丹後ウルトラに向けての練習と完走を助けてくれたもの(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

6月の地震で
マンションの外壁タイルが剥がれて
修理予定のまま3ヶ月が過ぎました

2週間ほど前に工事の案内があって
よく見ると外壁の他にも
屋上や塗装、そしてベランダの止水工事まで
てんこ盛り

え、室外機以外のモノを片付けなきゃダメ?
工事は… 10/1から!
日にちがない(^^;;

慌てて片付けして何とか間に合いました
(台風対策にもなりました)

これから2ヶ月外に洗濯物が干せないのが悩み
洗濯機の乾燥機能を上手に使うか
除湿機を買った方がいいのかな?

* * * * *

丹後ウルトラに向けての練習は4月から
月に1回のロング走と暑い中走る練習

元々、月間走行距離は少ないんですが
今年の猛暑は命の危険を感じるレベル
無理しないように気をつけました

4月 118k
4/22 65k(奥熊野いだてん)

5月 121k
5/20 43k(半鯖)

6月 156k
6/10 71k(飛騨高山ウルトラ)

7月 122k
7/8 16k 3時間35分(京都観光マラニック)
7/16 14k 4時間10分(京都一周トレランの一部)
7/28 31k 5時間(長居ぐるぐる)

8月 132k
8/12 25k 5時間(奈良練習会)
8/26 42.2k(北海道マラソン)

練習はこんな感じでした
あとは短い距離の坂道練習

これからは
涼しくなってきたので
もう少し距離を稼げるはず
頑張ってスピ練もする!
(ブログに書いたらできるらしい)

それと完走を助けてくれたものは

エイドの梅干し
・ほぼ毎回食べた
・塩分、クエン酸が同時に取れる
・単に好物なだけですが・・・

漢方薬
陀羅尼助とかおりんからもらった漢方で
胃のトラブル解決できました
お陰様で
ゴールして着替えてすぐに
たこ焼き&ハイボールで山ちゃんと乾杯できた

徹底的な疲労抜き
北海道マラソンが終わってからの3週間
最初の1週間は全く走らなかった
その次の1週間はジョグのみ(3日合計15k)
直前1週間は全く走らなかった
(走力は簡単には落ちないはず)
(そして走力の向上も直前には望めない)
(体調を整える方が大事)

温かい声援
くじけそうなココロを立て直せました
仲間から
ボランティアの方から
応援の方から
そして地元の方から
いっぱい力をもらったよ(*^^*)

次は100kのダメージと
走り終えて考えていることを書きたいと思います

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

丹後ウルトラ2018〔あとがき〕
サトです(・ω・)ノ


薄々気づいてはいたんですけど、
レポを書いてて、やっぱりなと
想った事を申し上げますね。

丹後ウルトラの敗因

前半から飛ばしすぎ!
更に言うたら心拍140の設定が高すぎ!w

…やはりここに尽きると思います_| ̄|○

3週前の道マラが上手いこといき過ぎて
ちょっと勘違いしちゃったんですね。

道マラでは心拍130台で
キロ510を気持ちよく走れて、
さらに途中からペースを上げても
そんなに心拍上がらなかったから、
これなら丹後ウルトラは
心拍140でも十分いけるやろと思ったのが
そもそもの間違いでした。

北海道と丹後とでは空気の質感が
まるっきり違うってのに…

その上、朝方は曇っていたから
心拍140を心の支えにして強気に
30キロまでキロ5の前半で入ってしまった。

夏の練習そんなに速いペースで
走ったことなかったのに…

身体に異変が始まったのは40キロから。
確かにフルマラソンの距離まで持ったなw

今回は100キロウルトラマラソン
まだ半分以上も残ってました( 一一)

これ、もし心拍130で走ってたら
もう少し頑張れたのではないかと
思うんですよね…

ここは130設定だったか・・・



そんなことを思いながらあれこれ反省してると、
先日、りょうたさんから
おもいっきり指摘されてしまいました。

「サトさんな、心拍見ながら走るのんて、
マラソンやから有効なんちゃうの?」



そーなん?( ゚д゚)

まっっったく考えたことなかったわw



オレの作戦が、作戦自体が
根本的に間違ってたってことですか?w

フルマラソンは足を止めないから
心拍を見ながら走るってのは
それなりに有効だと思うけど、
走ったり休んだりを繰り返しながら走る
ウルトラマラソンは...

