別大レポ ラスト ~ゴール 心の奥にしまい込んでいた想い~
サトです。


40 - 42.5キロ 13:08 (5:15/km)
5:08 - 5:22 - 2:38 (5:16)

※ガーミンラップ

何とかここまでやって来た。
残り2.2キロ

もう少し、あともう少しで終わる…

でも、気持ちとは裏腹に、
足が全く動かない…

しまいには、足の感覚が
わからなくなっていた。


さすがに・・・もう・・・あかん・・・か…


と思った、その時、、、






「サトさん行くよ〜」




「行くよ〜!」




「サトさん行くよ〜!!!」






後方から、あやたさんが
ものすごい勢いですっ飛んできた!


サト 「引っ張って〜…(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」


横に並んだ時に、一瞬反応することができた。
が、それも、10メートルで・・・

見る見る背中が小さくなり、
そして、消えていきました…


そっか〜、あやたさん、復活したんだぁ…

よかったぁ~

あやたさん

ほんとに、よかったなぁ〜・・・

ぼんやりと、そんなことを考えていた。


41キロを過ぎ、大分川の橋の手前を右折する。
急な下りで脚をとられそうになるが、
何とかこけずに進むことができた。

もう二進も三進もいかない死に体
後続のランナーに次々とパスされていく…

身体のバランスが崩れ、
腕を振るのもままならない・・・

でも、あと少し、
あと、もう少しでゴールだ…


そして、遂に、やっと、
競技場が視野に入る。

右折して競技場のトラックに入ると…


ゴールが見えた!


トラックを、一周したら、終わる…

その時、無情にも、電光掲示板は
3時間15分ちょうどを指していた。


…ダメだったか


わかってはいたけれど、
現実を目の当たりにすると
さすがに辛かった。



サトさんラスト〜
がんばれ〜!!!


motoさんらゴールした
サブスリーランナーたちの声援が聞こえる。

チラッと見ることだけしか出来なくて、
何一つ答えることができなかった。

でもね、とても、とっても嬉しかった。
最後は、力を出し切ってゴールしてやろう…



第3コーナーを周り、残り100メートル

ゴール越しに、あやたさんとTH2さんが見える…

フラフラになりながら・・・

2人に向かって・・・

全力で・・・



ゴールマットを駆け抜けた。




二人の前で立ち止まる。

すると、、、

生まれたての子鹿のように両脚が激しく震え、
立つこともままならない。

とっさに両手を膝につき、脚の震えを抑え込む。

が、今度は歩くことができない。

動かない。

まずい! 

倒れる・・・










「サトさん、大丈夫?」




あやたさんがオレの身体を支え、
ぐっと引き寄せてくれた。


「ありがとう。うん、大丈夫」


身体を持ち上げてくれたおかげで、
脚の震えが治まる。

肩を借りると、何とか、少し、歩けるようになった。


と、そのとき…







えっ!? 






熱いものがこみ上げる。


もう、感情を、抑えることができなかった。


そして、心の奥にしまい込んでいた想いが
一気にあふれてきた。


思わず、タオルで顔を覆う。


とめどなく涙が溢れ、
もう、どうすることもできなかった。



昨年3月からケガで走れなくなり、
レントゲンを見せられたとき、
来シーズンは走れないかもと少しばかり覚悟した。

でも、走れるなら、別大で勝負できるように
ここを目標に治していこうと思い、
その想いを持ってここまでやってきた。

レースは最後、ボロボロになり、
勝負には負けてしまったけれど、
最後まであきらめることなく、
戦い抜くことができた。

やっぱり、ここまで頑張ってきて良かった。
ここで勝負できて良かった。

応援も楽しくて励みになるけど、

やっぱり、

勝負をかけて走るほうがずっといいよ。


これまで支えてくれた、

応援してくれた、

みんな、

ありがとう

心の底から素直にそう思えた瞬間でした。




少し落ち着いたところで、
ゴールに向かうランナーを見ながら
動線に沿って進んでいると、
K岡師匠と遭遇。
お互い、がっちりと握手。

たまさん、ゆるりんさんのゴールを見届ける。
最後に、りょうたさんが競技場に戻ってくるのを待つ。

あやたさんによると、
第二折り返しの時には見かけたから、
40キロの関門に引っかかっていなければ、
もうそろそろ戻ってくるはず。

たまさんとも合流し、
競技場の出口で待っていると、、、



りょうたさんが帰ってきました!


