さが桜マラソン2017【レポ5】~体感を信じ、堕ちた罠~
サトです。


詳しくは書けないけど、
昨日、とある会社から招待された
イベントに参加したんだ。

招待状には、"◯◯パーティー" と書いてあって、
ふつうは、"◯◯式" と表現する
厳粛な儀式のはずなのに、、、

何で "パーティー" ? 
て、思ってたんですよ…

それなりの服装で来るように!
とも、言われてたんだ。

何をまた大げさな…と思いながら
行ってみたらね、、、






(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」 ヌオオオオオッッッ






てなぐらい、ど派手演出の

"パーティー" だった(*≧∀≦*)



いろんなイベントが用意されてて、

いやぁー、、、

バブリー!!!

すごかった、です(//∇//)



コンパニオンの綺麗なお姉様から
強く、つよーく、勧められて、、、

しょーがなく、、、

まっ昼間っから
冷酒一本、空けてしまった…
(これは、お仕事であって、
しょうがなく、ですよ~w)

あ、、、ちゃんと挨拶周りしたし、
見るとこ見て回ったし、、、

仕事したから、、、




うん、仕事したから(白目




いやぁ、すごかった
お招き頂きありがとうございました(o^^o)



・・・こーゆーの、月一でないかな?w



* * * * *



さが桜マラソン2017【レポ5】


さが桜コース



00-35キロ 2:36:51(4:29/km)
30-35キロ 22:04 (4:24/km)
4:24 - 4:23 - 4:21 - 4:22 - 4:26



30キロを超え
8分カットを目指し
勝負に出たオレ



直後の交差点を左折し南方向へ
ここは1キロほど行って来いの折返し区間

すると、東からの強い横風を受ける…

あ、こんなに風吹いてたのか!

でも、お構いなく
ペースを上げていく。

ガーミンのキロラップは、
4分20秒前半


前方のランナーを次々とパス

よし! 足は動く
いい感じだ



心拍数を確認

180オーバー(´⊙ω⊙`)



これは、ペース走では上限の数値

練習では、変な呼吸音出まくりの心拍数だが、、、

体感的には、しんどくもなく…

呼吸音も、してない、な…




体感と数値のズレ・・・

どちらが、正しい、のか?


これまでも、レースでは
心拍は高めに推移、してたな

まぁ、心拍は、
今のところは
気にしなくてもいいか

と、思った。。。



折り返し、復路を走ってると
じぇーてぃーさんとスライド

こちらから、声かけ

反応は、良くなかった…

じぇーてぃーさん
ちょっと辛そうだった
(…ツインターボの失速が始まってた、そうだ!w)



元の交差点に戻り左折

ふたたび西へ向け進む

再び追い風のハズだ



・・・



今度は少しばかりの追い風を感じた
(風が次第に強くなっていた)

よし、ペースをさらに上げていこう!



キロラップは瞬間的に4分10秒台をみる




33キロの給水所

アクエリアスと水を口に含む



気合を入れ直す、が…



4分10秒台、、、


なかなか続かず

すぐに20秒前半へ落ちる


そして、、、

34キロを過ぎる


心肺が少し苦しい…



・・・



しょうがない


ここは無理せず
ペース維持を心がける

キロ425前後に戻す



仕掛けるのはまだ早かった、かな?


425なら特に苦しくない、な



35キロからもう一段
ギアを上げる準備

ここは心肺を整えよう



足は動いてる
痛みもない

暑さもそれ程感じない



いける。

まだ狙える。

大丈夫だ。。。

(今思えば、キロ20秒カットできない時点で
8分カットは不可能。
諦めて10分カットに切り替えなければならなかった。
心拍数も非常に高い状態。
やはり、冷静さを失っていたのだ。)




仲間のことが頭をよぎる

みんな、応援してくれてるんだ

10分カットはもちろん
8分カットを狙いたい…


もう一段、スピードアップ、
できるはず、だ


メイタンゴールドが、
あと一回分ある。。。




そして、、、


35キロのマットを通過

電光掲示板

2:36:51



この5キロのタイム

21分台
いったかな?
(実際は、22:04 だった)



みんなに伝わったかな?



オレ、勝負してるよ

このまま、最後まで、
勝負にいくよ




その直後、、、


見えた!


バナナマン!だw


左端によって、、、

さが桜04
さが桜05
さが桜06



よーし!


残り7キロ


ここからが本当の勝負だ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.