確かに一理ありますな(白目)
(実際、レースは失敗したし)

う〜ん、、、マジかよ
オレ、よくわからんわ(´・ω・)

とまあ、勝負レースにしては
何かと詰めが甘かった。。。
(来年は抑えて走ろう ←覚えとけよオレ)



今回もそうだけど、オレって
上手いこといったレースってのが
本当に少ないんですよ。
(みんなもそうですか?)

まあワンシーズンにいっかい
満足できるレースができればいいところです。

それ以外は凡走というか
失敗レースばかりなんですね。

それでもたまに会心のレースができたり
思いがけず記録更新できたり、する。
その時はそらもうめちゃくちゃ嬉しいわけです。

丹後ウルトラは失敗レースだったけど、
この夏に取り組んできたスタミナ強化練
自分なりには真面目に取り組んできた。

この秋シーズン、
会心のレースが一度でもできるように
(できたら記録更新も)
気を入れなおして頑張ります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後ウルトラ2018【レポラスト】叶った2つの願い(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

走れない土日に備えて
金曜日の仕事後に少し長い距離を走ることにしました

丹後の暑さがウソのように
涼しくて走りやすい

でもスピードは上がらず
そうキロ6のオンナ
20180928ランサマリー

この信号を渡れば家に着く
きっと油断があったんだと思う
道の凸凹に足を取られてコケちゃった(^^;;

子供の怪我のように
手足に擦り傷
お風呂でしみて辛い・・・

まだ100kの疲れが残っているのかな?
いや、加齢で足が上がらないのかも・・・(>_<)

いずれにしても、気をつけなきゃね

* * * * *

90k通過 16:02

18時半までにゴールすればよし
ということは、あと2時間半ほどある

全部歩いてもゴールできる
ここで初めて時間内完走を確信しました

13時間カットするには90分
キロ9より早くなきゃダメ
普通の状態だったら余裕がある時間ね

でも、すでに90k進んできて足は痛い・・・
まだアップダウンがあることも知っている

五分五分かな・・・
弱気な自分が顔を出す
”時間内完走できるし、それでいいんちゃう?”

そんな時に地元のラン友Fさんに出会った

Fさんはウルトラのベテラン
いつもレインボーアフロで走っていて
フルもウルトラもめっちゃ早いイメージ

「Fさん、私13時間切れるかな?」

私の顔をチラッと見て一言
「いける!」

そうだ、私まだいけるんだから
諦めちゃダメよね

チカラをもらって前へ進む

峠?を越えて下り坂
ちょうど下ったところで応援隊がいた(*^^*)
丹後ウルトラ201831
下りの勢いのまま進みたかったので
立ち止まることなく通過
(愛想なくてゴメンね)

ゴールまで残り5k
びっくりするくらい足が重くて
ちょっと歩いたり走ったり

ふと時計に目をやると
このタイミングで電池切れ(^^;;
困ったけどしょうがない
体感で進むしかない

あと2-3kのところで
黒の激沈Tシャツの男性を抜かす
「激沈Tファイト!」
(ゴール後にKJさんだったことを知る)
(全く気づかなかった)
(万全な状態じゃない中、ナイスランでした)

残り1k あと16分(13時間カットに向けて)
よし、間に合う!
ホッとした時に目の前に現れる坂
あ、これ前日に見て知っている
やっぱりしんどいね(^^;;

ゴールの少し前
サトさんが待っていてくれて
私が頼んでいたものを準備してくれた

病気と闘っている仲間
丹後によく出場しています
今年は無理だけど
気持ちは一緒(*^^*)

tenkoさんに名前を入れてくださいと
お願いしたところ
スペシャルな横断幕にしてくださった
(写真の赤丸のところ)