ヨッシャーo(≧ω≦)o


りょうたさん、最後までよく頑張った!
ナイスラン(^O^)/


ゴールを見届けた後、
3人はカテ3,4の体育館へ。

そこには先にゴールした関東の面々、
そしてkinさんがいました。

ってか、kinさん、いつ抜いたんってな話に。
オレもあやたさんもわからなかった。

・・・ステルスkinさんw

りょうたさんもやってきて、
みんなの健闘を称えあう。

そして、キラキラ応援隊も加わり、
記念撮影

別大05

みんな、いい顔してる(*^-^*)


大阪4人組はここでお別れ。

バスに向かう途中で、
ゆるりんさんと遭遇

別大06

ゆるりんさんもナイスラン(*^-^*)
お疲れ様でした。



空港に戻り、おみやげを買った後
男前のえむ(笑)のおごりでラーメンだ♪

別大07

www



3人とも記録は伴わなかったけど、
記憶に残る最高の大会でした。


来年も必ず戻ってくるよ(*^-^*)


おしまい

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
別大レポ その4 ~40キロ 弱い心と強い心の交錯~
サトです。


別大レポ その4


今更ですが、コースマップを掲載
別大コースマップ

30キロ手前までは理想的なレース展開
この手応えなら10分切り、いけんじゃね?
本気でそう思い始めた30キロ手前

弁天大橋を上ってる時に、
両足のハムストに張りがあるのに気づく。

橋を越え、30キロのマットを踏む。
ガーミンは2:15:29を表示

想定より僅かに溢れ気味だけど、
まだまだ許容範囲。

そして、ここからが本当の勝負どころだ。



30-35キロ 24:02 (4:48/km)
4:39- 4:42- 4:49 - 4:55 - 4:57


でも、これまでの軽やかな
足取りに暗雲が立ち込める…
いつの間にか両足を前に送り出すことが
キツくなっていた。

走る度に少しずつハムストの張りが
強く突っ張るような感じに。
自然に歩幅が狭くなり、
そして、脚の送りが次第に
ぎごちなくなってきた。

ラップを見ると、キロ438を計時
やはり…ペースが落ちてきている…
ここからが本当の勝負どころなのに、、、
いきなりここで終わってしまうのか…(>_<)

いや、落ち着け…落ち着いて・・・
まだ諦めてはいけない。

でも、、、ハムストが結構ヤバいなぁ。
このままではいずれ攣るかもしれない…

…その時、脚攣り用のお守り替わりに
Mag-onを持ってたことを思い出す。
よし、ここで摂ってみるか⁉︎

オレ、練習を含めてこれまで一度も
食べたことないけど…。
果たして、どんな味なんやろ?

一気にジュッと吸い込む…

おっ!うまいやん!

良かったぁ~)^o^(
これで少しは復活しないかなぁ…?

31キロ439


・・・


あんまり変わらない…
今度は両足が全体的に重っ苦しく感じ始め、
足の運びが鈍くなってきた…

こうなると、さすがに10分切りは
厳しくなったけど、
ここは踏ん張りどころだ…


と、その時、、、
前方に見覚えのある後ろ姿を発見!

TH2さんでした。

オレのペースは落ちてきてるけど、
それ以上にTH2さんのペースも落ちてるみたい。

じわじわと近づいてきた。
そして、数メートル後方まで接近。
これは、並べるかな?

