飛騨高山ウルトラマラソン レポ7 ラスト 〜 ダンディな男性と黙っていられない男
こんにちは、えむです(*^^*)

私の初100kレポ、いよいよラスト
何か寂しい(>_<)

間に合わないと半泣きだったけど
大丈夫らしいと分かってからです

あと17k
間に合いそうだとホッとしたんだけど
ラスボス峠が待っています(^^;;

もう1回高低図を載せますね
飛騨高山高低図Epson

とりあえず歩いていた私
ユキさんに抜かされました

あっ、ウソ言ったこと謝らなきゃと思って
頑張って走って追いつきました

えむ 「ユキさん、時間間違えてた。まだ余裕あったよ」

ユキさん「オレ、余裕ないんよ」

言葉は正確ではないかもしれないけど
こんな内容のお話をしました

ユキさんは私より15分早いスタート
なので、ゴールの制限時間も15分早くなります
そして、走力は私よりずっと上なんだけど
4月のフルマラソンから足を故障していて
あまり練習ができなかったみたい

この時もずっと走り続けられないんやとツラそうでした

でも黙々と進む
ダンディだな(*^^*)

第21エイド八日町新鮮野菜販売所 (87.4k) 16:32
飛騨高山201662

ここではどぶ汁をいただきました
見た目は豆乳だけどクセがなくて
ほんのりお醤油味で美味しかった(*^^*)

ラスボス峠はそんなにキツくなくて
走っている人もチラホラ見かけました
でも、私は歩いた(^^;;
飛騨高山201663

第22エイドメカトロニクス高山メガソーラパーク付近空地 (91.0k) 17:12
飛騨高山201665

キツい上りは終わり(*^^*)
ポクポクと下りました

第23エイド公文書館 (93.3k) 17:31
飛騨高山201667

飛騨高山201668

飛騨高山201669

ここは飛騨牛エイド(*^^*)
90k以上走って、飛騨牛食べられるのか疑問だったけど
美味しくいただきました
それと清見サイダーがとっても美味しかったです

ゴールが近づいてきました

第24エイド八日町空き地 (96.0k) 17:59
飛騨高山201671

多分このエイドだったと思うんだけど
ユキさんがかぶり水を太ももにかけて
思いっきり太ももを叩いていました
かなりの力で周りがビックリするくらい

この姿を見て
ユキさんは思い通りに走れない自分への
怒りをぶつけているんだなと思いました

なので
ユキさんよりも先行する時は
失礼のないように全力で抜かそう
そう思いました

でも、後で聞くと
太ももを思いっきり叩くと
攣りそうなのが、良くなることがあるから
だったらしい(^^;;
良い子は真似しちゃダメだって!
ダンディな姿にすっかり騙されちゃった

この時はそんなことは知らず
頑張ってペースを上げました
ラップは6'55/k、6'35/k・・・

そして残り2kあたりで見覚えのある
プーさんが見えた
だれやねんさんでした
私は今まで見た中で1番へばっていました
それでもこの暑いなか着ぐるみで100kって・・・スゴイ


残り1kになって
そろそろサトさんがいるはず

飛騨高山へ出発する朝に、サトさんにこんなことを言われました

「オレ、ロボッチにえむを迎えにいくよう言われてん。ちゃんとLINEしてな」


ええーっ!!!!
そこはサプライズちゃうん???

男は黙って…
あ、サトさんには無理か(^^;;

内緒のままで迎えに来てくれて
そのまま一緒にゴールできたら
私、泣けたと思う(タブン)


そんな黙っていられない男
サトさんと合流できたんだけど
照れているのか
ランナーの邪魔にならないようにと
気を使ったのか
一緒には走らずに
道路を挟んで反対側を並走してくれました
とにかく遠いんです(^^;

最後くらい一緒にゴールしようと
サトさんを誘って2人でゴール
飛騨高山201672

私の飛騨高山ウルトラマラソンが終わりました
タイムは13時間31分ほどでした


ゴール後は経験したことがない
足の痛みにびっくりしたし
100kは途方もない距離だったけど
記憶が美化されてきた現在
こう思っています


来年も飛騨高山ウルトラマラソン走りたい!!



長いレポにお付き合いいただき
ありがとうございました(*^^*)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


飛騨高山ウルトラマラソン応援レポ その5〜感動のゴール編〜
サトです。


さぁて、飛騨高山応援レポを仕上げるゾ!


