  大分  佐賀
天気    晴れ  曇り  快晴
スタート時 17.9  11.3  9.3
1時間後  19.5  11.0  12.9
2時間後  21.0  12.0  16.9
3時間後  20.9  13.0  17.6
気温上昇 +3.0  +1.7  +8.3


【キロペース】
       神戸  別大  さが桜
10キロ   453  427  428
20キロ   453  429  432
30キロ   448  436  426
40キロ   452  508  431


【心拍数】
       神戸  別大  さが桜
10キロ   154  161  163      
20キロ   158  169  169
30キロ   165  185  184
40キロ   175  174  200


【成績】
神戸 3時間26分37秒
別大 3時間16分32秒
さが 3時間10分43秒


意外にも別大とさが桜のペースと心拍数
30キロまで全く同じだった
(別大は30キロ手前からペースダウン)

別大では30キロ以降、
脚が売り切れてペースダウン
心拍数も30キロをピークに下がっていった



対して、さが桜マラソン

25キロ以降、
心拍数は常に180以上
35キロ地点で190台
40キロでは200を突破

気温はスタート時から+8℃の上昇
常に太陽光が照り続く快晴…

そら、オーバーヒートします、よね



今回、心拍数が身を守る
バロメーターになることが
よくわかった

自分の場合は、
185をオーバーすると
明らかに危険信号

実際、練習では180ぐらいがマックス
185まで上がりません

今回は絶好調だったし、
勝負レースだったって事もあり、
無意識に無理して走ってたんだと
改めて感じた

これからは、体感とは関係なく
180以上は注意
185以上は危険信号だと
認識して走りたいと思います

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.