が、ここでペースが同じになり、、、
しばらくすると、
反対にジリジリと離されていく…

32キロ442


何とかついて行こう!
が、身体がいうこときかない(>_<)

このままでは非常にまずい…
何とかせねば( *`ω´)

こうなったら35キロで摂る予定だった
メイタンゴールドを摂ろう!

袋を切って一口・・・


ウェッ! マズイ:(;゙゚'ω゚'):
喉に絡んでうまく飲み込めない(。-∀-)

ヤバい、口の中がメイタンだらけで
気持ち悪い:;(∩´﹏`∩);:

33キロ449


と、その時にちょうど給水エイド!
はぁ〜助かった〜(≧∀≦)

水を口に含み無理やり喉を通す…が…
何とか一口飲みこむのがやっと…

そして、今度は胃が気持ち悪くなる。゚(゚´ω`゚)゚。

気がつくと、、、
TH2さんは視界から消えていた。

キロラップは50秒台にまで後退…

はぁ、、、
残り9キロをこのペースで行けたら
ゴールタイムはどれくらいかな?

ざっくり頭の中で計算すると、、、
15分切るか切らないか…?

。・°°・(>_<)・°°・。

10分切りどころか昨年のPBも遠く届かない…

この時はかなり落胆したけど、
ここで諦めたら、
昨年の泉州マラソン、
篠山マラソンの二の舞になる…
(泉州マラソンは30キロ以降ほぼ歩き、
 篠山マラソンは後半キロ630の悪夢)

それだけは絶対に避けないといけない。
ここは何とか粘って耐るしかない…

程なくスライド区間に入る。
ちょうど、怪盗さんが左折するところだった。

「カイトウさ〜ん!!!」

思いのほか大きな声が出て自分でもビックリ!
怪盗さんもこちらに気づき小さく右手を上げる。

そうだ、苦しさを紛わかす為にみんなを探そう。

・・・

あっ! 激沈Tのmotoさんだ(゚o゚;;
思わず

サト「motoさ〜ん、だいじょうぶ〜?」

moto「だめだぁ〜っ!」

えっ⁉︎ いや、でも、すっごい頑張ってますやん!
走れないくらいの痛みのハズやのに、、、
オレよりもずっと先を走ってるやん!

そうだよ、オレももっと頑張らなあかん。
ここは耐えて耐えて粘り抜くしかない!

34キロ455


二つの橋を上って下って、、、
更にペースダウン…
いよいよキロ5を見る羽目にあうのか…

ようやく第二折り返し地点が見えてきた。

すると、「サトさ~ん!」

声の主はTH2さんでした。
そっかー、、、
既に200メートル程離されたかなぁ…

この時、TH2さんはオレが直ぐ後ろを
走ってたのを知らないから、
追いついてきたと思ったらしい。

第二折り返しを反転し、
35キロ地点を通過



35-40キロ 24:53 (4:59/km)
4:56 - 4:51- 4:57 - 5:01 - 5:08


いよいよ足がバタつき始め、足の運びが
どうにもこうにもならなくなってきた。

対抗車線を見つめてると、
あやたさんがやってきた。

手を挙げてエール交換。
結構、離れていると、この時は感じた。
この時は…

36キロ456


まだ何とかキロ5を見ることなく粘れてる。
このまま最後まで粘り通せないか?

給水でスポドリを頂く。
が、、、一口も飲みこめない(゚Д゚;)
既に胃腸がやられてる感じだ。

くっそ〜、きついなぁ~…(>_<)
残り5キロ強もあるのに…

脚攣りの兆候は…今のところない。
が、足が前に進まない…

このままでは激しく落ち込むのは
時間の問題だな…

と、その時、小さな段差に躓きこけそうに。
身体が前につんのめったけど、
何とかこけずに済んだ。

…そっか~、、、

身体を前に倒せば、
ももの筋肉を使って走れそうだ。

こけそうになるまで身体を前傾し、
ももの筋力を使うように走る。

おそらく、きっと、不格好だし、
とても速く走れる格好ではないけど
今はどんなスタイルでも構わない…
とにかくペースダウンしない方法
今はこれで走るしかない。

37キロ451


たまさんともエールを交わす。
さすがに今回は追い抜かれない…よね?