* * * * *


飛騨高山ウルトラマラソン応援レポ その5
〜感動のゴール編〜


100キロ71キロ分岐手前の応援場所でハマッキーペアとお別れした後、いったん車を置きにホテルへ向かう事に。

車を走らせてると程なく、歩道にうーぱぱさんが逆向きに歩いてるのに気づきました。

声をかけると、どうやら我々の応援ポイントに向かっていた模様。

事情を説明すると、じゃあゴール方面へ戻ると言われたので、同乗してもらいビッグアリーナ近くでうーぱぱさんを下ろしました。

そのままホテル方面へ車を進めてると、ビッグアリーナ近傍の駐車場を通った時、一箇所だけ駐車スペースが空いているのに気づきました。

おそらく、早くゴールしたランナーさんが帰路に着いたのだと思う。

まさか駐車場が空いてるとは思ってなかったので、これまたラッキーという事で、急遽予定を変更してここに駐車し、直接ゴールへ向かう事にしました(^O^)

ゴールの傍にわおんさんとしょうじさんを発見!

飛騨高山レポ65

わおんさん、55キロ応援エイドではのぞみ通過の如くあっという間に過ぎ去ってしまったので、今回は実質初めての顔合わせです。

お二人とも、ウルトラ走ったとは思えない程元気でした。

しばらく談笑してると、ゴールして着替えを済ましたえいたろうさんが立ち寄りました。

ところで、ブロ村ランナーはいつゴールするのだろう?

LINEでみなの動向を確認すると、順調なら次に来るのは、まちゃさん。

83キロの通過時間から逆算すると、まだしばらくかかりそう。

みんなとおしゃべりしながらランナーさんのゴールを見つめていたら、あっと言う間に時間が経ち、そして、、、

まちゃさんがやって来た!!!
飛騨高山レポ66

\(^o^)/
飛騨高山レポ67

まちゃさんお疲れ様~(*´▽`*)



18時を過ぎ、関門まで60分を切りました。

LINEにえむから残り5キロを切ったとの連絡が入ったので、ひとりで迎えに行くことにしました。

コースを逆走して1キロ手前まで戻り、四つ角の交差点で皆が来るのを待ちます。

すると、先にねむねむさんがやって来ました\(^o^)/
飛騨高山レポ68

ねむねむさん100キロ初完走おめでとう(^O^)/

そして約15分後・・・
飛騨高山レポ69

めっちゃ余裕ですやん!!


そして直ぐ後方に・・・
飛騨高山レポ70

だれやねんさんだ!!!

飛騨高山レポ71

この距離感です。

だれやねんさんは時間的にまだ余裕があるので、このままゴールまで歩き通すとの事。

一方、えむは力強い走りでゴールへ向かっていきます。

オレは反対車線を並走します。

すると、、、

えむ「いっしょにゴールしようよ!」


(゚ロ゚;)エェッ!?


オレ、ちょっと恥ずかしいねんけど・・・


でも、せっかく言ってくれてるので、、、


・・・


最後はこんな感じで一緒にゴールしました(;´∀`)
飛騨高山レポ72

初100キロ完走おめでとう(*´▽`*)


ゴールを超えたところでしばらく待つと、だれやねんさんがやって来ました(^O^)/

飛騨高山レポ73

いやぁ、ゴールできてよかった~
お疲れ様でした(*´▽`*)


ああっ、そうだ(゚д゚)!

ユキさん、足が痛くてペースが大幅に落ちてるとの情報が入ってたわ!

ユキさんはアーリースタートの部なので、関門が18時45分。

うわ~、間に合うのかな?

残り10分を切ったよ(´Д`)



ドキドキ・・・



関西LINEグループにみんなー、ユキさんに力を貸して~とLINEを入れてしばらく待つと、、、


飛騨高山レポ74

いやぁ、何とか間に合った~\(^o^)/

ユキさん、100キロ完走おめでとう!!!



あとは、あの3人組だけ。

間に合うのかな?

LINEに入った情報では、ギリギリ間に合うか間に合わないかのペースで近づいてる模様。


・・・


サト「山ちゃん、オレまた見てくるわ」


我慢しきれず、再び1キロ手前まで見に行きました。

すると途中で、チャイナプロさんだけが視界に入る(゚д゚)!

飛騨高山レポ75

ええっ!!!
どうこと???
ま、まさか、この土壇場でお二方を見捨てたのか?(このオニ〜っ!!!)


どうやらプロさんは瞬発系の足が残ってないので、関門ギリギリでおもくそ走る事態にならないように、戦略的にロボッチじぇーてぃーペアよりも先行してただけみたい_| ̄|○

ゴールの手前で2人を待っているとの事(^^;;


よし、更に逆走してしばらく待つこと、待つこと、待つこと(ソワソワ…)


・・・


飛騨高山レポ76

よ~し、キターーーッ!!!

制限時間まで残り9分。
そして残り1キロ。

足は残っていそう!
よ~し、何とか間に合うゾー\(^o^)/


えむの時と同じように反対車線を並走します。


・・・


鼻をすする音が聞こえる・・・


・・・


ロボッチの瞳から輝く宝石が・・・


飛騨高山レポ77



・・・



反対車線で一人もらい泣きしてたのは…(^^;;



そして、、、


残り1分、、、


最後は締めの3人で・・・

飛騨高山レポ78

いや~、良かった~(/_;)
一時はどうなることかと思ったよ〜



そして19時ちょっきしに関門は閉鎖されました。

この前後でゴールしたランナーの方々

天国と地獄を目の当たりにすると心が痛みました。




山ちゃんのところに戻り、目の当たりにしたものは、、、


飛騨高山レポ79


・・・



|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| ええ~っ!!!



