チャレ富士118キロ まだまだ振り返る
サトです


今週末の17日は、鯖街道ウルトラマラソンにえむと出走します

Bコース、いわゆる半鯖ですが、

チャレ富士のつらい記憶が全く失せたんで

今となっては本鯖を走りたかったw



*  *  *  *  *



チャレ富士118キロ

まだ引っ張るかーって声もあると思いますが、

今回の総括と、これまで出走したウルトラマラソンの比較を

オレ目線で書いてみます




100キロ超のウルトラは、今回で6回目

丹後ウルトラが3回

飛騨高山ウルトラが2回

そのうち、丹後で1回DNF

(一昨年、台風の風雨にやられ、碇高原で低体温症寸前になりました)



丹後、飛騨高山、チャレ富士の3大会を比べてみると・・・





1.タイム

ベストタイムは、昨年の丹後100Kで11時間48分

今回は、118Kコースの100K通過タイムがわからない

推定で11時間30分ぐらい

気候と高低差を考慮すると、タイムを狙うには、チャレ富士が一番かな




2.エイドの比較

丹後と飛騨高山を比べると、チャレ富士が圧倒的にしょぼいゴメンなさい

いずれもランナーズウエルネス主催なのに、なんで???

逆に、飛騨高山がすご過ぎるのか?

丹後も充実してますが、猛暑の時は水が足りないエイドが続出

でも、エイドを楽しみに走れるって幸せ

今回は、ブログ村エイドが超サイコーでした♫




3.気候

今回のチャレ富士だけで、順位づけするなら

飛騨 > チャレ富士 >>> 丹後

丹後は、残暑の年は軽く30℃オーバーとなり酷すぎる

対して、飛騨高山は、6月上旬の開催が絶妙だと思う

朝はやや寒いが耐えられる程度(10℃くらいかな)

昼はやや暑いが耐えられる程度(25℃くらいかな)

日が長いのでずーっと明るい

チャレ富士はみなさんの話を聞く限り

今回はかなり良いコンディションだったらしい




4.走りやすさ

標高差がきついのは飛騨かな?

平坦がほとんどないが、オレ的にはそれほど苦にならない

丹後は、碇高原の登り下りはそれなりにきついが

その後の海岸線で

標高差マップに現れないアップダウンが、果てしなく続く

これが一番つらいかな

チャレ富士は、湖畔はほとんど平坦なんで

一番楽だと思う

最後の上りはシンドイが・・・




5.行きやすさ

やっぱり丹後かな

飛騨高山も特急ひだのみで行けるので楽です

チャレ富士は、関西から公共交通機関を使って行くのには少し面倒でした

オレ、車の運転はできますが、我が家に車はないんで (>_<) 




6.景観

丹後も飛騨高山も自然満喫で良いんですが

やっぱ、富士山は神々しくて、圧倒的な存在感! 

その中をほぼフルタイムで眺めながら走れるって素敵過ぎ

なんで、チャレ富士が1番です

今年は天気が良くて超ラッキーだった



7. 100Kと118Kの違い

100Kまではあーやこーや言いながらも大丈夫だった。

が、、、ここからの18キロはこれまでの比べものにないくらい辛すぎた。

ゴール後も然り。

しんどさが全然違いました。




8.総括

それぞれ良いところがありますが、主観で順位づけするならば、

飛騨高山 ≧ 丹後 > チャレ富士 

となるかな?




9.メイタンゴールド、ベスパプロ、レッドブルのコラボは結局どうなん?

⇒リンさん達のペースについて行けたのはこれらのおかげと思う

が、しかし、元々胃腸が弱いオレがメイタンゴールド3本、

ベスパプロ2本、レッドブルを3本も飲んじゃダメでしょう (-_-;)

ゴール後の症状はこれらの反動によるところが大きいと思う

もう少し減らさんといけませんね




最後に、今回の大反省点


おもろい写真が全くな---い

いろんなところで

・互い違いのシューズの写真は? とか

・埃だらけの手袋の写真は? とか

・指先の写真は? とか

などなどの声がありましたが、

ブログ的におもろいはずの写真を全く撮ってない

そのような意識が全くなかった・・・

ブロガーとして失格ですね・・・orz



これからは、写真をまめに撮れるように頑張ります




これで、チャレ富士のレポはすべて終了です

最後の最後まで見ていただきありがとうございました

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.