そして、りょうたさんはどこだ?

最終のパトカーが通り過ぎ、
直後から一般車両が通り始める。

…マジか? 
りょうたさん…関門アウト…か?…

38キロ457


残り4キロ強


・・・


苦しい…

もうあかん…

もはやここまでか…


弱い心の自分が顔を出す


オイ! お前、何しに来たんや!
ここで勝負するために来たんちゃうんか!!!


弱い心と強い心が激しく交錯…


…そうだよ
ここが踏ん張りどころ
本当の勝負どころだ


気合いを入れろ!

根性だせ!

足を動かせ!

粘れ!絶対に絶対に諦めるな!

これまでの苦労を思い出せ!

走れなかった辛い時を思い出せ!

時々、目を瞑ったりしながら
前を見たり、下を向いたり、上を向いたり…

給水ポイントはスルー

もうすぐ40キロ
キラキラ応援隊がいるところはもうすぐ
少しは元気を貰える筈…

ガーミンを見ると軽くキロ5をオーバーしていた。

後続のランナーに次々と追い抜かれていく。
しかし、、、
時にはランナーをパスすることもある…

何とか、、、オレは、、、粘れてる…
オレは、、、まだ、、、沈んでない…

更に身体を前傾させ
つんのめってこけそうになりながら、
目線を下に向け、
ももに体重を乗せるように走る。

そして、見えた!
キラキラ応援隊だ。

が、答える余裕なし…
別大04

右折し、40キロを通過

40キロ508
通過タイム 3:04:53

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
別大レポ その3~絶好調と思えた30キロ~
サトです。


2月に入り、先々週は別大マラソン、
先週はりょうた練習会からの愛媛マラソン応援と
2週続けて土日はびっしり遊んだ事もあり、
おっさんは今週に入り、
さすがにちょっぴりお疲れ気味…

にも関わらず、今週末もビタビタに
スケジュールを埋めてしまいました(//∇//)

土曜は休日出動からの京都マラソン前夜祭
日曜は泉州マラソン応援からの泉州アフター…

あっそうやん! これにランを加えないと…
別大終わって良い感じで回復してきたんだし、
次のさが桜マラソンに向けて
脚づくりを始めないといけない…よね?

って事は…う〜ん、う〜ん、、、
日曜早朝しか時間がな〜い(>_<)

お、おう・・・でもオレ、やったるでᕦ(ò_óˇ)ᕤ


* * * * *


別大レポ その3

05-10キロ 22:24 (4:29/km)
4:28 - 4:31 - 4:30 - 4:28 - 4:27


※ガーミンラップ


スタートから入れ込み気味に走ってたけど、
ようやく落ち着きマイペースに。

んで、今日の調子を冷静に確認する。

脚はとても軽やか♪
踵は特に痛みや違和感なし(゚∀゚)
心肺も全く苦しくない。

天候も曇りで風もなく、
ほんまに絶好のコンディション!

これで記録狙わずにどーするの?
ね、どーするの?ってなくらいの条件だす!

ふと額を触った時、思いのほか
汗をかいてるのに気づく。
序盤の入れ込みで発汗してた模様(^^;;

その時、ちょうど6キロの給水エイド
スポドリを2杯いただく。

この後も小まめに給水しました。

しばらくすると、
対向車線にパトカーや
放送車両が見えてきたので、
中央分離帯側に近づく。

そして折り返しできた先頭ランナーとすれ違い。
まだまだ結構な集団だった。
中本選手は見つけられず…

誰かとエールを交わしたいなぁ…
と対向車線をガン見しながら走ってると…

おっ! ノースリTeam50Tを着たランナーを発見!