だ、だれやねんさん、、、大丈夫?

プーさんで顔隠してるけど、きっとくまモンが表情を代弁してんだろうなぁ〜~(;´∀`)

喉が渇いてたみたいなので、自販機で2本調達して手渡しました。

だれやねんさんはこれで大丈夫だからと連呼していたので、まぁ、ウルトラの超ベテランだし、声も力強さが戻っていたので、ここでお別れしました。(ホンマ、無事に帰られて良かったよ(^_^*)



えむと一緒に山ちゃんの車でホテルへ戻り、さっぱりしてから、プロさんがお疲れのところを色々探してアフター会場を確保して頂きました。本当にありがとうございました。

飛騨高山レポ80

いやぁ、皆さん、お疲れ様でした~(*^_^*)




そして次の日の午後、制服姿のロボッチさんを囲み、急遽、昼食会に参加させて頂きました。

飛騨高山レポ81


今回、走る事はできなかったけど、その分、思いっきり応援することができました。また、マラソン応援とウルトラの応援は全く違うんだなぁと感じました。ウルトラ応援は感情が入っちゃいますね(^^;;

山ちゃんはじめ、ハマーさん、マッキーさん、そしてたーはるさん、一緒に応援できてとても楽しかったです。ありがとうございました(^O^)/



なお、飛騨高山応援レポは今回で終わりではありません。
もう一回、アップします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
続きを読む
【ご連絡】チーム50Tシャツが届きました♪
こんばんは、えむです(*^^*)

今日予定より早く
チーム50Tシャツが届きました

どーん!
50T.png


めっちゃキレイなブルーです
デザインも可愛い
イメージ通りです(*^^*)


私がとりまとめた方の中で
暗峠王選手権来られる方は
当日お渡ししますね

やべっちブログに参加表明されていて
Tシャツ注文の方は

ごえもんさん
おぐらさん(アフター来はりますか?)
なーくん
ストラトさん

あとはエイドの山ちゃん

その他でシークレットで参加される方はコソッと
おしらせください
Tシャツ持っていきます(*^^*)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

飛騨高山ウルトラマラソン レポ6 〜 絶望と安堵
こんにちは、えむです(*^^*)

土曜日はお買い物
日曜日は神峯山寺に100k完走のお礼ラン

あという間に週末が終わっちゃった
また1週間が始まった
うん、頑張ろう!

そして今週末は暗峠王選手権
私も走るよ!
早い人たちには、きっとついていけないけど
暗峠走って(歩いて?)みたいです

* * * * *

第4関門を過ぎてからです

楽しみにしていた千光寺は過ぎた
最後の関門も無事に過ぎた
あとはラスボス峠を攻略して
ゴールに向かうだけ

足は痛いし
暑くなってきたけど
無心で前に進んでいました

ただし
戦略的歩きで(^^;;
ラップは7'51/k、7'33/k・・・

第18エイド村山公民館(77.9k) 15:20
飛騨高山201661

さあ戦略的歩きで・・・

そんな時に
私の後ろを走っていた
2人組の男性が
こんなことを話していました

あと20kを2時間半か
このしんどさやとツライなぁ
3時間あれば行けるんやけど
2時間半やったらキツいな
(大阪弁ではなかったかもしれません)

えっ?
2時間半??

私の時計は、3行表示
この日は上から
1. 時刻
2. ラップ
3. 距離 でした

確かにあと20kちょっとだ
で、時間は3時半前
うん、2時間半だ(実際は間違い)

あと3時間半あったんです
でもここまでくると疲れからか
計算ができない

私も歩きが混ざった走りで
2時間半で20kはかなりキツいと焦りました

とりあえず走ろう
無心で走ろう

(ここのラップはあとで見ると
7'01/k、6'22/k、6'26/kでした
頑張れば走れたみたい(^^;;)

しばらく進んで時計を見ると
16時が近づいていました
この時になぜかゴールの制限時間が17時だと思って
あと1時間で18k進むなんて絶対無理(>_<)
ちょっと泣きました
さっき2時間半あったのに(>_<)
時計がおかしくなったんだ・・・

そんな時にTwilightユキさんに追いついて
「私、時間やばいので先に行くね」
余裕なく先行させていただきました

急いでいるんだけど
タイミング悪く
信号に引っかかった(>_<)

でも信号待ちをしている時に
ふと気がついた
ゴールの制限時間って
17時じゃなくて7時じゃなかった?
1回深呼吸して、計算してみました
スタートは5時
それに14時間を足すと19時
まだ16時だから3時間ある!?

