さが桜マラソン2017【再検証】
サトです。


さが桜マラソンのレポを
書いてる時に気づいた

体感的に楽だった25キロ地点で
既に心拍数が180もあり、
明らかに高かった


他のレースはどうだった?と思い
今シーズン走ったフルマラソン
気温、ラップ、心拍数を並べてみた


【天気と気温】
       神戸  大分  佐賀
天気    晴れ  曇り  快晴
スタート時 17.9  11.3  9.3
1時間後  19.5  11.0  12.9
2時間後  21.0  12.0  16.9
3時間後  20.9  13.0  17.6
気温上昇 +3.0  +1.7  +8.3


【キロペース】
       神戸  別大  さが桜
10キロ   453  427  428
20キロ   453  429  432
30キロ   448  436  426
40キロ   452  508  431


【心拍数】
       神戸  別大  さが桜
10キロ   154  161  163      
20キロ   158  169  169
30キロ   165  185  184
40キロ   175  174  200


【成績】
神戸 3時間26分37秒
別大 3時間16分32秒
さが 3時間10分43秒


意外にも別大とさが桜のペースと心拍数
30キロまで全く同じだった
(別大は30キロ手前からペースダウン)

別大では30キロ以降、
脚が売り切れてペースダウン
心拍数も30キロをピークに下がっていった



対して、さが桜マラソン

25キロ以降、
心拍数は常に180以上
35キロ地点で190台
40キロでは200を突破

気温はスタート時から+8℃の上昇
常に太陽光が照り続く快晴…

そら、オーバーヒートします、よね



今回、心拍数が身を守る
バロメーターになることが
よくわかった

自分の場合は、
185をオーバーすると
明らかに危険信号

実際、練習では180ぐらいがマックス
185まで上がりません

今回は絶好調だったし、
勝負レースだったって事もあり、
無意識に無理して走ってたんだと
改めて感じた

これからは、体感とは関係なく
180以上は注意
185以上は危険信号だと
認識して走りたいと思います

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
さが桜マラソン2017【レポ8】~ゴールのあと~
サトです。



さが桜マラソン2017【レポ8】


気がつくと、オレはベッドに横たわり
周りには多くの人がたがっていた。


そして、

右手首は脈を測る人
左腕は血圧を測り
左脇には体温計
額、首筋、股関節には氷のう…



うっすらと聞こえる…


38てん…度

血圧、下が五十…

心拍…



・・・




我に返った


サ 「ここはどこですか?」

救 「救護室です」

サ 「オレはどうなってここに…?」

救 「ゴールしてから運ばれました」


!!!


サ 「ここにきてどれくらい経ちますか?」

救 「今さっきです」



・・・



状況を理解した
7,8人がオレを取り囲んでいた



サ 「今から番号を言いますので、
  ヨメに連絡をとってくれませんか?
  電話番号は...○○…

と、自分の携帯番号を言ってるのに気づく

あわてて、えむの携帯番号を伝える
(ボーッとしてたけど、思い出して良かった)

直ぐに、電話をかけ、連絡をとってくれた




ふっと息を吐く


…やって、しまった



掛け時計が見えた
12時15分を指していた



救 「痛いところや苦しいところはありますか?」

サ 「頭が熱くてボーッとします。
  他は足がだるいけど大丈夫です。」

救 「熱が38度半ばまで上がってます。熱中症、です。
  血圧は少し低めですが、大丈夫です。
  身体を冷やしてしばらく様子を見ましょう。」 


氷のうで頭を冷やされる


自分の状況は普通でないこと、とか
助けてもらった、とか
ヨメ、ビックリして焦ってるだろうな、とか
よくゴールしたな、とか
40キロ過ぎたから全然、覚えてないな、とか
どうしよう、とか…

色んなことが雑然と頭に浮かんでいた



そして、ふと、、、



オレ、何分でゴールしたんだろう…?



さっき見えた掛け時計は12時15分、だった

ってことは、、、

10分切った?
切ってない??



気づいた時は運ばれた直後だったことを勘案すると
おそらく、10分カット、できなかった…?