丹後ウルトラ201821

前日にtennkoさんから
ゴール会場でぐわぁTを着ている人に
この横断幕を渡すから
寄せ書きしてプレゼントしてあげて
と、連絡をもらっていました

この時から
一緒にゴールしたかったんだ

私の願いを聞いて
ゴール会場にいた人たちが
tenkoさんを探してくれたんだって
特にカブトムシさんはお疲れのところ
浅茂川(横断幕が掲げられていたところ)まで
探しにいってくださった
本当にありがとうございます
お陰様で願いが叶ったよ

丹後ウルトラ201830

一緒にゴール(*^^*)
今度は一緒に同じ舞台を走りましょう

私の丹後ウルトラ終了しました
あと1回諸々のことを書きたいと思います

201809161818189f6.jpeg
(もう1つの願い、13時間切り達成できました)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

丹後ウルトラ〔レポ5〕安堵と、悔しさと、恥ずかしさと、
サトです(・ω・)ノ


* * *

DNFしたのはいいけど
収容バスが出発するまで1時間以上もある。
どうしよう・・・

ゆっくりなら歩けるし、
一旦はてな食堂まで戻ってみることにした。

エイドを出たところで
ちょうどやべっちがやってきた。

オレの姿を見て
キョトンとするやべっち…

「オレやめてん」と伝えると
「えぇぇぇ!!!サトさん諦めるの早すぎる!
 オレも止めたいわ(T_T)」←ほんまこんな顔してたw
と嘆いていたw

ランナーの邪魔にならないように
道の反対側をトボトボ歩いてると
まちゃさんがやってきた。

まちゃさん!と声をかけると
まちゃさんもキョトンとしてた(笑)

続いてなおさんがやってきた。
なんだろ、まだまだ余裕な顔つき
これはやってくれそうな気がした。
(余裕の11時間台でゴールしました。
 そのタイム、オレの丹後ベストですよ!)

そんなに離れずにヨメがやってきた。
ビックリするかなと思いきや
DNFしたってのをはてな食堂で聞いたらしい。

大丈夫?と声をかけたら
全然平気 と返ってきた!

あっ そう……( ゚Д゚)!!

やっぱりこの人、
マラソンよりもウルトラ向きやと思うわ。

ようやくはてな食堂に到着した。
するとえらい盛況だった!!
特にカオナシの人気っぷりが凄かった(笑)

折りたたみ椅子に座らせてもらい
ヘロヘロの身体を癒した。

休んでいる間に(確か)THさん、えーかわさん、
まるさきさん、まくりくままさん、みほさんが
やってきた。
みんな頑張ってるな、小声で声援した。

30分程休憩させてもらうと
かなり精気が戻ってきた。
もう大丈夫だ。

再び弥栄庁舎エイドに戻り
裏手の収容バス乗り場へ向かった。
するとドナドナのランナーが数人待機していた。
11時45分になっても収容車はやってこなかった。

待ってると今回の結果をぼんやり考えていた。
安堵と悔しさとがごちゃ混ぜになっていて、
まだよくわからないってのが正直なところだった。

結局、バスがやったきたのは12時10分頃だった。

その数、30人ほどいたかな
バスに乗り、アミティ丹後スタート地点へ戻った。
バスを降りたところで計測タグが回収された。

ゴールゲートの方へ歩いていくと、
DNFしたカステランさんが縁石に座っていた。
DNF仲間を見つけて自分だけじゃなかったと思うと
何だかほっとした。

随分と時間が余っているから
2人で浅茂川温泉「静の里」に向かった。
そこに向かうシャトルバスが出ている筈だけど
係員に聞いてみるとバスは14時過ぎでないと
動かないと聞いて歩いて向かった。

湯船からゴールへ向けて走っていくランナーが見えた。
どうもここは98キロの少し手前らしい。
みんなまだ頑張って走ってるのに
気持ちよく湯船につかってるオレたちって……
何だかとても申し訳ない気持ちになった。

時間的にサブ10を狙ってるランナーが
戻ってくるので、
急いで着替えてコースに沿ってゴールの方へ
歩きながら応援することにした。

そろそろなーくんとし~やんが
やってくるかもしれない…

ランナーズアップデートをチェックすると

あれ???