のぶさん??

あれ? 短髪…⁉︎

向こうもぐわぁTに気づいて
お互い手を挙げてエール

のぶさん、じゃ、ないよな〜??

と思いながら走ってると、
ぬまっちさんを見つけて声かけ、
残念ながら他は見つけられず。

10キロ手前の橋を上り下り、
第一折り返しをUターン。
直後に10キロ通過



10-15キロ 22:21 (4:28/km)
4:29- 4:25 - 4:28 - 4:29 - 4:30


今度は往路のランナーを
チェックしながら走る…

たまさん、ワタナベさん、りょうたさんとは
エールを交わしたけど、他はわからず。
(記憶が薄く、抜けてたらゴメンなさい)

実はこの区間、あまり記憶がない。

おそらく、平均ラップを細かくチェックしながら
走ってたんだと思う。

平均ラップは428と429を
行ったり来たりしていたかな。

ま、気持ちよく走れたんでしょう…かね?



15-20キロ 22:33 (4:31/km)
4:31 - 4:28 - 4:33 - 4:32 - 4:29


15キロを超えて、本日一発目の補給

ハニーアクション
これは計画通り。

早目早目に補給する。
これが今日の作戦。

この区間は17キロ付近に
キラキラ応援隊がいるハズだ!

沿道の応援が多くなり、
見つけられるのか?
ってか、見つけてくれるかなぁ…?

と、その時、、、

「☆○△□☆!!!」

…ん⁉︎ オレ呼んだ?

ふと左を向くと、、、

周りの景色に溶け込むきんきんがおひとりさま・・・

…あれ!? なんでひとりなん??

と思いつつ、、、

「きんき~ん!!!」
思いっきり叫んだな!

だって、きんきん、
お仕事メチャクチャ忙しそうだし、、、

おもろいブログの更新も全然あらへんし、、、
(最近はちょいちょいアップしてるけどね)

でも、隙間時間を作り、この一瞬のために
当日弾丸で応援に来てくれたんだもの…

でも、なんでひとりなん?
実は仲悪いのか??w

とか思っていたら、、、

おぉ!いましたいました~(*^-^*)

ユキさん、ほしこさん、そしてえむ

別大03

今度は3人しかと気づいてくれました(*^^*)
(ってか、1キロ応援の時に気づいてなかったの、
えむだけなんやろ?)

満面の笑みでハイタッチ(笑)
元気もらって、さぁ、頑張ろうと思ったその時…


「サトさ~ん」

ずぶといおっさん声(゚o゚;;w

左を向くと・・・


あれっ!!


ねむねむさん!?


ちょ!ちょ! なんでここにいるの?

まさか〜、、、わざわざ宮崎から
どっかから応援に来てくれたん?

うわーーーありがとーーー\(^o^)/

ってな言葉が自然に出て
色々喋りかけたような…

もっと話しかけたかったけど、
オレ、先を急いでたので…(^◇^;)

ポジティブサプライズもあって、
ますます元気になったで~!(^^)!


この数キロ、行きは下り基調だったこともあり、
逆に帰りは上り基調…そらそうだw

ラップがこぼれ気味になるけど
ここは冷静に冷静に、
ペースを無理から上げる必要なしと判断。

スタートのうみたまごに戻り、20キロを通過

ここまで、少しばかりの発汗が見られるが、極めて順調♪



20-25キロ 22:19 (4:28/km)
4:28 - 4:33 - 4:27 - 4:28 - 4:23


20キロを超えたところで、
メイタンゴールドを摂取。
これも計画通り。

こーゆーのはしんどくなる前に摂るのが一番
(経験的にね)

1キロほどでダルさを感じ始めた
身体の重さがすっと抜けた感じになる。

やっぱ、今日は調子いいわ!