そんな事をぼんやりと考えていた



一人、また一人、、、
オレの周りから離れていく救護のスタッフ

どうやら、大丈夫と判断されたみたいだ

そして、数人が救護室へ運ばれてきて
対処しに行った模様


走ってる時はあまり感じなかったけど
やっぱり今日は暑かったんだ…



12時半過ぎに再び体温を測ると、
37度台まで下がっていた

血圧も上が110台、下が60台まで回復



しばらく横たわり、再び体温測定

36度台まで下がっていた



身体を起こし、座った状態で様子を見る

頭は少しボーッとしているけど
しばらく休めば動けそうな感じだ



応援隊のみんなは
オレが運ばれたこと
知っているだろう

心配してる、だろうな…



ガーミンのタイムが流れていることに気づき
ストップボタンを押す



しばらくすると、、、

スタッフに付き添われた
えむがやって来ました

ここに運ばれた状況を説明
安堵の表情



スタートから4時間近く経ち
しだいに運ばれるランナーが増えてきた。

ベッドの数が限られてるので、
スタッフの方一人一人に感謝のお礼をして
救護室から離れることにした。



救護室を出ると、
ちょうどゴールゲートのところだった

一旦えむと離れ
ゴールしたランナーと共に動線をゆっくりと進む

完走タオルと完走証を受け取る

タイムを確認した



3時間10分43秒 



よく完走したなという思い
目標の10分カットができなかった悔しさ

複雑な思いで完走証を見つめていた



そのまま動線を進み、再びえむと合流

ほしこさんと一緒だった

ほしこさんが駆け寄ってきた
とても心配してくれた



直後に写真を撮った


さが桜16

ボーッとしてます…


さが桜17


そして更衣室へ


既にオレの状況が知れ渡っていたよう

サトさん大丈夫?
と声をかけられました

貴重品を受け取り、
スマホを確認

着替えてから、
その場で速報記事を書きあげ
アップしました。



この後、アフターに参加しましたが、
当然、アルコールは×

その後もしばらく、禁酒を続けました。




あと一回、さが桜マラソン絡みの
記事をアップする予定です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
さが桜マラソン2017【レポ7】~記憶のないゴール…心救われたメッセージ、そして、感謝
サトです。



さが桜マラソン2017【レポ7】


さが桜コース


残り3キロを切ったあたりから
頭が、なんとなく
ぼんやりする感覚に襲われていた

全身のしびれも続いていた

でも、足攣りの兆候はなし
重だるい感じもしない

ペースはキロ430前後を推移
スピードはキープできていた

ほんとうに、身体がダメになったら
自然とペースは落ちるはず…

そういい聞かせながら
体感に身をまかせ、
ひたすら前を向き、
走り続けた



そして・・・



見えた!

電光掲示板



40キロのマットを踏む

電光掲示板を目視

2:59:31

目標だった2時間台

これで、なんとか、
10分カット
できそうだ…




00-42.2キロ 3:10:43 (4:31/km)
40-42.2キロ 11:12 (5:09/km)
4:42 - 4:52 - 1:38(200m + α)


上段、中段は公式タイム
下段1キロはガーミンラップ




残り2.195キロ
キロなんぼで走れば10分カットできるのか?
暗算を、こころみる

いつもなら簡単にできる計算…
頭がまったく回らない

ガーミンを確認した
キロ435あたり、だった

このペースをキープできたら
おそらく、大丈夫だろう…

そんなことを思った記憶があります



残り2キロの標識を確認したまでは
なんとなく覚えてます


この時の状況を思い巡らせると、、、


頭はかなりぼーっとしていた
呼吸は、とても苦しかった

やはり、記憶は定かではない
(思い出せない)

別大の方がまだキツかった

そんな感覚を持っていました

今、振り返ると、、、

自分の感覚は既に
麻痺していたのかもしれない…



左へ曲がる

すぐ先にエイドがあるはず…


が、、、


ここから、まったく、記憶がない





・・・






・・・





どのあたりだろうか?