間に合うのか、間に合わないのか
半信半疑で進んでいました

83.5kくらいの応援隊(山ちゃん、ハマーさん、マッキーさん、コジロウさん、サトさん)のところに到着

とりあえず聞いてみた

「私間に合うよね?」

そしたら

「大丈夫、キロ10で間に合う」

このまま行けば完走できる
本当に安心しました(*^^*)

コーラをもらって
さっきユキさんに嘘を言っちゃったことを
謝ってもらうように伝言して
先に進みました



・・・とりあえず歩こう


焦っていたので
第20エイドグリーン薬局(82.8k)の写真はありません(^^;;


次回はゴールします


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

飛騨高山ウルトラマラソン応援レポ その4〜さあ、もうひと頑張りだ!〜
サトです。


この土曜日はね、えっと…

暗峠16062501

やっぱり、くらがり越えはきっついわ~(>_<)

本番は来週やというのに、、、

ただいま、サロマブルーならぬ、
くらがりブルー(~_~;)



さぁてと、気持ち新たに飛騨高山応援レポを再開します!

この土曜日の出来事は後日レポりますね(^^;)



* * * * *



飛騨高山ウルトラマラソン応援レポ その4
〜さあ、もうひと頑張りだ!〜


55キロ丹生川トンネル前での応援が終わり、たーはるさんとお別れした後、山ちゃんと次の応援先を考えました。

当初はB&G海洋センターの手前で応援を予定してたけど、そこそこ時間が押していた事もあり、予定を変更してビックアリーナ近くの100キロと71キロの分岐手前付近(下図のココ)で応援する事にしました。

飛騨高山コースブログ2

車を止められる場所を確保し、その前で応援を始めます。

100キロの部は82〜83キロ付近、
71キロの部は67〜68キロ辺りになるのかな??

飛騨高山レポ60

応援を始めて数分後、

14:06 し〜やんさん(100k)到着
飛騨高山レポ49

こんなキツイ表情のし〜やんを初めて見た!
今にも歩きそうな感じでちょっと心配しました。
(最後は自力が違いましたけどね。)


そして程なく、ハマッキーペアも到着。
ここから一緒に応援です^ ^
飛騨高山レポ50


14:20 しょうじさん(71k)到着
飛騨高山レポ51

あれ〜!
大復活してますやん!!!

いや〜、びっくりした〜。
55キロの時は完走できるんかいなと思ったからね。


14:23 えいたろうさん(100k)到着
飛騨高山レポ52

この写真はしんどそうな雰囲気に見えますが、表情はかなりしっかりしてました。


ここからは、ハマーさんが何本か準備していたエアサロを持っての応援です。
飛騨高山レポ53

これがね、大人気でした。
かなりのランナーさんが寄ってきました。

その中でもマッキーさんがダントツ人気!
そりゃまぁ、この3人ならオレでもマッキーさんとこに行くよな~(^^;;
飛騨高山レポ54


14:41 あの丸山さん(71k)が通過

二日酔いは抜けた模様www


15:39 ローラさんankoさん(71k)到着
飛騨高山レポ55

70キロ近く走ってきたのに、二人共とても元気でした。
飛騨高山レポ56


15:42 こめきちさん(71k)到着
飛騨高山レポ57

あれ~!
かなり早くないですか?
ペース上がったのかな?


15:42 まちゃさん(100k)到着
飛騨高山レポ58

まちゃさん復活してるっぽい!
55キロの時の方が辛そうな表情だったよ。

飛騨高山レポ59


15:48 だれやねんさん(100k)到着
飛騨高山レポ61

見ての通りです。
応援してる中で一番辛そうでした。
この時から大丈夫なのかなと思ったりしてました。


15:53 ねむねむさん(100k)到着
飛騨高山レポ62

55キロの時と同じくらい、目つきが鋭かったな~!
この日にかける思いが伝わってきました。


16:03 えむ(100k)到着
飛騨高山レポ63

思ったよりも早く到着です。
でも、何か様子がおかしい!?
何を焦ってるんだろう??

その答えは明日のブログで明らかになるそうです。


16:07 Twilightユキさん(100k)到着
飛騨高山レポ64

ユキさんも今回は大丈夫そう(^O^)/
ってこの時は思ってました…


あとは、、、

proceed & ロボッチ & じぇーてぃーの仮装3人組

一旦ホテルに戻ってからゴールに向かう計画なので、ここで応援できるのは16:30までかな~。

まぁ、3人の走力からして時間内には来るだろうと高を括ってましたが、、、


・・・


16時半になっても来ないよ(゚Д゚;)


思わず、500m程手前まで走って視界に入るか確認してみたけど、3人組らしき姿は確認できず…


残り2時間半で17キロ・・・

大丈夫だろうか?