そして、微妙な上り&バンク区間に入る。

道が左右に蛇行するたび、
身体が微妙に斜めになる。
昨年は踵が痛くなり始めた時期で、
バンクの斜めが微妙に痛みを助長したので、
この区間は苦手なイメージが残ってたんだけど、
今年はそんなに気にならなかった^ ^

でも、ここは体力を温存させるため、
できるだけ最短距離を走るように心がける。

緩やかな上り基調が終わり、
今度は若干の下り基調に変わる。
自然にラップがあがり、キロ423をつける。

そして、このあたりから、
次々とランナーをパスし始める。

みんな、少しペースが落ち始めた模様。
一方、オレは疲れた感じもなく大丈夫だった。
(今思えば、メイタンが効いてたんだと思う。)



25-30キロ 22:30 (4:30/km)
4:29 - 4:28 - 4:29 - 4:28 - 4:36


ここでもう一発、ベスパプロの高いやつを摂取

はい、金に糸目はつけないよ〜(^^;;

身体はとても元気
脚もまだ大丈夫^ ^

平均ラップは428、429をキープ
よし、ここまでは極めていい感じで
走ることができた。


海岸線の区間が終わり大分市内へ入る。

沿道の応援が再び多くなり、
町中に入った感じになってきた。

中春日交差点を斜めに左折。
しばらく直進し、市役所前の昭和通り交差点を左折
少しまっすぐ走り、新川交差点を右折。

この間もラップは落ちることなく、
次々とランナーをパス、パス、パス!

そして、いよいよ第二折り返しまでの
長い直線区間に入る。

その時、近くの競技場から
数発の花火がバンバンバン!!!

先頭ランナー、ゴールしたんだ~…
もう終わったんだ〜…いいなぁ…w
そーいえば、昨年もこのタイミングで花火を見たな。
ってな事を思い出していた。

そして、遂に見えた!弁天大橋。

ここを超えると30キロ
そして勝負の区間へ。

このとき、ガーミンを確認すると、
平均ラップは428を指していた。

よし、ここまでは計画通り。
このまま行けば10分切りが十分狙えるペース。
まずは勝負できるステージに持ってこれた(*^o^*)

と思いながら、弁天大橋を上っていると、、、

両足のハムストに強い張りを感じる…(゚o゚;;

この間、ラップが少し乱れたけど、
これまで通り、下りで挽回すれば良い…

この時はそう思っていた。

が、、、30キロの1キロラップは436…

今思えば、ここが修羅の始まりだった…

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
別大レポ その2~スタートから5キロ 夫婦のキズナ~
サトです。


えむが寝てる時に脹脛を攣った。
(よく攣るんですよ…大事な時に…)


サスサス…

サスサス…


・・・


んん⁉︎

みんな鋭い!w


・・・


愛媛マラソン会場の特設ブースで〜…あはw

因みにGPSウォッチは交渉決裂_| ̄|○


* * * * *


この記事がアップする頃は、
愛媛に行く為、伊丹空港へ向かってます。

ってか、今日、飛行機飛ぶのかな?
(昨夜、我が家のところは結構な雪でした)

伊丹-松山便はプロペラ機が主力
風強い時はよく欠航したんだよね。
(昔は仕事でしょっちゅう乗ってた)

駄目なら新幹線&在来線になるなぁ…

あぁ~…シューズが遠のく・・・。゚(゚´ω`゚)゚。
(はっ! 言ってもたw)



そして明日、オレは愛媛マラソンを応援!

イツカ嬢、えむ母、オレ

これはこれでどないなるのか??
ちょっと想像つかないなぁ〜(๑・̑◡・̑๑)

今度はオレがみんなを応援する番!
ヘンテコ3人組を見つけたら
声をかけて下さいね〜!

カオナシ応援

※イツカさん、頂きました!

こんな感じだけど、
精いっぱい応援しま〜す(^^)/

詳しくは、こちら



そうそう、りょうた大阪城練習会
オレ、元々冷やかし参加のつもりだったけど(笑)、
ちょっと走ろうかなと思えるぐらいの
急回復ぶりです!(^^)!