一緒に並走した激沈上等のランナーさんから
ひと声、かけられた…

2週間経ち、
少し思い出しました




・・・




まったく、覚えてない、けど

ゴール前で、小力さんが
何度もオレに声援を送ってくれた

オレよりもずっと前に
ゴールした、はずなのに…





ゴール前の公開映像
ランネットの公開写真

オレ、ゴールした記憶がない

だから、自分のゴールする姿
なんども見ました

映像を見るかぎりでは、
陸上競技場に入ってから
フラフラだったけど
ジョグのようにゆっくりと走り
最後は歩いてゴールしたものだと思っていました


10分カット

これ絶対


走る前から
宣言してました


さらに、8分カットを目指し
30キロからペースアップ


その結果が、このありさま


そのうえ、熱中症になり、
救護室へ運ばれるしまつ…


こんなオレに対しても
応援してくれた仲間から
あたたかいメッセージを
たくさん頂きました。


速報記事をあげた時、
炎上しても、文句は言えないな

そう思っていました






さが桜マラソンが終わってから
ずっと引きずっていたもの

ゴールする自分の姿を見てから
一つの疑問を持ち続けていました


オレ、40キロまでペースを
維持できていたにも関わらず
最後の最後で大失速
そして、10分カットの可能性も小さくなった…
走ってる時にそのことを自分は気づいていた。

陸上競技場に入った時には
既に気持ちが切れ、
レースを捨てていた…

実は無意識に手を抜いてジョグのように流し、
ゴールする時には歩いていたのではないか?


もし、そうだとしたら、
応援してくれたみんなに対して
大変失礼なことをしたのではないか?

映像を見てから
ずっと心に引っかかっていました。


もしかしたら、
永遠にわからない、
かもしれない…





日曜日の記事にいただいた
小力さんのコメント

このメッセージに、
オレの心は救われました

小力さんからのコメントの一部を
紹介させて頂きます




『競技場内、ラスト100m地点での
 サトさんを応援していて・・・

・2,3度檄を飛ばしましたが、
 気づかれていないご様子でした。
 (結構大声だったんですけど
  反応がなかった)

・千鳥足ではなく、
 フラフラでもなかったですよ。
 (蛇行せず真っすぐ走られてました。)
 腰が落ちてやや前傾気味の
 フォームだったような気がしますが、
 ゴールに向かう強い意志を感じました。

 最後の力を振り絞って
 見事に完走されたんですよ。
 その精神力、見習いたいと思います。
 
 自分を卑下せず、
 胸を張って自信を持ってくださいね。
 ゴール直前を見届けた者として
 切にそう願います。 』




オレ、最後まで諦めずに走ってたんだ…

小力さんのメッセージを読んで、
心に引っかかっていたものがなくなり、
気持ちが楽になりました

そして、気がつくと、
涙がこぼれていました。。。



最後は救護室へ運ばれて
迷惑をかけてしまった、けど、

最後の最後まで
死力を尽くして戦ったんだ
その結果が、これだったんだ

誇りを持ち、堂々とすればいいんだ

やっと、本当に
心の底から思えるようになりました。




応援してくれた方へ

気持ちを切らさずに最後まで走り切れたのは
みんなの応援のおかげ

これがなかったら完走してなかった
かもしれない…

心配もかけたし
迷惑もかけてしまったけど

自分の中ではこの時にできること
全てやり切るができました。

応援、本当にありがとうございました。




どうしようかな…

悩んでたんだけど

小力さんのメッセージで
吹っ切れました。




ゴールする自分の姿

写真を公開します







さが桜12
さが桜14
さが桜09
さが桜08
さが桜11



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
さが桜マラソン2017【レポ6】~知らぬ間に蝕まれた身体~
サトです。


先日、このお方の記事を見て

ヨメ曰く


スイッチ買ったんかな? 

な??

な???


オレに、確認を求めてきた。


その言い回し…
オレが、確認せーて事?

んなもん、自分でしーや!


突き放したところ、、、



コメント 入れてました、わ(*ノωノ)


コメ返し、ゼルダへの
熱い思いが伝わりました! よw



* * * * *



さが桜マラソン2017【レポ6】


さが桜コース


00-40キロ 2:59:31 (4:29/km)
35-40キロ 22:40 (4:32/km)
4:24 - 4:32 - 4:23 - 4:33 - 4:31


上段、中段は公式タイム
下段1キロはガーミンラップ



35キロ過ぎ
応援隊とハイタッチ♪

よーし、気合入った、ゾ!



ガーミンのラップは
キロ420の前半

自然に、ペースが上がってく

さらに、上げようと試みる、も…



心拍は、180オーバー

少しきつい、のか?




