故障個所に異変が⁉︎
サトです。



いやぁ、、、

この週末はまいった( ̄▽ ̄)



ほんま、ちょっと聞いてください。

先週末ね、驚きの出来事が2つもあったんですよ〜!

これは先に報告しないといけない案件だす。

ちゅうわけで、飛騨高山ウルトラ応援レポは今回パスさせて頂きます。



んで、まずは一つ目のお話



時は18日土曜日

この日は一カ月ぶりにスポーツ整形外科へ通う日。

今回は、故障の左アキレス腱の回復度合いを確認するのが目的です。リハビリテーションのお姉さんとトークをするために通った訳では決してございません!!



んな事はどうでも良くて(^^;;

診察室に入り、いつもの如く主治医の先生による問診が始まりました。

この1カ月間に運動強度を徐々に上げてきたこと、踵の痛みは少しずつマシになってる等を伝えました。



そして、先生が患部を触診したところ、、、

腫れはまだ残っているが、患部のぶよぶよはマシになっているとの事でした。

あ~、えっと~、ぶよぶよってのは、患部のアキレス腱繊維のすき間に炎症で水が溜まり、ここを指圧するとぶよぶよしてたんです。それが少しマシになってきたって事です。



続いてエコー検査を行いました。

そして、患部の画像をモニターで確認したところ、、、





んん!!!





な、なんだこりゃ?





腱繊維のすき間に、これまで見た事がない真っ白い大きな棒状のものが2本、くっきりと映っていました!



そして、よ~く眺めると、白い棒状のものは、前回の検査では真っ黒に映ってたところで、水が溜まっていた箇所です⁉︎

それがこの一カ月で真っ白に激変してました(゚д゚)!





も、もしや、、、



まさか、、、



ホネ???



まさか、アキレス腱にホネが出来た? 



エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?



んな訳ないよね〜f^_^;)



じゃあ、いったいこれ何???



・・・せ、せんせ~、どゆ事?



先生
「前回から大きく変化してますね。すき間にカルシウムの沈着が始まってますね。」



・・・



ま、マジかーーー!!!



やっぱりホネが出来たのか?



まさか、オレのアキレス腱はホネに変わるのか??



こんなん聞いたことないゾ(゚Д゚;)



恐る恐る先生に尋ねました。

サト
「先生、オレのアキレス腱はホネに変わるのですか?(泣)」



先生は表情ひとつ変えずに、、、

「これは損傷したアキレス腱が回復する過程で時に見られる現象です。腱繊維のすき間にカルシウムが沈着してパテのような役割を果たします。アキレス腱の腫れが引くとカルシウムが溶けてなくなることもあれば、そのまま残ることもあります。サトさんの場合は痛みが徐々に引いてきているので、これまで通りアイシングとストレッチを続けて様子を見ましょう。そして1か月後にレントゲンとエコー検査で再確認を行い、カルシウムの沈着と痛みが残るようなら次の方策を考えましょう。」



・・・



The 人体の不思議w



お姉さんとの楽しい?リハビリテーションの後、帰宅してから早速ググってみました。



すると、「アキレス腱石灰化症」という病状が引っかかりました。



先生が言われた通り、アキレス腱の修復過程で起こる現象の一つらしいけど、いろんなサイトを読み漁ってると、厄介なのがこれ自体が腱を付傷させて痛みを引き起こす事があるみたいです。酷くなるとカルシウムを溶かす注射や投薬治療、更に酷い場合は手術をしないといけないとか・・・。



うーわー、、、

何かオレ、微妙な局面って感じですよね(~_~;)

まぁ、徐々に痛みが引いてきてるんは確かだし、快方に向かってると考えておこう(^◇^;)





二つ目のお話は次回に!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.