…ってな訳で、りょうた練習会は走ることに決めた!(^^)!



* * * * *



別大レポ その2

00-05キロ 22:25 (4:29/km)
4:45 - 4:22 - 4:22 - 4:28 - 4:28


※ガーミンラップ


スタートロスは35秒
1分ぐらい覚悟してたので
ちょっと得した気分♪

例年、別大は周りのランナーと
走力が近いので、エスカレーターに
乗るような感覚で楽に走れます。

そんな事もあり知らず知らず
ペースが上がってしまうんだけど、
今回、みんな落ち着いて走ってる感じで、
バラけてきてるのに妙にペースが遅いんですよ。

そして、気付いたらあやたさんの直ぐ後方に。

あやたさん、今回はえらい慎重に入ってるなぁ…

隣に並び、一言何か言って(覚えてないw)、
先を進むことにした。

依然として周りのペースは遅めで、
みんなスロースターターだなぁと思いながら
走ってると、ガーミンがブルブル!


1キロ 445


えっと、スタートロス35秒を差し引くと…

キロ410でブッ込んでた模様w


ちょ、落ち着け、落ち着け、オレw


そ、そうだ!
おぐらさんからのコメントを思い出せ!

「心は熱く、頭は冷静に」 

↑おぐらさん、この言葉、すごく気に入ってます(^^)

…相当入れ込んでたんだな、オレ(^^;;



程なく、歩道橋が見えてきた。
ここはキラキラ応援隊の応援ポイント

確か、階段のところにいるハズ...


レインボーアフロ、ブルーアフロ…


はい、遠目からでもよ~目立ってましたわ(^^;)

すかさずオレは右腕を大きく上げ左右に振る。



振る





(^-^)/





・・・





無反応…


あれ?
気付いてないのかな?

じゃあ、大サービスで左腕も上げちゃおう。


両腕を左右に大きく振る。




振る






\(^o^)/オーイ









・・・















\\\٩(๑`^´๑)۶////ゴルァ!!









・・・







||||||||||||||(* ̄ロ ̄)シーン||||||||||||||||


…もう目の前なんですけど・・・w


どうやら、えむにとって
オレはアウトオブ眼中だった模様( ̄▽ ̄;)




あっ!

ほしこさんと目が合った…かな?


後から聞くと、
やっぱり嫁は全く気付かなかったらしい…


ま、そーゆーもんですわ(^^;)


でも、ランダムに撮ったショットで、

何と! 何と!!

奇跡の写真!!!

2017別大07

↑ な、メッチャ両手上げてるやろ~!


こ、これが夫婦のキズナちゅうもんですわ~!

ワッハッハw



…どやねんw



この直後、左側より
TH2さんから声をかけられた。
(写真のオレの直ぐ右隣の
赤いユニフォームがTH2さん)


ちょ!TH2さん、、、
プレラインアップ地点で話したとき、
調子は今一とか何とか言ってませんでしたっけ?

あっという間に追い越し、
彼方へ消えてゆきました…

オレよりブッ込んでた人みっけ(^◇^;)


程なく、ガーミンがブルブル

2キロ 422


・・・


え、え~ねん!w

前日の試走でわかったんだけど、
最初の数キロは緩やかな下り区間やってん。

だからえ~ねんwww

ここでタイムを稼ぐねんw


それにしても、、、
風は感じないし、
陽は出てないし、
今日は絶好のコンディションやわ!


3キロ 422

ようやく下りっぽくなくなり、
ガーミンの平均ペースが429を表示

よし、ここからは~


キロ428の男になる!