ペース、これ以上、上がらない…

8分カットは難しい、のか?




いや、、、
まだ、身体は動いてる

ここは様子を見よう
まだ、メイタンが一つ、残ってる
勝負はその時、だ




最後の坂ボス

と言っても
5メートルの、上り

尼寺橋を一気にかけあがる




橋を渡り、左折
桜並木の河川敷へ




前日のヨッチ試走で、知っていた
ここから先、上りは、ない

風はやや向かい風
少しばかり、押し戻される感覚




ちょうど、その時
後方から、ひとりの女性ランナー
オレの前に出る

そして、
数人のランナーが、
彼女の後に、続いてく…

よし!
この集団に、ついていこう

ここが勝負どころ、だ

メイタンゴールドを摂る




ついて、いくんだ

最後尾の男性の背中だけ、ジッと見て
ついて、いくんだ

足は動いてる
攣りそうな気配は、ない
ペースは、落ちてない

大丈夫
まだ、いける!

8分カットは厳しいけど、
10分カットは間違いない




37キロ付近の給水所

水、アクエリアス
一杯ずつ、口に入れる

水をもう1つ取り
首筋と両腕を濡らす

首の裏を触ると
熱く、なっていた…




暑い?

いや、そんなに暑さは感じない…




ふたたび男性ランナーの後方につける

ガーミンに目をやると、
ラップは430前後、だった




しだいに、
心拍がキツくなるのが、わかった

目線が自然に下を向く…




前を向け!
しっかり、背中を見ろ!

自分に言い聞かせ、

大きく、深呼吸。。。




だいじょうぶだ!

まだ、身体は動いてる
ペース、落ちてない

失速の気配
今のところ、ない

このまま突き進む、しかない




前方に "激沈上等"

赤い背中が見える…



しだいに背中が大きくなり、
横に並ぶ



ひと声かける

「激沈ファイト!」

「頑張りましょう」



彼は、息を吹き返した

ここから、二人の "激沈上等"
抜きつ、抜かれつ、並走することに




ついていった背中が、
しだいに遠ざかってく…

ペース、落ちてる、のか?

ガーミンを確認すると…



キロ425前後、だった

全く、ペースは落ちてなかった

が、、、





!!!





心拍は200を超えていた



えっ!? 誤表示?

そう思った


だって、足は動いてたし、
ペースも落ちていなかった、から

ただ、、、

呼吸は荒くなって、いた




38キロを超えた

残り4キロ

ペースは430前後を推移

ペース、落ちてない
足はまだ動く

別大のときのような
失速の気配は、ない



まだいける!

だいじょうぶ、だいじょうぶだ、、、

呪文を唱えるように、つぶやき続ける…



と、その時



全身に、軽い、しびれ!?

特に、両腕のしびれが、気になる



どうゆうこと?

水分不足?
ミネラル不足?

頭を巡らす



毎回、給水は摂ったハズ、なのに…
水分は、十分のハズ、なのに…

これは、ちょっと
まずいかも、しれない



ちょうど、給水所が見えてきた



コーラが目に入る

1つ取り、一口飲む



ところが、うまく、飲み込めない

この時、身体の状態が
決して良くないことに、気づく



そうこうしてるうちに、
給水所が終わってしまった…




大きく深呼吸、する

ガーミンを見ると、、、



キロ430前後をキープ

まだ、ペース、落ちてない
脚は相変わらず、動いてる

心肺はキツく、
辛くなってきたけど

残り、3キロ弱

何とか、持ちこたえられるだろう

この時は、そう思った




そういえば、この頃から
しだいに、頭が、なんとなく
ぼんやりする感覚があった

全身のしびれは続いていたものの、
身体は動いていた、し
ペースも落ちていなかった

ほんとうに、ダメになったら
自然にペースは落ちるはず

そう思っていたのだ

だから、このまま、走り続けた



そして、見えた

電光掲示板



40キロのマットを踏む

さが桜07
※ランネットより無料ダウンロード

電光掲示板

目視した

2:59:31

目標の2時間台、で、通過だ

これで、なんとか、
10分カットは、できそうだ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
さが桜マラソン2017【レポ5】~体感を信じ、堕ちた罠~
サトです。


詳しくは書けないけど、
昨日、とある会社から招待された
イベントに参加したんだ。

招待状には、"◯◯パーティー" と書いてあって、
ふつうは、"◯◯式" と表現する
厳粛な儀式のはずなのに、、、

何で "パーティー" ? 
て、思ってたんですよ…

それなりの服装で来るように!
とも、言われてたんだ。

何をまた大げさな…と思いながら
行ってみたらね、、、






(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」 ヌオオオオオッッッ






てなぐらい、ど派手演出の

"パーティー" だった(*≧∀≦*)



いろんなイベントが用意されてて、

いやぁー、、、

バブリー!!!

