さが桜マラソン2017大反省会
サトです。


速報記事にたくさんのコメントをいただき
ありがとうございました。

返信が遅れて申し訳ありませんが、
少しずつ返信させていただきます。

それよりも、今回、
どうしてこのようなことになってしまったのか
その顛末を先に報告しないといけないと思い
この記事のアップを優先しました。



先ずは、救護隊、ドクター、関係者の皆さま
助けていただきありがとうございました。
みなさんがいなかったら危なかったと思います。

そして、オレに関わった全ての皆さま
オレを応援してくれたみんな
大変ご心配をおかけしました。

2日経ち、体調の方は全快!
とまではいかないけれど、
(少し頭がボーッとしてます)
普通に生活し、普通に仕事できてます。
ただ両足は絶賛筋肉痛…

一番ヒヤヒヤしたと思われるヨメに対しては、
月曜の朝に泣いて詫びを入れました。

速報記事をアップした時は
サブ10を出せなかったことに対する
悔しさの方が強かったけど、
今は、記録よりもそこまで
追い込んでしまったことに対して
深く反省しています。

オレ、何十回とレースをしてきたけど、
救急にお世話になったのは初めて。

どんだけ頑張っても、追い込んでも
ぶっ倒れるようなことはないと
タカをくくっていたところがありました。



ゴールする自分の動画シーンを見ました。

陸上競技場のゴール前
自分の走る姿が映る
既に下を向いてジョグのような走り…

残り50メートルあたりから
フラフラとスタンド側へ斜行し始め、

ゴール手前10メートルあたりから
千鳥足のような状態…

ゴールラインを超えてからは
止まることができず、
スタンド側の端の方へ斜行して
そのまま座り込み、
そして横になる姿…

救護隊が寄ってきて担架に乗せられ
救護室へ運ばれたようです。

この動画を見たとき、おそらく
意識はあったんだろうと思いました。

ただ、覚えていない。
いや、動画を見て、
担架に乗せられた時の記憶が
少しだけ蘇りました。

救護室で気づいた時は
周りを囲んだスタッフが
脈、血圧、体温の計測と
頭、首筋、脇、股関節に
氷のうを当て冷やしていました。

熱は38度台まで上がっていたようです。

ふと、これはえらいこっちゃと思い、
スタッフにヨメの携帯番号を伝えました。



しかし、何でこんな事になってしまったのか?

心あたりはあります。

それは、、、


"絶好調の罠"


記録の再掲

さが桜成績

はっきり言って
35キロまでは絶好調だった。

予告どおりに刻んだ
キロ430が本当に楽ちんで、
足取りも軽く、
25キロの地点でも余裕だった。

こんな状態だから、
予定のメイタンゴールドをやめて
攣り対策のマグオンを摂ったぐらい

そして29キロ地点でも
気だるさとか足の重さもなく手ごたえ十分!

これは10分カットは間違いないな
よし、ここは8分カットにチャレンジしよう!

と思い、
メイタンゴールドを摂り
キロ425前後までペースを上げました。

30キロ過ぎからメイタンが効き始め
勢い任せでスピードを上げていく。

そして35キロ地点で40秒程の貯金

応援隊をパスし、36キロで
メイタンゴールドをもう一つ摂り勝負に出る

その時の心拍数が180オーバー
(オレの心拍計は、実際よりも高目に出ていると思われます)

高いかなと思ったけど
別大の時とは異なり足はよく動いてるので、
ペースは落とさずそのままの勢いで走る。

すると37キロぐらいから
呼吸が苦しくなり始める。

心拍計は200を表示
ちょっとびっくりしたけど、
やばいほどの苦しさはなかったので
誤表示かなと思い(よくある)
気にせず突っ走る
(振り返るとこの後ずっと200超えで推移していた)

38キロを超え、残り3キロ
ペースは430前後まで落ちてきたけど
足はまだ動いてる。大丈夫だ!

だがこの時、全身にしびれを感じ始める

これはちょっとまずいかもと思い
給水してから大きく深呼吸
時計を見てペースが落ちてないことを確認

そして40キロ
掲示板の2時間59分30秒を確認

残り2キロ、40キロラップは431(月曜に確認)
しんどかったけど、
別大の時の方がキツかった感覚
足は動いてるので10分カットは
何とかいけると思った。

でもこの時、残りをキロなんぼで
走ったらいいのか暗算できなかった。
(普通ならできる簡単な計算が…)

そして、、、
残り2キロの看板を通過したとこまでは覚えてますが、
知らん間に記憶が飛んでしまったようです…



ガーミンの記録を確認してみた

35キロ 426/km
36キロ 424
37キロ 432
38キロ 423
39キロ 433
40キロ 431
41キロ 441
42キロ 451
43キロ 2924(救護室で気づきストップ)

アップデートとガーミンラップから推測すると...

アップデートタイム2.2キロ11分12秒から
ガーミン41k 441、42k 451を差し引くと
ラスト200mは1分30秒かかったことになる。

動画を見る限り、最後の100mは
ジョグ→フラフラ→千鳥足

どう見てもキロ8分台のジョグ(歩き)

…どうやら本当にラスト数百メートルで
力尽き、一線を超えたみたいだ。



このように、要は、絶好調だったので、
気温上昇の時にペースを上げてしまったこと

それで心拍数が一気に上がり
オーバーヒートしてしまった…



脱水を防ぐために、
給水は毎回小まめに摂った。

この日の佐賀の気温

佐賀の気温

9時 9.3℃
10時 12.9℃
11時 16.9℃
12時 17.6℃

天気はピーカンの快晴!

9℃から18℃まで気温が上がるのは
あらかじめわかっていたこと

空気はカラッと乾燥してたので、
正直、それ程暑さは感じなかった



結果的に、30キロからのペースアップは
想像以上に心臓に負荷がかかってたんだと思う。

高温をナメてはいけない
いや、ナメたつもりはなかったんだけど…

もし、30キロのところで暑いなぁとか
足だるいなぁとか感じてたら、
30キロからペースアップはしなかった。



では、30キロからペースアップしなかったら
10分カットはできたのか?

正直よくわからない

けど、記憶がぶっ飛んで
救護室のお世話になるようなことは
なかったと思うんだ。

二度とこんな事を起こさないように
しないといけない。

これを経験にしないといけない。

心拍数は危険のバロメーター
それが今回、よくわかりました。



* * * * *



ブログ、ツイッター、LINE、
ブログコメントなどから
声援してくれた仲間のみんなへ

今回、残念ながらサブ10を
獲ることが出来なかったけど、
ここまで走力が上がったのは
仲間からの嬉しい声援のおかげです。
(これは絶対に間違いないです)

今回は大変な事になってしまったけど
これと声援とは全く関係ありません。
冷静に対応すれば
防ぐことができた自分のミスです。

2日経ち、落ち着いてくると
動画を見てゴールしてるのはわかったし、
1分以上のPBを出すことができたので
素直に喜べるようになってきました。

サブスリーに挑戦するのは
まずサブ10を獲ってからと決めていました。

だからこれまで、
サブ10を目標に掲げて練習してきました。

でも、考えを改めました。

今回の結果を受け、
来シーズンはサブスリーに挑戦します。

そこに向け、オフシーズンは
ウルトラマラソンやトレランなどを通じて
身体作りに励みます。


その前に、先ずは身体を休めてから…ですね。


ほんとうに応援ありがとうございました(≧∀≦)



次回からレポしていきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.