気になりながらも、応援場所を後にしました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
飛騨高山ウルトラマラソン レポ5 〜 第4関門まで
こんにちは、えむです(*^^*)

いや〜梅雨ですね
今日はお天気大丈夫そうなので
走りにいこうと思っています
私は雨では走らない派なので
お天気は重要!


さあ飛騨高山のレポの続きです

* * * * *

後半のエイド表はこんな感じです
高山エイド後半

ここから千光寺に向かいます

私が飛騨高山ウルトラで100kを選んだ
大きな理由が千光寺に行けることです

今回のコースの中で楽しみにしていました

でもね・・・

もう1回高低図載せますね(^^;;
飛騨高山高低図Epson

サトさんからも千光寺の坂が1番キツイと
教えてもらっていました

飛騨高山201650

うん、本山寺の鬼坂レベル(>_<)
この大会の中で最遅ラップを叩き出しました
18'29/k

それでも頑張って1歩1歩進んだら
千光寺に着いた(*^^*)
飛騨高山201651

ここから108段登ります
この階段の手前で
演奏して迎えて頂きました
(写真左)
飛騨高山201652

階段を上って右に曲がるとエイドです

でもその前に
そのまま真っ直ぐ進んで(階段があります)
お参りしました


”ここまで来れました
ありがとうございました
ゴールまで進みます
よろしくお願いします”


お参りしてからエイドへ向かいます
第14エイド千光寺(61.4k) 13:04
飛騨高山201653

ここでトイレに行きました

お寺のトイレは古いという先入観があったんだけど
めっちゃキレイ

ここ、キレイトイレスポットです
ウォシュレットじゃないけど
洋式でとってもキレイでした

顔を洗って、日焼け止めを塗り直しました

千光寺を出ると下り
足痛い
でも、60kも走ったら誰でも痛いはず
みんな頑張っているんだと思って
気持ちを切らさないようにしました

そういえばキリキリした胃の痛み
ずっとじゃなくて時々なんだけど
あまりに痛くて(>_<)

トラブルにはすぐに対処すべしという
サトさんのアドバイスを思い出して
何か薬を飲んでみようと思いました

ガスター10を飲むほどではないかな・・・
(痛い時間は長くない)

それで選んだのは
陀羅尼助

昔かかっていた小児科が
漢方薬を処方する病院で
お医者さんからお薬は
ポカリで飲んでいいと言われていました
陀羅尼助は漢方ぽいので
迷わずにポカリで飲みました

すぐに良くなったわけじゃないけど
いつの間にか胃の痛みは消えていて
私にはよく効いたみたいです

第15エイド下柏林道終点(65.8k) 13:32
飛騨高山201655

アイシング用の氷まであります(*^^*)
飛騨高山201654

千光寺から下りてくると
標高が下がったこともあって
暑く感じたのと
アップダウンで疲れた足が痛くて
ここからは平地なのに歩きが入ります

ダラダラ歩いちゃだめだ

街になってきて
ほぼ等間隔に電信柱があります
電信柱1本分歩いたら1本分走ろう

しばらく続けて気がついた
私歩きすぎ(^^;;
でもしんどいねん
電信柱1本分歩いて、3本分走ることにしました
名付けて戦略的歩き大作戦
この辺りのラップは
7'42/k、7'23/k、8'45/k、7'01/k

第16エイド宮地公民館(69.2k) 14:02
飛騨高山201656

ここからも戦略的歩き大作戦で進みます
ラップは7'25/k、7'46/k、7'17/k

第17エイド国府B&G海洋センター(74.1k) 14:40
ここは第4関門 関門時間は15:20 貯金は40分
着実に減っていますね(^^;;
でもこの時は40分もあるから余裕やんって思っていました
飛騨高山201657

ここのエイドも豪華(*^^*)
飛騨高山201658

豚汁をいただいた(名前があったかもしれません)
具沢山で美味しい
飛騨高山201659

ここまで来たんだ
感慨深く地図を眺めた
飛騨高山201660

あとはラスボス峠だけ!
ゴールへ向かう

この時は気楽に考えていました


続きます

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

賽銭ドロボーと疑われる?
サトです。


日曜日のランの続き


獣がクマさんではなくウリ坊であったことに安堵したオレは再び走り始める。

ポックラポックラと走ってると程なく本山寺の鬼坂にたどり着く。

まあ、ここを走るために来てると言っても過言ではないオレは、暗峠王選手権をイメージしながら上りはしめる。

その時になぜか脳裏に浮かんだのがやべっちのムッキムキのふくらはぎw

なぜこんな時にと不思議に思っているといつの間にか鬼坂が終わっていた。




予定ではここからUターンして今日も鬼坂インターバルしようと考えていたんだけど、今日はいいやと思った。

でも折角ここまで来たので、もう少し進んで本山寺の本堂まで行くことにした。

本山寺01

鳥居を抜けて境内へ進んでいくと次第に霧が濃くなってきた。

いつもならそこそこ賑わいのあるところなのに、今日はし~んと静寂な空間が広がる。住職さんの姿も見あたらない。

本山寺02

この階段を上った先には本堂

本山寺03

飛騨高山ウルトラ100キロコースの名物、千光寺の階段よりも勾配は急だと思う。(かなりうる覚えですが(^^;;

改めて数えると41段だった。(因みに千光寺は煩悩の108段です。)

本山寺04

本堂

写真では明るく見えるかもしれないけど、辺りはかなり薄暗い。

今日は終日悪天候だったので、もしかしたら誰も手を合わせに来てないかもしれないな。

って事は、今日はオレの話をそこそこ聞いてくれるかもしれないゾ!