すごかった、です(//∇//)



コンパニオンの綺麗なお姉様から
強く、つよーく、勧められて、、、

しょーがなく、、、

まっ昼間っから
冷酒一本、空けてしまった…
(これは、お仕事であって、
しょうがなく、ですよ~w)

あ、、、ちゃんと挨拶周りしたし、
見るとこ見て回ったし、、、

仕事したから、、、




うん、仕事したから(白目




いやぁ、すごかった
お招き頂きありがとうございました(o^^o)



・・・こーゆーの、月一でないかな?w



* * * * *



さが桜マラソン2017【レポ5】


さが桜コース



00-35キロ 2:36:51(4:29/km)
30-35キロ 22:04 (4:24/km)
4:24 - 4:23 - 4:21 - 4:22 - 4:26



30キロを超え
8分カットを目指し
勝負に出たオレ



直後の交差点を左折し南方向へ
ここは1キロほど行って来いの折返し区間

すると、東からの強い横風を受ける…

あ、こんなに風吹いてたのか!

でも、お構いなく
ペースを上げていく。

ガーミンのキロラップは、
4分20秒前半


前方のランナーを次々とパス

よし! 足は動く
いい感じだ



心拍数を確認

180オーバー(´⊙ω⊙`)



これは、ペース走では上限の数値

練習では、変な呼吸音出まくりの心拍数だが、、、

体感的には、しんどくもなく…

呼吸音も、してない、な…




体感と数値のズレ・・・

どちらが、正しい、のか?


これまでも、レースでは
心拍は高めに推移、してたな

まぁ、心拍は、
今のところは
気にしなくてもいいか

と、思った。。。



折り返し、復路を走ってると
じぇーてぃーさんとスライド

こちらから、声かけ

反応は、良くなかった…

じぇーてぃーさん
ちょっと辛そうだった
(…ツインターボの失速が始まってた、そうだ!w)



元の交差点に戻り左折

ふたたび西へ向け進む

再び追い風のハズだ



・・・



今度は少しばかりの追い風を感じた
(風が次第に強くなっていた)

よし、ペースをさらに上げていこう!



キロラップは瞬間的に4分10秒台をみる




33キロの給水所

アクエリアスと水を口に含む



気合を入れ直す、が…



4分10秒台、、、


なかなか続かず

すぐに20秒前半へ落ちる


そして、、、

34キロを過ぎる


心肺が少し苦しい…



・・・



しょうがない


ここは無理せず
ペース維持を心がける

キロ425前後に戻す



仕掛けるのはまだ早かった、かな?


425なら特に苦しくない、な



35キロからもう一段
ギアを上げる準備

ここは心肺を整えよう



足は動いてる
痛みもない

暑さもそれ程感じない



いける。

まだ狙える。

大丈夫だ。。。

(今思えば、キロ20秒カットできない時点で
8分カットは不可能。
諦めて10分カットに切り替えなければならなかった。
心拍数も非常に高い状態。
やはり、冷静さを失っていたのだ。)




仲間のことが頭をよぎる

みんな、応援してくれてるんだ

10分カットはもちろん
8分カットを狙いたい…


もう一段、スピードアップ、
できるはず、だ


メイタンゴールドが、
あと一回分ある。。。




そして、、、


35キロのマットを通過

電光掲示板

2:36:51



この5キロのタイム

21分台
いったかな?
(実際は、22:04 だった)



みんなに伝わったかな?



オレ、勝負してるよ

このまま、最後まで、
勝負にいくよ




その直後、、、


見えた!


バナナマン!だw


左端によって、、、

さが桜04
さが桜05
さが桜06



よーし!


残り7キロ


ここからが本当の勝負だ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.