(今度こそw)


・・・


4キロ 428


5キロ 428


ほらな! やる気になれば出来るねん!(^^)!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
別大レポ その1~前日からスタートまで~
サトです。


月曜火曜の鬼ケアの甲斐あって、
水曜朝にはかなり筋肉痛はほぐれてきました^ ^

そして今回は踵の状態も急回復*\(^o^)/*
どうやら、山場は越えた感じ(^o^)

爪も全て生きてます。
これまた珍しい(╹◡╹)

な、な!
ターサージール5は
最高のシューズでしょ(*^▽^*)

ただ、食欲が戻りきってないので、
胃腸の疲れが抜けたら走りを再開し、
さが桜マラソンまでにロング走を2発入れて
課題のスタミナを強化したいと思います。


* * * * *


別大レポ その1


前日編を書こうとしたんだけど、

りょうたさんの前日レポがあまりにも秀逸なので、
まるごと乗っ掛ることにしました(^◇^;)

という訳で、、、


前日編


…あはw



んで当日の朝の話から

ゆるりんさんが比較的近くのホテルに
泊まってて、ラインのやり取りでは
イマイチ向かうとこわかってなかったので、
別府駅でゆるりんさんと待ち合わせ。

別府北浜へ移動。

別大01

昨年はここでやべっちと
ツーショット撮ったな。

シャトルバスで会場入り。

カテゴリー4のエリアに移動して、
選手待機用のバスに乗り込むため列に並ぶ。

待ってるあいだ暇なので、自撮りショット!

別大02

キャー\(//∇//)\


30分程並んだかな?
無事にバス席を確保。

そのあと、あやたさん、りょうたさん、
たまさんと合流し、しばしの間、
バスの中で待機しました。

10時半頃に前日の会場で貰った
杵つきあんこ餅を二個たいらげる。


11時半前に荷物を預け、トイレを済ませ、
プレラインアップ地点に移動。

そこでTH2さん、kinさんと健闘を誓い合う。

そして、自分のゼッケン番号のエリアへ。

プレラインアップ地点からスタート地点へ移動し、
号砲を待つ。

周りを見渡すと、右手後方にkinさんが見えた。
kinさんも気づいたようで、
お互い手を挙げてエールを交わす。

左手前方にはあやたさんの黄色い背中


あやたさんとオレ

同じ大阪在住。
年も近く、走力も近い。

マラソンでは一緒に走ったり、
追いついたり、
追い抜かれたり、
はたまた一緒にゴールしたりと
走る度に何かと絡みがある間柄。

左踵を故障してるのも同じ。
タイムが伸び悩み、
苦労してるのも同じ。

色々と共通項のある同志。

ブログの面白さは天と地ほどの
差があるけどね(^^;;

実は今回、別大走ろうよと
強く誘ったのはオレ。

このガチな雰囲気…
あやたさん、りょうたさん
絶対気に入ると思ったんだよね。

そういう経緯もあったので、
オレ、中途半端な気持ちで走れないよ。

今回、お互い、どういうレースになるのかな?
道中はどう絡むのかな?
あやたさん、どこまでタイムを伸ばすのかな?

後ろ姿を眺めながらぼんやりと考えていた。


スタート1分前…


聞いた時、急に緊張したのを思い出した。
オレ、これまでマラソンで
緊張したことは一度もない。

3時間以上の時間をかけ
己と戦うのがマラソンというスポーツ。
短距離走のように一瞬で決まる訳ではない。

いつもふわっと出て、
準備体操がてら己の調子を確認してから
マイペースに持ち込むタイプ。

特に集中する必要もないから
マラソンで緊張することはないと思っていた。

でも今回、心臓がバクバクするのを感じた。

なぜだろう?
今でもよくわからないな…


今回は正に勝負レース。
おのずと気が締まると共に、
この1年間、怪我や目眩に
苦しんだことを思い出した。

でも、やっと、この大舞台で思いっきり
走れるところまで戻せた事に感謝。

中途半端には走らない。
キロ428を刻み、10分切りを目指す。
もう一度、心に強く誓う。


そして、、、


スタート!


…つづく





今回のレポは長くて熱いよ〜(^◇^;)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Copyright © えむとサトの楽しんで走る. all rights reserved.