よ~し、、、

今日は奮発して50円だw

財布から50円玉を取り出し、賽銭箱に近づいて50円玉を入れようとしたその時、






ピッカーーん!!!





・・・




うわ~ぁぁぁっ!!(o゚◇゚)ゝ





な、なんだ!!!

突然、光線がオレの顔をモロに照らしてきた!!





これって、防犯ライト?

も、もしや、、、





オレ、、、





賽銭ドロボーって疑われた???

こんなに仙人面してるのにw





オレ、50円玉を賽銭箱に入れようとしただけやん( ゚Д゚)ゴルァ!!

もしかしてどこかに防犯カメラがあって、メッチャ顔撮られたのかなぁ…

ってか本堂の中から、おもくそ顔チェックされてるのか?

まさかこんな日に手を合わせに来る人がいる訳ないと思い、防犯ライトかなんかをセットしてたって事なのか?




まぁ、そこそこ気が動転したけど(何でやw)、気をあらため、50円玉を賽銭箱にチャリ〜ン!

そして、手をあわせ(^人^)

1.えむが無事に100キロを完走できました。ありがとうございました。

2.オレのアキレス腱がホネになりませんように!

3.ついでに、今日の競馬が当たりますようにw 




・・・




ほんまに今日は誰も来なかったのかも?

競馬、当たりましたから
(これは相当珍しいwww)

あとは、ホネだけやね(;´∀`)




気づくとますます霧深くなってきたので、下界へそそくさと戻ることにした。

麓の神峯山寺の鳥居を抜けるまで、結局、誰一人としてすれ違うことはなかった。

まぁ、こんな日も珍しいです。

本山寺05

本山寺06


以上、前回と今回の記事を取りまとめると、

・山を走りに行ったらウリ坊を見かけた。
・本山寺で手を合わせたら競馬が当たった!




・・・




賽銭ドロボーではないけれど、ロボッチの言う時間ドロボーと言われても弁解の余地なし_| ̄|○

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
飛騨高山ウルトラマラソン レポ4 〜 第3関門まで
こんにちは、えむです(*^^*)

100k完走できた喜びの魔法が解けてしまったようで
今週は寝ているはずなのに眠たくて(^^;;

ランも再開したので
ボチボチと通常モードに戻していかなきゃ・・・

* * * * *

第2関門の飛騨高山スキー場を過ぎると
下りです
それも急な下り(^^;;

確か最近経験した気がする〜

そう
鯖街道ウルトラの
杉峠から鞍馬へ向かう下りに似ています

サトさんは
半鯖は飛騨高山の練習にならないって言ったけど
私は十分に練習になると思います
山登り、急勾配の下り
そして5月の京都の暑さ
今回は3週間前だったので
時期も良かった(*^^*)


下りは脚のダメージを考えて
スピードは抑え目で行きました

気温表示を見つけた 10:16
涼しいけど、ここって1番標高が高いところ・・・
飛騨高山201633

標高は違うけど
半鯖の時の気温(10:14)
偶然ほぼ同じ時間
鯖街道201604

フルマラソンの距離到達 5時間20分♪
飛騨高山201634

第9エイド県道空き地(44.8k) 10:38
飛騨高山201636

特産物のないエイドでは
ポカリと梅干しを補給
この梅干し、甘すぎず辛すぎず
ちょうど良くて助かりました
飛騨高山201635

第10エイド岩滝公民館(49.5k) 11:05
さくらクッキーを頂きました
飛騨高山201638

ここでもう1回高低図載せます
飛騨高山高低図Epson


というのは、ここから裏ボス峠が始まるから

高低図では大したことなさそうだけど
結構しんどい(>_<)

そりゃそうか!
勾配7.5%あるし(^^;;
飛騨高山201639

でも頑張って上ったら
エイドがあった(*^^*)
しかも私設エイド!
レモン水を頂きました
美味しい
飛騨高山201640

第11エイド農道空き地(52.4k) 11:33
飛騨高山201641

そして待ちに待った

ハテナエイドwww in 飛騨高山 11:46

そうハテナエイドwww は、淀川近く
しかも枚方近辺に限定して登場する
謎のエイド

レインボーアフロのおっさんがエイドの管理人
エア柴又06
エア柴又ごえもん06
エイドに置いてあるものも謎だが
必ず「タラタラしてんじゃね~よ」だけは置いてあるらしい

その謎に包まれたエイドが、パワーアップして飛騨高山に登場!