し〜やん50キロから80キロまでワープしてる!
(60キロと70キロを飛ばして80キロが表示されていた)

…し~やん碇高原ショートカットしたな(ー_ー)!!
(単なる表示不良だった)

なーくんも80キロまでしか表示されてなかった。
いやいや……
2人ともそんなに遅れてることはないやろ??

80キロ通過タイムをよく確認すると、
どう計算してもサブ10には届きそうもない。。。

う〜ん、、、
やはり今日は過酷な気象条件だったってことか……

やがてサブ10ギリギリのランナーが
続々とやってきた。
中には歩いてるランナーもいて
自分のくやしさを重ね合わせて
精一杯の声を張り上げて応援した。

サブ10ギリギリランナーが通り過ぎると
途端にランナーが来なくなった。

やはり気持ちの問題か……

そしてゴール地点に戻ってきた。
するとそこにはゆうたろうさんが
疲れた顔も見せずに応援していた。

ゆうたろうさんは余裕のサブ9でゴールしていて、
着がえてみんなが戻ってくるのを
一人で待っていたようだった。

そんなゆうたろうさんを見ていて、
DNFしたことが何だか恥ずかしかった。

3人で応援していると、
なーくんが戻ってきた。

続いてしーやんとやまけんさんとゴリさんが
3人揃って10時間台で戻ってきた。

3人手をつないでゴールする後ろ姿を眺めていて
オレもこの中にいる筈だったのに
何してんだよ、オレは……
今度は悔しい気持ちになった。

応援隊の真奈美さんと合流して、
4人で応援

なおさん、まちゃさんが戻ってきた。

そしてもうすぐするとヨメが戻ってくる。

LINEで連絡を取り合う。
一緒にやりたい事があったので、
数百メートル手前まで歩いていき
えむが来るのを一人で待った。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
丹後ウルトラ2018【レポ6】確信とお願い(*^^*)
こんにちは、えむです(*^^*)

私の妹
結婚してから15年以上専業主婦で
子供が大きくなってきたのと
地域の役員やPTAの役員など
ひと通り終わって就職活動を始めました

履歴書に書けるだけの資格をって
この時代に"ワープロ検定"まで
書いていたのには笑ったけど
10月から働くことが決まりました

ちょうど母のお誕生日でもあったので
二人にお祝い♪
イタリアンをご馳走しました(*^^*)
… ランチだけどね〜
お祝いランチ201809

* * * * *

碇高原の関門クリア
ここからは下り

鯖街道ウルトラの杉峠によく似ている
飛ばしすぎると脚をやられるから注意と
聞いていました

実際走ってみると
杉峠よりはマシ
ただ走ってきた距離が違う…
飛ばさないように気をつけて下ると
目の前に海が広がる
写真を撮りたいなって思ったけど
下り基調の時に足を止める余裕はなかった

70-80k 81分

ダブルフル(84.39k)通過
丹後ウルトラ201826

この辺りで応援隊の車列に抜かされました
車越しの応援嬉しかった(*^^*)

そしてすぐに丹後庁舎到着(15:14)
(第4関門 84.9k 関門時間16:25)

つみれ汁を頂いて一休み
丹後ウルトラ201828

最終関門に到着してようやく
完走できることを確信しました

スタート前から
ゴールできるなら
一緒にゴールしたいと思っていました

もし、私が無理なら別の人でもいいから
一緒にゴールしてほしい

完走できることを確信したので
丹後のライングループにお願いしました

「一緒にゴールしたい」
「tenkoさんから受け取ってほしい」

よし、あとは任せて私はゴールへ向かおう!

ふと、後輩のメールに気がつきました
”碇高原間に合いましたか?”

彼女は以前の会社の後輩で
今は福井県に住んでいて
実家が京丹後

3連休で帰省していると聞いたので
丹後ウルトラを走ること
ランナーズアップデートのことを知らせていました

後で聞くと70kが全然出なくて
間に合ったかどうか分からなかったらしい
80kが先に出てから70kのアップデートが出たんだって

丹後庁舎についたことを知らせて出発

ここからが結構きついのね
アップダウンがかなりある

峠を歩いていると見覚えのある姿
後輩が待っていてくれました
私がここまで来たことを心底喜んでくれて
ゆっくりは話せなかったけど
めっちゃ元気をもらいました

続きます


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.