めっちゃ豪華になっている(*^^*)
飛騨高山201637

メンバーもめっちゃ豪華
山ちゃんたーはるパパさんハマーさん、マッキーさん、コジロウさん
レインボーアフロのおっさん)
飛騨高山201644

スタートすぐで見かけたカエルの謎がとけました
そして冷たいお茶とコーラ
山ちゃん手作りのキュウリの昆布和えを頂きました
バンダナも冷え冷えにしてもらって
パワー充填!ありがとうございました(*^^*)
ここで少しだけさかおRさんとご一緒しました

ハテナエイドwwwのすぐ先に丹生川トンネルがあります

私の後ろを走っていた
2人組の男性ランナーが、丹生川トンネルを12時までに通れば
完走に近づくらしいと話していました

うん、まだ12時になっていない
嬉しくなりました(*^^*)

トンネルを抜けて少し走ると
第12エイド丹生川支所(57.2k) 12:06
ここは第3エイド、関門時間は13時
貯金は54分
少しずつ貯金が減っていきます(^^;;
でもここで再会したねむねむさんに余裕があることを教えてもらい
ホッとしました
飛騨高山201645

ドロップバッグを預けているところだけど
着替えも補給も大丈夫なので
ドロップバッグを受け取るのはやめました

エイドはめっちゃ広い
飛騨高山201646
飛騨高山201647
飛騨高山201648

この辺から時々胃がキリキリと痛んでいました
お腹に優しそうなみたらし団子食べて

迷ったけど焼きそば食べました
飛騨高山201649

そして、ここは私の頭に強くインプットされた
ウォシュレット付きのトイレがある
キレイトイレスポット!

女子トイレの案内通りに進みます

すると

えっ?外??

仮設トイレでした(^^;;
常設トイレは男性だけだったのか
私が見つけられなかっただけかは
よくわかりません

そんなにトイレにいきたいわけじゃないから
次へ向かうことにしました

ここはエイドを出発する時に
1人1人名前をアナウンスしてくれるんです
嬉しかったな(*^^*)

頑張ろう! さあ千光寺!!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


けものにビビる
サトです。


早速、先週末の驚きの出来事、二つ目レポ。


時は19日の日曜日

お昼にアップした飛騨高山応援レポを書き終えてから、ポンポン山方面へ走りにいく準備を始める。

この日は朝から雨が降ったり止んだりのはっきりしない空模様。

でもオレは、シューズがグジュグジュになる程の土砂降りか、雷ピカゴロでなければ、少々の雨が降っても普通に走りに行く派w

この日も特に気にせず走りに行きました。



いつものルートを北上して上ノ口からポンポン山の方面に向かい、神峯山寺の鳥居をくぐり抜け上り坂に入ります。

ここからが実質山道 (と言ってもアスファルト路ですが)。



いつもなら参拝者や山登りの人、また、トレランナーなど多くの方とすれ違う賑わい区間だけど、今日はだ〜れもいません。

まぁ、さすがにこんな雨の日にわざわざ来る人はいないって事か。

それより、オレって変ですかね?



神峯山寺を通り過ぎると勾配がややキツい上りに入りますが、本当にだ~れもいません。雨が木の葉に打ち付ける音と、鳥の鳴きいななく声が時に響き渡るのみ。

まぁ、こんな日はこれまでもあったんで、特に気にせずせっせと坂道を上っていきます。雨は降り続いていますが、妙に涼しく気持ち良く、踵も調子いいので、いつもよりやや速めのスピードで桜葬の激坂を上り切りました。

この辺りから昼間だというのに薄暗く、ときどきヒヤッとした冷気が流れてくる。でもまぁ、いつも通りに本山寺の鬼坂までのほぼ平坦な森林道をポックラポックラと走っていきます。



すると突然、右手の森の奥から、


ガサッ、ガサッ…

落ち葉を踏みしめるような音!



んん!?


・・・


ガサッ、ガサッ、ガサッ…



な、なにかいる(゚д゚)!



ま、まさか、熊じゃないよな…


大阪北部の山中にも熊が生息しているみたいで、この近くで数年前、ツキノワグマが目撃されている。


最近、東北地方で熊に襲われ数人が死亡したニュースが頭をよぎる…


今日は雨降りで人気が無いので、けものも活動しやすいのかもしれない。万が一、熊だったら、オレ、ひとりぼっちやし結構やば目じゃないでしょうかね~(~_~;)


うーむ、どうするっぺ?

キロ3ダッシュで逃げるか(無理w)、怖いもの見たさでけものの正体を確認するか…



・・・



って気づいたら、そ~っと森の中を覗きこんでましたねw


すると、、、



薄暗い木々の奥の方に四つんばいの黒っぽい獣の姿を発見(゚o゚;;






・・・






((((;゚Д゚)))))))







でーーーたーーー!!!






くうぅぅぅまあぁぁぁーーー!!!






ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘







ってかあれ?



よく見たらちっちゃくてかわいいやん!



どうやら、、、

正体は、、、



ウリ坊だった(;´∀`)ホッ



ちょっとオレ、ビビり過ぎw



いや〜、最近、乱視が酷くってね(^^;;

老いてきたしw



で〜も、油断してはいけない(`_´)ゞ



傍にウリ坊の母ちゃんがいるかもしれない…



そ~っと傍から離れようとすると、ウリ坊もざわついたオレに気づいたのか、背を向けて小走りで森の奥へと消えて行きました。


どうやら周りにウリ坊の母ちゃんはいなかった模様…



ハ~、やれやれ(^_^;)



このあたり、鹿やイノシシは結構おるんすよ。ある時には、トレイル区間で出合い頭に鹿とぶつかりそうになったこともありました。その時は鹿がオレ以上にビックリしたのか、ひっくり返って森の斜面へ転げ落ちながら逃げていきましたw



ってこれで終わりではなく、この後にもちょっとした出来事が…



まさかの続く(^人^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
飛騨高山ウルトラマラソン レポ3 〜 第2関門まで
こんにちは、えむです(*^^*)

大会で調子が良いかどうかのバロメーター
私の場合は、沿道の応援に
返事ができるかどうかです

応援の言葉って
全部届いていて
本当に力になります

余裕がないときは
ありがたいな、頑張ろう
と思っていても
口に出すことはできなくて
何とか合図をしたり
時にはそのまま過ぎたりも…あります
ゴメンなさい(>_<)

今回は調子が良かったようで
最初から最後まで
「ありがとうございます」
声を出すことができました(*^^*)

* * * * *

第1関門を過ぎると本格的な上りが始まります

飛騨高山高低図Epson
(第4関門追加した)

トイレに行っている間に
くまモンチャイナトリオに抜かされました

しばらくポクポク走っていると
「えむさーん♪」
軽やかな足取りのsugiさんでした

あれ?そういえばねむねむさんには
どの辺で抜かされたんだっけ?

しばらく進むと、くまモンチャイナトリオ
(じぇーてぃーさんprnceed2600さん
ロボッチさん)に追いつきました

一緒に行ったら面白いかなと思って
少しご一緒したんだけど
もう少し貯金をしておきたくて(^^;;
結局先行することにしました

美女高原の坂は割と走れていたみたい
(最遅ラップが7'26/k)

飛騨高山スキー場まで続く上りも
まだ最初は走れる(*^^*)

第5エイド上青屋公民館到着(25.2k) 7:54
ポカリ♪
飛騨高山201621


あっ、キャンプ場だ!
飛騨高山201622

第6エイドカクレハキャンプ場到着(29.5k) 8:28
飛騨高山201625

火畑そば、美味しい(*^^*)
ちょっと温かくてお腹に優しい
飛騨高山201626


ここから本格的な上りが始まります
頑張れば走れそうなんだけど
100kの先輩たちに習って
ガシガシ歩きました
ここのラップは11分台でした
飛騨高山201627

エイドの写真は全部撮ったつもりなんだけど
第7エイド駄吉林道峠(33.0k)の写真がない(^^;;
上りに疲れたのかな・・・
あっ!そうや
上りで抜かれて下りで追いつくを繰り返した
しょうじさんとお話したんだ
一人旅でキツくなってきた時に
しょうじさんに出会ってとても励まされました

ぐわぁTの女性を見かけたお話をしました
何回かこの女性と抜きつ抜かれつしたんだけど
タイミングが合わなくて
お話できなかったのが残念でした
ぐわぁTガンバレって声かけしていただきました
ありがとう(*^^*)

第8エイド飛騨高山スキー場到着(39.2k) 9:57
そして第2関門でもあります
関門時間は10:55なので、約1時間貯金ができました
飛騨高山201628

エイドは充実(*^^*)
目移りしちゃうくらい

おおっ!コーラだ(*^^*)
飛騨高山201629

オニギリ食べて
飛騨高山201630

アミノバイタル飲んだ
飛騨高山201631

お味噌汁や甘酒もあるよ!
飛騨高山201632

胃腸も大丈夫そう
さあ、下り
頑張ろう!

そうそう
カクレハキャンプ場から
飛騨高山スキー場まで
約10kだけど1時間半かかっています

途中のエイドは1箇所

こんな時にボトルを持っていると
自分のタイミングで
給水できるので便利で、安心です

早くて全部走る人は大丈夫だろうけど
私みたいに歩きを入れて進む人には
オススメです(*^^*)


続きます

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.